menu
menu

連載

カドブンノベル

三羽省吾「共犯者」 連載終了

弱小週刊誌『真相 BAZOOKA』のエース記者・宮治和貴は、岐阜の死体遺棄事件を追っていた。富山県警の管理官で幼馴染の鳥内には、布村留美という女性が取調べ後に子供を残して姿を消していると明かされ、特に裏のない事件だと取材の中止を促される。さらに無関係のはずの父親からも取材を咎められ、不思議に思った宮治が問い詰めると、事件の被害者は宮治の弟・夏樹の実の親であると明かされる。

PICK UP

  • 伊坂幸太郎〈殺し屋シリーズ〉特設サイト
  • 伊岡瞬 特設サイト
  • 新井すみこ『気になってる人が男じゃなかった』特設サイト
  • 「おでかけ子ザメ」シリーズ特設サイト
  • 煮ル果実『ポム・プリゾニエール』特設サイト
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP