KADOKAWA Group
menu
menu

怪と幽

怪と幽

Vol.016 2024年5月号

表紙:怪と幽 vol.016 2024年5月

怪と幽

Vol.016 2024年5月号

定価:2200円(本体2000円+税)

「怪と幽」とは?

お化け好きに贈るエンターテインメント・マガジン「怪と幽」

世界で唯一の妖怪マガジン「怪」日本初の怪談専門誌「幽」が劇的に融合した、
すべてのお化け好きに贈るエンターテインメント・マガジン!
特集では「妖怪」「怪談」のそれぞれのアプローチからテーマを深堀し、
「怪と幽」でしか読めない豪華執筆陣の連載を一度に楽しめるお化けの総合誌です。
刊行ペースは年三回(4月、8月、12月)で電子版も同時発売。

お化け好きに贈るエンターテインメント・マガジン!
「怪と幽」16号は、特集二本立て!

第一特集 陰陽師を知る
もともとは古代律令国家の官職のひとつでありながら、さまざまな物語のなかに登場し活躍し、我々の心をつかみ続けている陰陽師。天文と暦を読み解き、占いや祭祀やまじないを行うその者たちは、歴史上にあまた実在し、研鑽を積みながらそれぞれの時代に合った姿に進化し続けてきた。現在、古と同じ〈陰陽師〉は存在しない。だが創作のなかでは、ときに史実を採り入れながら、令和の今も新たな陰陽師像が生み出され続けている。呪術や式神を操る特殊能力者のようなイメージとともに想起されるようになった彼らは、そもそもどういった存在だったのだろうか。また、現代の我々にとって陰陽師とはどのような存在なのか。
フィクションのなかの陰陽師、歴史のなかに実在した陰陽師、両面から迫ります。

第二特集 京極夏彦「巷説百物語」了
デビュー30周年を迎えた京極夏彦の代表作「巷説百物語」シリーズ。完結編『了巷説百物語』が、いよいよ今夏刊行される。「怪」から「怪と幽」へと連載された本作は累計140万部に達し、『後巷説百物語』で直木三十五賞、『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞、『遠巷説百物語』で吉川英治文学賞を受賞し、史上初となる同一シリーズで文学賞三冠を獲得した。京極作品クロニクルの起点となる本作は、「書楼弔堂」「江戸怪談」そして昨年『【ぬえ】の碑』が刊行されて大きな話題を呼んだ「百鬼夜行」シリーズにも繋がってゆく! 完結編の刊行を目前に控えた今こそ、「巷説百物語」を振り返る。
※【ぬえ】は空へんに鳥の漢字

●表紙 石黒亜矢子
特集と連動し、「安倍晴明と京極夏彦」をモチーフに描き下ろし!

もくじ

●特集1 陰陽師を知る
【グラビア】 岡野玲子 *描き下ろし
【インタビュー】 佐藤嗣麻子(映画『陰陽師0』 脚本・監督)
【インタビュー】 加門七海(映画呪術監修/『呪術講座 入門編』刊行)
【寄稿】 細井浩志
【寄稿】 小池淳一
【寄稿】 梅田千尋
【寄稿】 荒俣宏
【対談】 石井ゆかり×下村育世
【復刻】 古浄瑠璃「しのたづまつりぎつね付あべノ清明出生」
【エッセイ】 私の作品の〈陰陽師〉 岡野玲子/上田早夕里/万城目学/松浦だるま/結城光流
【インタビュー】 夢枕獏

●特集2 デビュー30周年 京極夏彦「巷説百物語」了
【座談会】 京極夏彦VS.歴代「巷説百物語」担当編集
【ガイド】 「巷説百物語」年表〈決定版〉
【ガイド】 『了巷説百物語』登場人物紹介
【寄稿】 佐野史郎
【寄稿】 久留島元
【紀行】 村上健司「妖怪旅おやじ 番外編 『絵本百物語』の妖怪を訪ねる」
【寄稿】 多田克己「『絵本百物語』の妖怪」


●小説 小野不由美、有栖川有栖、岩井志麻子、澤村伊智
●漫画 諸星大二郎、高橋葉介、押切蓮介
●論考・エッセイ 小松和彦、東雅夫
●グラビア 池田明久実、芳賀日出男+芳賀日向、佐藤健寿、怪食巡礼
●怪談実話 宇佐美まこと、夏原エヰジ、夜馬裕
●情報コーナー 魚崎依知子×春海水亭、石黒亜矢子、滝川さり、ぬじま、川森博司、杉原正樹、田辺青蛙、長野栄俊 etc.…

「怪と幽」公式X(旧twitter)


カドブン内の関連記事をまとめました。


バックナンバー

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

告白撃

著者 住野よる

2

夜は猫といっしょ 6

著者 キュルZ

3

地雷グリコ

著者 青崎有吾

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

5

ノリ吉は大吉猫

にごたろ

6

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

2024年5月20日 - 2024年5月26日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP