menu
menu

レビュー

赤川次郎作品はいつまでたっても古びない。――『過去から来た女』赤川次郎 文庫巻末解説【解説:新井素子】

生まれ故郷に帰ってきた女性。彼女は7年前に殺されていたはずだった…!?
『過去から来た女』赤川次郎

角川文庫の巻末に収録されている「解説」を特別公開! 
本選びにお役立てください。

過去から来た女』赤川次郎



『過去から来た女』赤川次郎 文庫巻末解説

解説
新井 素子(作家)

 七年前。その地方の名家のひとり娘である十代の文江は、家出をした。何故なら、この家でこのまま時間を過ごしてしまえば、間違いなく家の存続の為だけに、自分は、まだ会ったこともない男を婿養子に迎えなければならない、そんな未来が見えていたから。そんな空気が身にみていたから。
 だから、これは、文江にとっては〝家出〟ではない。これは、ひとえに、自分の人生を生きる為の行為だったのだ。
 そして、七年たって。東京で何とか生計をたてて、それのみならず、仕事上でも成功した文江は、村に帰ってくる。〝お嬢様〟ではない、ひとりの人間、文江として、自分は生きてくることができたのだ、そして、これからも生きてゆく、それを証明する為に。
 だから。
 このお話のオープニング、文江が駅にやってくるシーンは、とってもかっこいい。本当に文江はさつそうとしている。
 だが。このかっこよさは、あっという間に暗転する。
 というのは。文江が家を出た時。お嬢様の失踪のせいで、村では大捜索が行われ……文江が通ったと思われる川で、包丁やまみれの手拭いを洗っていた男がいたから。
 文江が行方不明になった後、この事実が判明し、この男は、文江を殺害したのではないかという疑いを抱かれてしまう。勿論、文江は生きているのだから、それは間違いだし、証拠は何ひとつない訳だから、男は釈放されたのだけれど。でも、人殺しの疑いだけは、残っている。そして……結果として、この男、自殺した……。
 七年たって。帰ってきて。この事実を知ってしまったら。
 あんなにかっこよかった文江は、もう、旧弊な村にがいせんした女ではなくなってしまう。ひと、ひとり、無実の罪で自殺させた女だ。
 ただ。文江にも、言い分がある。
 だって文江は、ちゃんと部屋を整理して、家出するという旨の書き置きを残して、それで家出したのだ。それがあったら、〝謎の失踪〟になんかなっていない筈だ。けれど、どうやらそれは、握りつぶされているらしい。
 なら、書き置きを握りつぶしたのは誰? そもそも、自殺した男は、何だって包丁や血塗れの手拭いを洗っていたの?
 文江は、思う。
 この事実を……絶対にはっきりさせたい。その為に彼女は仕事を休み、この問題に対処しようとする。
 と、まあ、こんなところから、この『過去から来た女』は、始まる。

 そして、この後は。
 まあ、展開が、早い早い。
 読んでいて驚くのは、これだろう。
 文江の事情が読者に判ったらただちに起こる、次の事件。文江を脅す〝何者か〟が現れたり、自殺した男の父親が殺されたり。
 ぱたぱた、ぱたぱた、あまりにも展開が早くて、読者は、事件の進行を追ってゆくしかない。
 実は、この展開で、文江に感情移入をしている読者は、ある意味、救われるのだ。
 だって、文江が陥った事態って……常識的に考えると、すっごく、辛くない?
 家出した後で、七年もたって……自分としては〝凱旋〟した気分満載なのに、そこで、〝あなたのせいで死んでしまったひとがいる〟って言われるのは……これは多分、とても辛い。
 うん。
 どう考えても文江には悪いところはない。けれど、自殺したひとの遺族にしてみたら……これは、文江のせいなのだ。
 いや。
 文江にも判っている。そして、読者にだって判っている。この、自殺事件。ほんとに悪いのは……〝村のひと〟……〝村の気分〟、なんだ。
 いや、〝村のひと〟が悪い訳じゃないな、誰も何もしていない。
 誰も、この男が犯人だって責めてはいない。誰も、それを断罪してはいない。けど……気分、というものが、断罪をしている。そして、そのことを、誰もが判っているんだけれど……誰もが、それについて言及しない。うん、だって、〝気分〟は、言及も、反省も、断罪も、できないものなのだ。
 この、苦さが。
 あまりの展開の早さ故に、ずいぶんうすまってくれている。

『過去から来た女』。
 このタイトルは、素晴らしいと思う。
 文江は、ほんとに、〝過去から来た女〟なんだ。

 もう、みんなが忘れてしまった、終わってしまったと思っていた、なくなった筈の、そんな過去から。
 女が来る。
 その結果、いろんな事実が新たに明らかになり(一番肝心なのは、文江が殺されていないっていう事実ね)……村のひとは、それまで忘れていた、ないしは忘れていようとしていた、過去の気分をつきつけられる。そのまま、時間が積み重なってゆけば、誰もがみんな、時間によって忘れることができた筈のことを、過去から女が来てしまったせいで、いきなり、現在に過去が混じってしまう。
 これが、村のひとにとって、どんなに大変なことであるのか。どんなに……あって欲しくないことであるのか。

 また。このお話は、1983年に出たのだ。これがまた……凄い、よ、ね。
 だって、1983年! 四十年前、だよ。
 素直にこのお話を読んで、これを四十年前のお話だって思える読者は、一体どのくらいいるんだろうか。そのくらい……読んでいて、違和感がない。(まあ、誰も携帯電話に類するものを持っていないなっていう処くらい。)
 うん。人間って……多分、本質的な処では、四十年くらいでは、変化しないんじゃないかと思われる。社会環境や技術環境なんかは、四十年どころじゃないや、ほんの数年たつだけで、もの凄く変わってしまうんだけれど……本質的な処では、多分、ずっと、変わっていない。

 赤川次郎作品がほんとに凄いと思うのは。
 この、〝変わらなさ〟にあるんじゃないかと思う。
 赤川次郎は。
 とても本質的なことを書いているから。いや、むしろ、本質しか書いていないから。本質以外のことを削ぎ落とすような書き方をしているから。
 だから、いつまでたっても古びない。これは、本当に凄いことなんだろう。

作品紹介・あらすじ



過去から来た女
著者 赤川 次郎
定価: 814円(本体740円+税)
発売日:2022年12月22日

生まれ故郷に帰ってきた女性。彼女は7年前に殺されていたはずだった…!?
19歳で人知れず故郷の村を出た名家の一人娘・常石文江。東京でデザイナーとして成功を収めた彼女が7年ぶりに帰郷すると、穏やかだった村の様子はすっかり変わっていた。なんと文江は殺されたことにされ、犯人と疑われた幼馴染の青年が自殺、その一家が離散していたのだ。文江は真相解明に乗り出すが、彼女が動き始めた矢先、村では原因不明の火災、駅長の死、幽霊騒動など、次々に不審な事件が発生。文江自身にも危険が迫る。平和だった村は、私がいない間に一体どうしちゃったの……!? 傑作ユーモアミステリー。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322203001797/
amazonページはこちら


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 山田風太郎生誕100周年記念特設サイト
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.012

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

メンタル強め美女白川さん4

著者 獅子

2

新海誠監督作品 すずめの戸締まり 公式ビジュアルガイド

監督 新海誠 監修 コミックス・ウェーブ・フィルム 監修 東宝 監修 STORY 編集 角川書店

3

高良くんと天城くん 3

著者 はなげのまい

4

小説 嘘つき魔女と灰色の虹

著者 そらる

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

6

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

2023年1月22日 - 2023年1月29日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP