menu
menu

連載

米澤穂信「落日孤影」 vol.2

【集中掲載】狙撃者の探索を命じた村重だが――。 堅城・有岡城が舞台の本格ミステリ第四弾! 米澤穂信「落日孤影」#1-2

米澤穂信「落日孤影」

※本記事は連載小説です。

>>前話を読む

 あの日十右衛門は、御前衆に持鑓を持たせて瓦林越中を囲み、村重の合図で討ち果たせと命じられた。本曲輪へ渡る橋で諸将を分断する村重の策が図に当たり、三々五々登城してくる将の中から容易たやすく越中を取り囲んだ。越中は刀を抜き、それを振り上げて何事かを叫び……それからのことを、十右衛門はおぼえていない。落雷が瓦林越中の命を取り、越中を取り囲んだ御前衆を弾き飛ばしたと知ったのは、後のことである。
 あれから一ト月、たしかに暑気は緩み、雨は冷たいものへと変じた。
 村重が言う。
「おぬしら御前衆が倒れ、儂はいち早く越中に近づいた」
「は。御前衆一同、不覚に思うております」
「そのようなことを責めはせぬ。御前衆は雷に近く、儂は遠かったというだけのことよ。──儂は越中の息が絶えておるのを確かめた。この鉛玉に気づいたのは、その折のことじゃ」
 少しことばを切り、鉛玉を見据えて、村重は続ける。
「これは、越中のすぐ近くに撃ち込まれておったものじゃ。二寸ばかり地にめりこみ、掘り出そうとすると、まだ熱かった」
「されば……」
 と、信じがたい思いで十右衛門が言う。
「殿は、おおせにござりまするか」
「雷の前であったか後であったかは知らぬが」
 村重は言って、鉛玉を握りこむ。
「そう、何者かが越中を撃ったぞ」
 十右衛門は思わず勢い込んだ。
「しかし、なにゆえ」
 対して、村重はどこかしら力のない声で答える。
「わからぬ。越中に生きておられては困る者の仕業でもあろうか」
「越中様は織田に通じておりました。すると、ほかに織田に通じた者の仕業にござりましょうや」
 村重は首を横に振る。
「そうかもしれぬし、そうでないかもしれぬ。……間違いないのは、儂が越中に成敗を下すべきところ、何者かがそれを妨げたということよ」
 それで十右衛門はようやく、村重が何を危ぶんでいるのかを知った。
 およそ武士の家にあって、武士の行いを裁き、処断することが出来るのは頭領だけである。瓦林越中に不審の振る舞いがあったならば、その罪を明らかにして罰を下すことが出来るのは村重だけなのだ。村重が越中の罪を問うている時に横から越中を撃つというのは、村重の権を侵している……それは、明らかな造反に当たる。
 大広間はほの暗さを増していく。濡れた体のせいか、十右衛門はぞくりと寒気を覚える。
 村重は言う。
「この有岡城には面従腹背のともがらがおるぞ。そうしたやからは陰に潜んで刃を研ぐものよ。この鉛玉は、そやつがかつにも残した、ただ一つの足跡じゃ。十右衛門、儂は、勝正殿のてつは踏まぬぞ。この城を守れるのは、儂をおいてほかにおらぬ」
 村重は立ち上がった。いっそう深く頭を下げる十右衛門に、掌の中の鉛玉を渡す。
「あの日、何者が越中を撃ったか、突きとめよ。誰がそれを命じたか、そやつの狙いは何か。わかることはすべて調べよ」
 十右衛門は鉛玉をつぶぎんででもあるかのように頭上にささげる。
「は」
「出来るか」
「はっ」
 かれらしい、常の通りに迷いのないいらえであった。
 だが村重は、自らが命じたことでありながら、十右衛門がそれらを本当に調べ上げられるかは疑わしいと思っていた。越中が死んでから一ト月がっている。忘れられたことも、失われたものも多いだろうことを、村重自身よくわかっていたからである。

 数日が過ぎ、月が改まって八月となる。天正七年の八月は、宣教師が用いるユリウス暦ではほぼ九月に当たる。夏は終わりつつあった。
 昨年十一月、荒木家は織田を離れてもうに付くと決した頃、日々の評定には冷たい熱気とでもいうような独特の緊張がみなぎっていた。招集の太鼓が打ち鳴らされれば諸将は平服にせよ具足にせよ一分の隙もなく身支度を整え、先を争って天守に駆けつけて、村重のことばは片言隻句たりとも聞き逃すまいと前のめりになっていた。老いも若きも、日の出の勢いの織田家にえて挑戦するこうふんに、面を上気させていた。それから九ヶ月、ふと気づけば、何もかもがあまりに変わっていた。
 天守に集まる諸将は具足のよごれ、服のほつれを気にせず、ひげは伸び、顔もつちぼこりにまみれている。ほとんどの将はうつむいて評定の終わりを待つばかりで、中にはあからさまに眠気を催している将もいる。参じていない将も多い──病にて出仕かなわず、と言ってくる将が増えた。きたわらさくは降参を訴えて以来、身の危険を覚えるようになったのか人前に姿を現さないし、今日はたかやまダリも来ていない。そして交わされる軍議は、ここ十日ほど、まったく変わっていない。
「陸が塞がれても、海がござろう。ばやかわむらかみの水軍を用いれば、毛利があまがさきに後詰するのに一両日とはかかるまい。それが来ぬというのは、毛利は心変わりしたのだ。いや、事の始めから、われらを織田の矛先をらすたてにする算段だったのだ。あのような成り上がりを当てにしたことが、そもそもの失策よ。来もせぬ毛利など当てにせず、われらだけでも華々しく一戦遂げるべし。それが武士の面目であろう!」
 熱を込めて言うのは野村丹後、味方をかばって敵を殺せばこの世のすべてがくいくと信じているような男である。丹後が、村重を追い落とそうとする身中の虫ということはあるだろうか。丹後は家格が高く姻族も有力で、下克上を果たすだけの力はあるが、表向き村重に従いながら裏で謀叛をたくらむような腹芸が出来る男ではない。それとも、ずっとそう見せかけていただけなのか?
「丹後殿の申すとおり、毛利の背信は明らかにござる。されどわれらだけで一戦と申されても兵が足り申さず、鉄炮が足り申さず、加えて織田はとうに付け城を築き終えておる。多数が籠る城に少ない兵で挑めと申されても、それは武士の面目にはあらで、いささかというものにはござらぬか。ここは何としても策を練り、御味方を増やすことこそが先決」
 思案顔で池田和泉が言う。老年に差し掛かった和泉は、華々しい手柄を立てたことはないが、物事の算段がうまい。武具兵粮から竹木に至るまでの差配を任されているだけに、城中に和泉とかかわりのない将は一人もいない。村重が頭領では先行きがあやしいと和泉が言えば、同心する者も多いだろう。和泉が逆心したということはあるだろうか。とても、村重を追って自らが頭領になろうというばくを打つ男には見えないが……。
「さて、われらは毛利に味方したと言うが、そうではなかろう。毛利といいといい謀り事の多い家、当てになどする方が間違っておる。われらはほんがんに一味したのじゃ、将軍様に御味方したのじゃ。その本願寺は既に九年支えておる。われらも世の風向きが変わるまでどっしり構えておればよい。たけしんげんとくがわに勝ったが、病にたおれた……信長とて人、寿命というものがあるぞ」
 荒木久左衛門は、待てということしか言わない。待つという策は何もせずともよいので、これでなかなか諸将の受けがいい。久左衛門が村重に背こうとしているということは、あるだろうか。たしかに久左衛門はもっとも村重に近い将で、人望も厚い。疑わしいと言えば、これほど疑わしい者もいないだろう。ただ、村重に近すぎる、とも言える。久左衛門が村重を追い落とそうとするのは、自らの足元を掘るようなものではないか。
「おのおのがた、何を仰せか!」
 と声を荒らげたのは、なか西にししんぱちろうである。
「毛利と一味同心してこの有岡城にて信長めを討つというのは、殿の立てられた遠大な策。その策は、いまだ何も破れてはござらん。われら家臣は殿の策を信じ、その成就に努めることこそ本分ではござらぬか。それがしは殿を、せつつのかみ様を信じておる。殿を信じるゆえに、毛利は来ると信じており申す! 明日にも毛利勢がうんごとく押し寄せようというのに、いったい何を仰せにござるか!」
 評定の場は、しんと静まった。新参者の新八郎の放言をとがめる者もおらず、なんとなくきようめした気配が座に漂う。村重は新八郎の上気した顔を見ながら、この男がおのれの追い落としを画策しておるとは考えられぬ、と思っていた。仮に新八郎にそうした野心があったとしても、この男の味方をする者はいないだろう。……とはいえそれは、新八郎が野心を抱かぬ、という意味ではない。
 今日の評定も、昨日と同じであった。戦はこうちやくし、諸将も言うことがなくなってきている。だがその中でも村重は、毛利の不実を責める声が増えていることに気づいていた。
 毛利に付くことを決めたのは、村重である。毛利の不実を責めるのは村重の判断を責めるに等しい。諸将はそのことに気づいていないのだろうか。気づいていてなお、村重の代わりに毛利をなじっているのだろうか。
 ──村重には、どちらともわからなかった。

 評定を終え、村重は御前衆に守られて屋敷へと戻る。
 諸将の前に出る折、村重は籠手や脛当てなどは身に着ける。矢玉が飛ぶ場所でもないのにかぶとや胴まで皆具するのはおおだが、万が一に備えてある程度の具足を身に着けるのは、武士の心得である。以前は、評定に出るだけなのに籠手などを着けるのは少々芝居めいていたが、このごろ村重は、服の下にくさりかたびらを着込むようになった。織田の刺客に備えての事だと小者らは思っているらしいが、実のところ村重が疑っているのは、家臣の乱心である。それだけに、屋敷に落ち着けばあんは深い。小者に手伝わせて具足を外し、たらいで運ばせた水で身を清め、村重は屋敷内の持仏堂へ向かう。
 武士は死に近いなりわいである。神仏の加護を求めぬ武士はいない。小者を供にして廊下を進み、持仏堂のふすまを開けると、板張りの薄暗い室内でが念仏を唱えていた。千代保の後ろには侍女のが片膝を立てて控え、襖を開けたのが村重だと気づくとすぐに首を垂れたが、千代保の念仏は変わらない。村重は手ぶりで小者を下がらせ、襖を閉じて、座りもせずただ千代保の声を聴いていた。
 村重の沈黙にれたのか、阿古々が小さく声を出す。
「だしの方さま……」
 千代保はその一言で、ふつっと念仏を止めた。仏像に向かい合ったままで言う。
「なあに」
「殿が」
 首を巡らし、千代保は振り返った。長い籠城にもかかわらず、やつれの見えぬ若い横顔である。千代保ははっと目を見開き、仏像の正面を村重に譲る。
「これは殿。申し訳も」
「なに。大事ない」
 村重は仏ではなく、千代保の正面にした。
「熱心よな。なんぞ、願でもかけておったか」
 そう村重が言ったのは、軽口であった。だが千代保は思いがけず黙り込む。やがて千代保は蚊の鳴くような声で、
だいを」
 と言った。
「菩提を弔っておりました」
「何者の菩提を」
たびの戦で果てた者どもの」
「何十何百とおろう」
「はい」
 村重は仏像を見た。南都仏師の手になる、しやぶつの坐像である。
 千代保はおおざか本願寺の坊官の娘であり、自身も熱心な一向門徒だ。おかしなことだ、と村重は思った。
「門徒は菩提を弔わぬと思うておったが」
 一向宗は、人の祈りの効験を認めない。死者を救うのはただによらいあるのみで、生者の祈りでおのれや他人を救えるとは考えないのだ。
 千代保は目を伏せた。
「さようにござります。……ではござりますが、殿の御前ではばかりもござりまするが……」
 体を小さくして、千代保は言う。
「御城の苦難を見ながら、何もせずにはおられませず。父が見たら、さぞ叱りましょう」
 一向門徒である千代保が釈迦牟尼仏の像の前で死者の菩提を弔うというのは、たしかに宗門の理屈に合わぬことである。千代保はひどく不面目に感じているようだが、その折々で効験のある神仏に願をかけるのはむしろ世間並のことである。村重は言った。
「父御の仰せはわからぬ。儂は、我が有岡城の者どものために祈ってくれたことをうれしく思う」
 千代保はと胸を突かれたような顔になり、ゆっくりと床に手をつき、首を垂れた。
「もったいのうござります」
「念仏はしまいか」
「もとより、唱うべき数に定めなどありませぬゆえ」
「そうか。門徒の教えには疎くてな」
 手を戻し、千代保は顔を上げてほほんだ。
 そこで村重は、ふと思い当たった。千代保を室に迎えてから、織田を離れると決めてから、籠城が始まってから……いつでも訊けたことであるのに、一度も尋ねなかったことがある。いまが──いま、だと。籠城九ヶ月、将卒ともにみ、何者かがおのれに取って代わろうとしているいまが、か──よいしおではないか。村重は釈迦牟尼像をちらりと見て、訊く。
「千代保。おぬしは儂に、念仏を勧めぬのだな」
「はい」
「それは、なんぞ故あっての事か」
 問われ、千代保は戸惑いを見せた。千代保はおのれの存念というものをほとんど語らない。問われても、答えていいものか迷うようなそぶりであった。
「構わぬ」
 村重がそう促すと、千代保はなお迷う様子ながら、おずおずと口を開いた。
「むろん、父からは、折ごとに殿に念仏をお勧めするよう命じられてはおりました。されど池田に参じ、またこの伊丹に移って殿の御役目を拝見するにつけ、後生のためとお勧め申し上げても殿にはかえって御厄介と思い、今日までそのことは申し上げずにおりました」
「厄介とは、なんのことか」
「さればにござります」
 と、涼やかな声で千代保は言う。
「殿は荒木家の御大将におわします。仏のことは、力なき民草には救世の約、弓馬の武家には今生のまもり──御大将には、武略にござりましょう。武略の妨げになるは厄介かと存じまする」
 村重は、笑いたいような心持ちになった。たしかにそうである。頭領が宗門を選ぶのに、我が身の現世利益、極楽往生ばかりを考えるわけにはいかない。
 高山大慮の前の主君、がのかみこれまさは家臣に多くの南蛮宗徒を抱え、自身も南蛮宗に親しんでいると伝えられたが、かれは最期までおのれの宗門である禅宗を捨てることはなかった。惟政が南蛮宗に親しんでいるというのが家臣をまとめるための方便だったのか、心底から南蛮宗に心を寄せていたのか、それは誰にもわからない。ただ言えるのは、南蛮宗に改めるにせよ禅宗のままでいるにせよ、惟政は、和田家当主という立場を抜きにしてそれを決めることは出来なかったということである。
 村重も同じであった。かりに千代保が一向宗を強く勧めてきたならば、その教えに理解のあるふりぐらいはしただろう。だが、改宗はしなかった。この北摂にあって一向宗に参じれば、誰もが、荒木は本願寺の軍門に下ったと見なすからだ。
 それを千代保が見抜いているとは、村重もついぞ思わぬことであった。
「違いない」
 と村重は言った。
「武略じゃな。座禅も題目も武略じゃ。戦に参ずれば後生御免、進めば極楽退かば地獄と本願寺がうそぶくも、また武略であろう。この戦ばかりの世の中、森羅万象、武略にあらざるものは一つもないな」
 千代保はこうじたように眉を曇らせたまま微笑み、やがて、頭を下げた。
さかしらぶった差し出口をいたしました。どうぞお許しくださりませ」
「馬鹿な」
 村重も、つい釣り込まれてくちもとを緩める。
「この乱世、心愚かな者をそばに置きたいと思う武者がどこにおる」
「それはもう、どこにでも」
 その時、持仏堂の外から足音が近づいてきた。聞き覚えのある小者の声が、「申し上げます」と言う。
「何じゃ」
「郡十右衛門殿が参じ、急ぎお目通りを願っております」
「すぐに行こう」
 そう答えて小者を下がらせ、村重は立ち上がった。阿古々が平伏する横を通り過ぎながら、村重は千代保を振り返り、
「されば、武略に参ろうか」
 と言った。

#1-3へつづく
◎第 1 回全文は「カドブンノベル」2020年10月号でお楽しみいただけます!


「カドブンノベル」2020年10月号

「カドブンノベル」2020年10月号


MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年11月号

10月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第204号
2020年11月号

10月12日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP