menu
menu

ニュース

【期間限定】東野圭吾作品“初”試し読み!「全部読んだか?東野圭吾」角川文庫全11作品を配信中!! あなたにぴったりの作品をチャートで診断!

新刊『超・殺人事件』早くも重版決定!

作家稼業の悲喜こもごもをブラックユーモアたっぷりに描いた小説『超・殺人事件』(https://www.kadokawa.co.jp/product/321909000274/)。東野圭吾の隠れた名作ともいえる本作は、1月23日に角川文庫より発売、瞬く間に重版が決定しました。

発売に合わせて全国の書店では、角川文庫の東野圭吾作品全11作品を集めた「全部読んだか?東野圭吾」フェアを実施中です。
多数の作品からどれを読むか迷ったら……

あなたにぴったりの作品をチャートで診断!



「カドブン」のサイトでも診断できます。
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/58bzvc6tcccg.html



チャートで選ばれた本はどんな内容?

東野圭吾の試し読みはここだけ!今なら全11作品を期間限定で配信中!

最新文庫『超・殺人事件』をはじめ、東野圭吾の角川文庫全11作品の冒頭を「カドブン」で2月29日(土)までの期間限定で配信中です。東野圭吾の試し読みができるのはいま、ここだけ!
貴重な機会をぜひ読み逃しなく!

●これが作家の本音!? 東野圭吾の意外な一面。嘘でも本当でも笑い飛ばしたい、シュールでコミカルな作品集。『超・殺人事件』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/2yta074j8fi8.html

●ミステリーの限界への挑戦。偶然でも、超能力でもない、「計算して起こされた奇跡」!『ラプラスの魔女
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/67y2eh6zs34s.html

●東野作品史上、もっとも泣ける感動作。温かな手紙の交換が、時空を超えて人を救う。あなたなら何を相談しますか?『ナミヤ雑貨店の奇蹟
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/dlgrgyi4300s.html

●不倫の代償は大きい、わかっていてもやめられない。――相手が殺人事件の容疑者だとしても?  これは、ただの不倫小説ではない。『夜明けの街で

https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/atm2d5pr3d44.html

●「医療ミスを公表しなければ、病院を破壊する」大学病院に突然届いた脅迫状。交錯する疑念と怒りに、手に汗握るサスペンス。『使命と魂のリミット
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/cuf043fxd3k8.html

●「おまえの命を奪った奴を、お父さんがこの手で葬ってやる」自分の子供が殺されたら、あなたは復讐しますか?『さまよう刃
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/4cv9trvfumsk.html

●東野圭吾の冬は、スノボー、締切、スノボー、スノボー、締切、締切。「おっさんスノーボーダー」大暴走!
自虐も止まらない爆笑エッセイ。『ちゃれんじ?

https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/6bd8hyoq7tgc.html

●どうしても殺したい男がいる。なのになぜ、殺せない? ページをめくる手がとまらない、殺意と友情の物語。『殺人の門
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/7ll08aaed8g0.html

●ベストセラー作家は元エンジニア。科学技術から男女関係まで、東野圭吾が切り込む貴重なエッセイ集。『さいえんす?
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/gk4da8rre0ow.html

●「事件の結末は、あなた方に決めていただくしかありません」セレブ御用達の名探偵。調査の腕はお墨付き、でも使い方には要注意。『探偵倶楽部
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/3iiqsfx41t6o.html

●俺は逮捕された。計画は完璧だと信じていたのに・・・・・・。名探偵は誰なのか? 予想を裏切り続ける型破りなミステリ!『鳥人計画
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/dyc6jmyhat4w.html

書評家・西上心太さんの怒涛のレビュー企画も!!

●シリアスな東野作品しか知らない人はきっと驚く「衝撃の笑劇」!『超・殺人事件』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/e468nwqhnc8o.html

●科学、犯罪、人間ドラマ。ミステリーの枠を拡大し続けてここまできた。『ラプラスの魔女』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/6obn4w438k0s.html

●東野作品の中でも最高の読後感を味わえる、涙なしには読めない傑作。『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/57169uvp61gc.html

●「不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。」冒頭の名文から、最後の一行まで油断がならない不倫小説。『夜明けの街で』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/66twin6rra4g.html

●あの日、手術室で何があったのか。『使命と魂のリミット』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/8u7qxvspx008.html

●敵討ちはいけないと言い切れるか。あまりにも哀切な復讐の物語。『さまよう刃』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/bcyovaj5c6os.html

●おっさんが大はしゃぎ!まるで子どもの東野圭吾がここに。『ちゃれんじ?』

https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/97bacoruhvk0.html

●あいつを殺したい。でも殺せない。『白夜行』と表裏をなす、歪んだ友情の物語。『殺人の門』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/emk66tigrj4k.html

●エッセイは小説以上に貴重!? 東野圭吾の肉声が聞こえてくる!『さいえんす?』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/55xcr2htkwco.html

●単純な倒叙ミステリーでは終わらない。見事な工夫に脱帽。『探偵倶楽部』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/ai2svuumvo08.html

●若手の頃から東野圭吾はすごかった。犯人が事件を推理する!?『鳥人計画』
https://kadobun.jp/serialstory/higashinokeigofair/4b77a74knx0k.html

ぜひ参考にしてみてください。

締切間近!貴重なサイン本が当たるキャンペーン実施中



応募締め切りは2月29日(土)23:59 まで
詳細:https://kadobun.jp/news/press-release/eh7ut0b92bk0.html


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年4月号

3月10日 配信

怪と幽

最新号
2020年1月号

12月19日 発売

小説 野性時代

第197号
2020年4月号

3月11日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP