KADOKAWA Group
menu
menu

試し読み

女に手を引かれ、志乃は芝居小屋への道を歩む。【 蝉谷めぐ実『おんなの女房』試し読み#17】

デビュー作『化け者心中』で文学賞三冠達成!
最注目の気鋭が描く、いびつな夫婦の恋物語。

デビュー作『化け者心中』で小説野性時代新人賞、日本歴史時代作家協会賞新人賞、中山義秀文学賞を受賞。いま最も注目を集める歴史時代作家小説家・蝉谷めぐ実の第2作おんなの女房は1月28日に発売されました。
歌舞伎を知らぬ女房と、女より美しい“女形”の夫。やがて惹かれ合う夫婦を描くエモーショナルな時代小説を、まずは試し読みからお楽しみください。



『おんなの女房』試し読み#17

 女にぐいと腕を引っ張られて、志乃は素直に立ち上がった。そのまま土間に降りるので、一寸ばかりその場で踏ん張ると、女がこちらを振り返ってぐっと腕を引き寄せる。そのごたえのなさに志乃は驚く。弱いのだ。まるで子犬と綱引きをしている心地で、こちとら竹刀打ちで鍛えた腕に腰がある。その気になれば容易に引き倒せてしまえるはずだ。なのに、体はちっとも動かない。荒々しく土を踏み鳴らすそのの行き先に身を任せてしまおうとするのは、なぜなのか。
 芝居小屋へ行ってみたいと思ってしまうのは、どうしてなのか。
 いつの間にやら、志乃は女に手を引かれて、町中を早足で歩いている。普段の煮売り屋や紅屋へ遣いに行っている時とはわけが違う。いつもは店の軒下にできた陰に体を入れてひそひそと歩いていた。だが、この女に腕を取られて歩く道はなんだかまるで飛んでいるようで。
 燕弥と住む家がある木挽町、これにさかいちようふきちようを加えて芝居町とよび、芝居にかかわるものは全てこの中で見つかるという。江戸の三座も全てが芝居町の中で櫓を組んでいて、まあ、人心を惑わす悪者は一緒くたにまとめて押し込んでおけっていうお上のお触れなわけですよ、と頭の中の善吉が言う。役者もこの町にしか家を建てちゃあいけないんです。
 声を振り払おうと志乃が慌てて右を見れば、そこには構えの立派な茶屋がある。ああ、あれは芝居茶屋ですよ。金子を持ってるおだいじんたちが芝居を見るときには、茶屋に手配させるんです。芝居終わりにゃ茶屋で一服、その日観た役者をよんだりもできやしてね、とこれまた善吉。
 角を曲がったところでは羽織半天の男が紙を配っていて、志乃は思わず手にとった。大判のこいつはばんづけ。右に芝居の名題とその語り。芝居の一幕が描かれた絵の下にはご覧の通り、やくにんかえとの役者の配役が並んでおります。燕弥さんのお名前もほらここに。
 芝居小屋に辿り着くと、そのごうしやさに呆気あつけにとられて仰ぎ見た。本櫓の芝居小屋は三階建て。ですが、お上には二階建て、一階、中二階、二階の造りと申し上げております。なぜって三階建てはお上のお触れに反しますので。へへ、いいんですよう、お上もその普請で目をつむってんですから。一階には下っ端役者の大部屋がありまして、三階はがしらたちやくのお偉方。燕弥さんがいるのは二階ですよ。窓に向かってお手を振ったら、燕弥さんから見えるかも。
 ここら辺でようやく頭の中の志乃が現れる。何をされるがままに聞いているんです。さっさと耳を塞いでしまいなさい。善吉は目を開いて驚いて、子供のかんしやくを聞いたかのようにくすりと笑う。
 何を言ってんですか、御新造さん。おいらの芝居話をぜえんぶ頭の抽斗ひきだしにしまっていたのはあなたではないですか。一言一句欠けないように、きちんとしきに包んでいたじゃあないですか。いわく女に芝居町まで連れられてきたのを好機と見て、おいらから聞いた芝居話を周りの景色にぱちりぱちりと当てはめているんでしょう。どうです。芝居茶屋も番付も小屋も、おいらの話通りのものだったでしょう。
 でも、そんなことしていいんですか、御新造さん。あなた、武家の女じゃなくって、役者の女房になるおつもりですか。
「いいや、そいつは許されねえんですよ」
 突然聞こえてきた男の声に、志乃はびくりと肩を震わせた。気づけば、志乃は女とともに芝居小屋の正面に立っている。目の前に見える小さな入り口は、たしかねずみと言うのではなかったか。その鼠木戸横に備え付けられた番台には男が座り、上から二人に向かって苦笑いを浮かべている。このお人が入場の際に木戸札を集めるという木戸番で、とまたぱちりぱちりとやっている己の頰をぴちりと叩いた。その間に木戸番は女に向かって長いため息を吐く。
「何度も言っていやすが姉御ォ、芝居小屋は女人が入っちゃいけねえところなんです。小屋の中柱に貼ってある女人不可入はいるべからずの札は、その目でお確かめになったじゃありやせんか」
「夫の仕事場を妻が訪ねて、何が悪いってえの」
「俺っちに言われましてもねぇ」
 木戸番は腕を組み、うむうむと適当にうなってから「でも、まあ、なんです」片目でちらりと女を見やる。
「今日はうんと気持ちのいいお日和ですから、眠気がすぐ忍び寄ってきやすねえ。もう少ししたら、俺っちも船なんかいじまったりしちまいそうだ」
「こんのけちくさ
 低く吐き出し、女は番台の上へ巾着袋を置く。木戸番はにんまり笑みを浮かべた。そいつを己のたもとに入れて、ざくざくんだかと思ったら、
「おや、昨日降った雨のせいかな。あんまり良い音じゃないようで」
 ちいっと雷のような舌打ちのすぐ後に、金子が番台に叩きつけられる音が晴天の下、響き渡る。「いい音ぉ」と芝居めいた掛け声を寄せてから、木戸番は言う。
だん方は三階の稽古場ですぜ」

(つづく)

作品紹介・あらすじ



おんなの女房
著者 蝉谷 めぐ実
定価: 1,815円(本体1,650円+税)
発売日:2022年01月28日

『化け者心中』で文学賞三冠。新鋭が綴る、エモーショナルな時代小説。
ときは文政、ところは江戸。武家の娘・志乃は、歌舞伎を知らないままに役者のもとへ嫁ぐ。夫となった喜多村燕弥は、江戸三座のひとつ、森田座で評判の女形。家でも女としてふるまう、女よりも美しい燕弥を前に、志乃は尻を落ち着ける場所がわからない。
私はなぜこの人に求められたのか――。
芝居にすべてを注ぐ燕弥の隣で、志乃はわが身の、そして燕弥との生き方に思いをめぐらす。
女房とは、女とは、己とはいったい何なのか。
いびつな夫婦の、唯一無二の恋物語が幕を開ける。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322102000165/
amazonページはこちら



紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

2

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

3

ニンゲンの飼い方

著者 ぴえ太

4

人間標本

著者 湊かなえ

5

怪と幽 vol.016 2024年5月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 岩井志麻子 著者 澤村伊智 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 押切蓮介 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 東雅夫

6

家族解散まで千キロメートル

著者 浅倉秋成

2024年5月6日 - 2024年5月12日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP