KADOKAWA Group
menu
menu



好評発売中


最新刊はこちら




  • 「酒天はうつろ 酒地ははるか 酒国はやすらか」。絶品酩酊漢詩選

    中華飲酒詩選

    • 著者 青木正児
    • 発売日 2024年5月24日
    • 定価 1364円(本体1240円 + 税)

    陶淵明、李白、白楽天。無類の酒好きで知られる詩壇の巨匠が残した名詩の数々。同じく酒を愛した中国文学者である著者が「酒徒が酔余の朗詠に供する」ために、三人を中心に周代から唐代の酒にまつわる詩を厳選、原文・直訳・意訳ともに紹介する。琥珀色の酒を好むなら李白「客中作」を、緑色なら白楽天「薔薇正開、春酒初熟」を、紅色なら李賀「将進酒」を、白色なら徐寅「白酒両瓶送崔侍御」を吟ぜられよ――。
    解説・中村喬

    陶淵明、李白、白楽天。無類の酒好きで知られる詩壇の巨匠が残した名詩の数々。同じく酒を愛した中国文学者である著者が「酒徒が酔余の朗詠に供する」ために、三人を中心に周代から唐代の酒にまつわる詩を厳選、原文・直訳・意訳ともに紹介する。琥珀色の酒を好むなら李白「客中作」を、緑色なら白楽天「薔薇正開、春酒初熟」を、紅色なら李賀「将進酒」を、白色なら徐寅「白酒両瓶送崔侍御」を吟ぜられよ――。
    解説・中村喬

  • 知の巨人たちの人生を賭けた学問の追究、その集大成を読む。

    最終講義 学究の極み

    • 著者 小泉八雲
      著者 鈴木大拙
      著者 宇野弘蔵
      著者 大塚久雄
      著者 中村元
      著者 土居健郎
      著者 鶴見和子
      著者 河合隼雄
      著者 多田富雄
      著者 網野善彦
      著者 阿部謹也
    • 発売日 2024年5月24日
    • 定価 1386円(本体1260円 + 税)

    日本の知の礎を築いたのは、飽くなき探求心を持ちつづけた学者たちだった。土居健郎は言う、「まず「わかる」とはどういうことかということをわかる必要があるでしょう」。禅の本質を説く鈴木大拙、インド思想史に人類史的な普遍性を見た中村元、心理療法の目的を自身の物語の発見に見いだした河合隼雄、人間と自然の関係の変化が歴史学に課題をもたらしたと指摘する網野善彦……。日本を代表する「知の巨人」たち、その学問の総決算ともいえる最終講義を精選したアンソロジー。「学究の極み」篇では、日本の知の礎を築いた学者たちが生涯をかけて追究した研究テーマ、その集大成を披露した講義を収録。冒頭に各講義の要約を付し、難解な講義も概要をつかみやすくした。推薦・若松英輔

    日本の知の礎を築いたのは、飽くなき探求心を持ちつづけた学者たちだった。土居健郎は言う、「まず「わかる」とはどういうことかということをわかる必要があるでしょう」。禅の本質を説く鈴木大拙、インド思想史に人類史的な普遍性を見た中村元、心理療法の目的を自身の物語の発見に見いだした河合隼雄、人間と自然の関係の変化が歴史学に課題をもたらしたと指摘する網野善彦……。日本を代表する「知の巨人」たち、その学問の総決算ともいえる最終講義を精選したアンソロジー。「学究の極み」篇では、日本の知の礎を築いた学者たちが生涯をかけて追究した研究テーマ、その集大成を披露した講義を収録。冒頭に各講義の要約を付し、難解な講義も概要をつかみやすくした。推薦・若松英輔

  • 知の巨人たちの人生を賭けた学問の追究、その集大成を読む。

    最終講義 挑戦の果て

    • 著者 桑原武夫
      著者 貝塚茂樹
      著者 清水幾太郎
      著者 遠山啓
      著者 芦原義信
      著者 家永三郎
      著者 猪木正道
      著者 梅棹忠夫
      著者 江藤淳
      著者 木田元
      著者 加藤周一
      著者 中嶋嶺雄
      著者 日野原重明
    • 発売日 2024年5月24日
    • 定価 1386円(本体1260円 + 税)

    日本を代表する「知の巨人」たち、その学問の総決算ともいえる最終講義を精選したアンソロジー。「挑戦の果て」篇では、学問シーンを牽引してきた学者たちの研究人生を、感慨とともに振り返った講義を収録。冒頭に各講義の要約を付し、難解な講義も概要をつかみやすくした。推薦・松岡正剛

    日本を代表する「知の巨人」たち、その学問の総決算ともいえる最終講義を精選したアンソロジー。「挑戦の果て」篇では、学問シーンを牽引してきた学者たちの研究人生を、感慨とともに振り返った講義を収録。冒頭に各講義の要約を付し、難解な講義も概要をつかみやすくした。推薦・松岡正剛

  • 「難しくて読めなかった」哲学の名著50書目の要点がこれ一冊で丸わかり。

    哲学の名著50冊が1冊で学べる

    • 著者 岡本裕一朗
    • 発売日 2024年5月24日
    • 定価 1100円(本体1000円 + 税)

    ~知の巨人たちによる「本物の教養」を知る~ 
    デカルト『方法序説』、カント『純粋理性批判』など、世の偉大な哲学者たちが著した名著の数々。
    哲学者の名前と書名を見れば、おのずと知的好奇心が湧いてくるものだが、
    いずれも分厚く難解で、読み通すのはなかなか難しい。

    そこで本書は、哲学分野における名著50作品の要点を図版も使いながら整理し、
    そう簡単に読み解くことができない哲学書の内容を読者にわかりやすく伝える一冊。
    巻末に文庫版増補付き(新規2書目を解説)。

    ~知の巨人たちによる「本物の教養」を知る~ 
    デカルト『方法序説』、カント『純粋理性批判』など、世の偉大な哲学者たちが著した名著の数々。
    哲学者の名前と書名を見れば、おのずと知的好奇心が湧いてくるものだが、
    いずれも分厚く難解で、読み通すのはなかなか難しい。

    そこで本書は、哲学分野における名著50作品の要点を図版も使いながら整理し、
    そう簡単に読み解くことができない哲学書の内容を読者にわかりやすく伝える一冊。
    巻末に文庫版増補付き(新規2書目を解説)。





近日発売、予約受付中!


近刊ラインナップ





  • 道元「赴粥飯法」 ビギナーズ 日本の思想

    • 著者 :道元
    • 監修 :石井修道
    • 発売日 :
    • 定価 :1166円(税込)
  • 古墳

    • 著者 :松木武彦
    • 発売日 :
    • 定価 :1650円(税込)
  • 地球は生きている 地震と火山の科学

    • 著者 :巽好幸
    • 発売日 :
    • 定価 :1166円(税込)




好評既刊





\解説や試し読みを公開中/


おすすめ記事




大河ドラマで注目。三舟の才人、天下無双の歌人の生涯に迫る。――『藤原公任 天下無双の歌人』小町谷照彦 文庫巻末解説【解説:谷知子】









TOP