KADOKAWA Group
menu
menu

レビュー

『ひと』の著者、初の短編集。――『今日も町の隅で』小野寺史宜 文庫巻末解説【解説:沢田史郎】

11歳から42歳、それぞれの「選択」に向き合う男女を描いた、著者初の短編集。
『今日も町の隅で』小野寺史宜

角川文庫の巻末に収録されている「解説」を特別公開!
本選びにお役立てください。

今日も町の隅で』著者:小野寺史宜



『今日も町の隅で』文庫巻末解説

解説
さわ ろう(書店員)

 今日も町の隅で、どんな大事件があったのかと思って読んでみると、別に大した事は起こらない。どのエピソードも、日本のあちこちに転がっていそうなことばかりである。そこにあるのは、リアルな日常、ありふれた生活。
 そう、僕らの日々の暮らしと一緒。アッと驚くどんでん返しも無ければ、誰はばかることのない号泣とも無縁。現実の人生は、映画のようにドラマチックには進まない。
 にもかかわらず、『今日も町の隅で』には、読んだ人の顔を上げさせる何かがある。そう感じるのは、恐らく僕一人ではあるまい。コピペしたような毎日が、きっかけ一つで変わる、いや、変えられる。そんな気にさせられたのも、僕だけではないはずだ。
〝今日も町の隅で〟どころか、昨日も明日あした明後日あさつても、至る所で見聞きしそうな全十話の、一体どこにそんな力があるのだろう?
 それを考えながら、改めてページをめくってみて欲しい。すると物語の端々に、僕ら平凡な一般庶民へのエールが潜んでいることに気がつくだろう。幾つか例を挙げてみたい。
 第一話「梅雨明けヤジオ」で描かれるのは、クラスでハブられて登校出来なくなった小五女子の夏休み。のけ者扱いのそもそもの原因を作り出した男子に、唐突に野球観戦に誘われて「は?」と大いに戸惑うのだが、彼の不器用な誠実さに触れるうち、もう一度自分自身に期待する気持ちが、静かに頭をもたげてくる。

《夏休みはまだ始まったばかり。あと四十日以上ある。/それだけあれば、気も変わるかもしれない。九月一日には、学校に出ていけるかもしれない》

 その意気や良し。頑張れ! と思わずこぶしを握った読者は少なくないのではないか。
 初デートの行先は、スカイツリーではなく敢えて(?)東京タワー。第二話「逆にタワー」で主役を務めるのは、友達と組んだバンドで、ギターからベースに転向させられた中三男子。せっかく東京タワーに来たのに、とある事情で上れない。仕方なく公園までのウォーキングに切り替えるのだが、その道中で少年は、大切な人から大切な一言を贈られる。

《ギターで勝てないならベースで挑む。それは逃げじゃない。立派な勝負だよ》

 上れないなら歩けばいい。ギターで負けたらベースで競う。そう、人生は一度負けたぐらいでは終わらない。心機一転、けんちようらい。往生際が悪い者にこそ、敗者復活のチャンスは来る。
 第六話「リトル・トリマー・ガール」の語り手は、小説家志望の文学青年。応募した文学賞でことごとく落選し、半ば腐りかけている時に知り合ったのは、近所にトリミングサロンをオープンさせた女性。なかなか軌道に乗らない商売を、笑い飛ばすかのような朗らかさに、驚くやら感心するやら。その屈託の無い笑顔に心を洗われて、いつしか青年の足取りも軽くなる。

《さあ、始まる。次の話が動き出す。一週間は引っぱらない。今回のブルーはもう終わる》

 いいね。夢を追い駆けるなら、エピローグよりも次回予告。あきらめが悪い? いやいや、七転び八起きと言って欲しい。それは多分、立派な才能だ。
 ……といった具合に全十話を紹介するほどの紙幅は無いのだが、既に皆さんお気づきだろう。この短編集のどの主人公も、一度、人生の航路で座礁しているのだ。目的地には辿たどり着けそうもないと、海図を畳もうとしていたのだ。
 が、禍福はあざなえる縄の如し。憂いあれば喜びあり。楽は苦の種、苦は楽の種。一度は失いかけた未来へのときめきを、彼らは再び取り戻す。巡り合った縁を追い風にして、もう一度、高々と帆を上げる。
 試しに、あと一編だけ紹介してみよう。
 第四話の「チャリクラッシュ・アフタヌーン」は、とりわけこの短編集の、ひいてはでらふみのりという作家の、旨味が凝縮されているように思う。
 主人公は、運よくデビューは果たしたものの、その後は鳴かず飛ばずのミュージシャン。自分には音楽の才能は無い。歌で成功する可能性は低いだろう。頭では理解しているその現実を、感情では受け入れられずに、未練がましく時間を浪費する。見かねた知人が声優の仕事を紹介してくれるも、なかなか本気で向き合えない。
 なかじまあつしの『山月記』さながら、尊大なしゆうしんおくびような自尊心の狭間はざまで停滞を続けた挙句、恋人にさえも愛想を尽かされる。
 そんなる日。買い物からの帰り道で、小学生のチャリにね飛ばされてねんする。その男の子との何気ない言葉のやり取りが、主人公のつまらないプライドを溶かしてゆく。決して生ぬるくはない現実に、子どもながらに立ち向かっている姿を目の当たりにして、もしかしたら感じるところがあったのかも知れない。
 帰路、多少脚を引きずりながら胸の内でぽつりとつぶやく。

《でも、まあ。やってみっか》

 何を? 声優の仕事を。本気で? そう、本気で。試しに与えられたセリフを胸の中で唱えてみる。そして、自信を深める。

《最低だが最高のセリフだ。おれならうまく言うだろう。何なら、うたよりもうまくこなすだろう》

 この時、彼はようやく認めたに違いない。音楽では負けた、と。そして、気づいたのだろう。だからと言って、己の全てが否定された訳ではない、と。故に、自己れんびんに浸る理由も無い、と。道はきっと、幾つも未来に向かって伸びている。その中の新たな一つを選ぶために、彼はポケットからそっとスマホを引っ張り出す……。
 これがあるから、小野寺史宜はやめられない。
 生きていれば、いつか負けることはある。大切なものを失うことだって、きっとある。けれど、負けと終わりは違うだろう? 手放すことで、新たに得るものだってあるんじゃないか? そんなメッセージを、今までもずっと送り続けてくれたのが、小野寺史宜という作家だと思うのだ。
 例えば──。
 運に見放されたような二人のサッカー選手が、手にした縁を育み、その縁に育まれながら、未来を切り開いてゆく『リカバリー』。
 客とけんして、上司とも喧嘩して、住所不定無職になった青年が、友人知人の住まいを泊まり歩くうちに、再び人生のスタートラインに立つ『東京放浪』。
 弱小サッカー部の万年ホケツの高校生を描いたのは、その名も『ホケツ!』。自分の気持ちよりも、つい周りを優先してしまうぼくは、個性が乏しい人間なのか? なんて悩んだりもしたけれど、そうじゃない。周りの気持ちをんで周りをかすことこそが、ぼくの個性だ。そう確信して最後の大会のピッチに立つ、その姿のしいこと!
 初めての上京、初めての一人暮らし。そこで知り合う老若男女との触れ合いの中で、世間知らずの青年が大人へと脱皮してゆくのは『まち』。縁で結ばれた人々と助けたり助けられたりを重ねながら、心の古傷をいやしてゆく様子に、目頭を熱くした人はさぞ多かろう。
『とにもかくにもごはん』の舞台は、亡き夫の言葉に背中を押されて始めた子ども食堂。訪れる人々との出会いが、あるかなきかに連鎖して、夫との思い出を優しく彩るラストは、何度読んでも胸が温まる。
 と、こんな調子で紹介を続けるとキリが無いのだが、小野寺史宜が〝負け組〟に向けるまなざしは、分かって頂けるのではないか。
 一生懸命走っている時ほど、転んだ時の傷は深く、痛みは大きいのだ。だから、その傷も涙も、決して恥ではないのだ。一度敗れたからといって、人生が終わる訳じゃない。生涯に夢は一つだけ、なんて決まりもない。「でも、まあ。やってみっか」──そう呟いたら、そこをスタートラインにすれば良い。
 そして──。昨日出来なかったら、今日頑張れば良い。今日ダメだったら、明日再び挑めば良い。小野寺史宜は、きっとそう言いたいのではないか。だからこそ本書は、〝今日は〟ではなく、〝今日も〟町の隅で、なのだろう。そして恐らく、〝明日も明後日も〟町の隅で、に違いないのだ。
 だから──。小野寺史宜は、これからも声援を送り続けるだろう。今日も町の隅で、敗北にへこたれず、立ち上がろうとする誰かがいる限り。

作品紹介・あらすじ



今日も町の隅で
著者 小野寺 史宜
定価: 792円(本体720円+税)
発売日:2023年02月24日

『ひと』の著者、初の短編集。
同級生の長野くんに誘われて野球観戦に来た愛里。2人の前には大声でヤジを飛ばす男が座っていて……「梅雨明けヤジオ」。バンドでリードギターからベースになった悠太が初デートで訪れたのは“ツリー”ではなく“タワー”だった――「逆にタワー」。思いもよらない偶然を重ねて出会った駿作と那美は、その時が来るのを待つ「君を待つ」。ほか、全10編を収録。11歳から42歳、それぞれの「選択」に向き合う男女を描いた、著者初の短編集。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322210000677/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』
  • 湊かなえ『人間標本』
  • 新井すみこ『気になってる人が男じゃなかった』特設サイト
  • 「おでかけ子ザメ」シリーズ特設サイト
  • もっと知りたい! 紫式部
  • 「ブックウォーカー 読み放題」が14日間無料!

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

2

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

3

ニンゲンの飼い方

著者 ぴえ太

4

人間標本

著者 湊かなえ

5

怪と幽 vol.016 2024年5月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 岩井志麻子 著者 澤村伊智 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 押切蓮介 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 東雅夫

6

家族解散まで千キロメートル

著者 浅倉秋成

2024年5月6日 - 2024年5月12日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP