KADOKAWA Group
menu
menu

レビュー

【レビュアー:岸田繁】「仕方ない」について考えること。そしてまばゆいほどの宝石でつくられた椅子に座る。『自閉症の僕の七転び八起き』

 東田直樹氏の著書。涙なしでは読むことのできないこの本は、未来の私たちが生きる世界において、様々な困難に振り回されてしまった私たちのことを、決して見捨てることはないでしょう。そして、聡明な氏の思想と思考は、多くの人々にとって未来への指標となることでしょう。
 人間は成長の生き物です。人間にとって成長とは、心のあり方です。心が透き通り美しい人も、そうでない人も沢山います。それは、それぞれ人間に与えられた成長のためのメッセージと、それぞれの物語なのです。そんなことを、氏は美しい物語にして巻末に収めてくれています。
 本当の「仕方ない」とは一体何なのか。もしあなたがこの本を読み耽ったならば、氏の豊かでひたむきな日々の記録を紐解き、誰にでも訪れる困難との向き合い方をゆっくりと理解できるはずでしょう。氏は、リアリティのある言葉や文章を、そのまま丁寧に伝えてくれるはずです。
 私たちはここ日本において、未来に関わるいくつかのことを試されています。心のあり方について、大きく考えさせられる一冊です。

ダ・ヴィンチ 2020年2月号」より
▼東田直樹『自閉症の僕の七転び八起き』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321906000216/

関連記事


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』
  • 湊かなえ『人間標本』
  • 新井すみこ『気になってる人が男じゃなかった』特設サイト
  • 「おでかけ子ザメ」シリーズ特設サイト
  • もっと知りたい! 紫式部
  • 「ブックウォーカー 読み放題」が14日間無料!

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年4月号

3月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年5月号

4月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

ニンゲンの飼い方

著者 ぴえ太

2

高良くんと天城くん 5

著者 はなげのまい

3

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

4

兄貴の友達 僕らのおうち

著者 はなげのまい

5

家族解散まで千キロメートル

著者 浅倉秋成

6

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

2024年4月15日 - 2024年4月21日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP