menu
menu

レビュー

少年少女雑誌の氾濫とともに隆盛を誇った"ジュニア物"――『まぼろしの怪人』横溝正史 文庫巻末解説【解説:山村正夫】

横溝正史生誕120年記念復刊! 横溝正史の異色傑作!
『まぼろしの怪人』横溝正史

角川文庫の巻末に収録されている「解説」を特別公開! 
本選びにお役立てください。
※この解説は昭和54年の文庫刊行時に執筆されたものです。

『まぼろしの怪人』横溝正史



『まぼろしの怪人』横溝正史 文庫巻末解説

解説
山村正夫

 最近の推理作家の中には、ジュニア物に意欲を燃やす書き手がすこぶる少なくなった。
 一つには、需要がなくなったせいがあるかもしれない。かつてのように少年少女雑誌がはんらんした時代は終り、その種のものは学習誌を除いては、わずか数誌を残すのみになってしまったからである。それというのも、テレビの普及が年少の読者の娯楽を視覚的なものに変え、週刊誌の漫画や劇画に、人気が集中する結果を生んだためにほかならないだろう。
 私の子供の時分は、エンタテインメントといえば活字の世界しかなかった。したがって『少年クラブ』や『たんかい』に載った連載小説をむさぼるように読んだものだった。ミステリーの開眼も、その頃の読書に影響されたといっていい。これは私だけに限らず、たとえば江戸川乱歩の「怪人二十面相」や「少年探偵団」、海野十三の「火星兵団」などによってたんてい小説やSFの魅力に取りかれ、成長して本格的なマニアになった者が、ほかにも大勢いたのではないだろうか。
 作家の側も読者の要望に応えて、ジュニア物に筆を染めない者はなかった。その現象は戦前よりも戦後の方が著しかった。発表舞台が一時に増えたからである。私が憶えているだけでも、戦前から名の通った『少年クラブ』や『少女クラブ』をはじめ、『少年』『少女』『譚海』『少年世界』などがあり、小学館、旺文社、学研系統の学習誌を加えると、優に三十誌は超えただろう。そのどれもが、ミステリーの連載小説を柱にしていたのだった。
 それだけに、作家はジュヴナイルの分野でも、大いに情熱を燃やしたといっていい。
 その証拠に、戦後の新作に期待を寄せられていた乱歩でさえ、大人おとなものは容易に筆を執らなかったにもかかわらず、ジュニア物の執筆はいちはやく開始しているのである。戦前からの〝少年探偵団〟シリーズを再開し、昭和二十四年の「青銅の魔人」を皮切りに、三十五年までの間に十八の長編を発表しているほどだ。他の作家も同様で、戦前派では横溝正史、海野十三、大下宇陀児、角田喜久雄、戦後派では高木彬光、島田一男、香山滋、山田風太郎、楠田匡介の諸氏が健筆をふるっている。
 だが、戦前派の諸作家の中で、江戸川乱歩につぎもっとも旺盛な執筆ぶりを示したのが、横溝正史先生だったのである。横溝先生のこの分野での活躍は早かった。弱冠十九歳で『新青年』の懸賞に応募し、処女作の「恐ろしき四月エイプリル馬鹿・フール」が当選されたのは大正十年だが、翌大正十一年には『中学世界』に「化学教室の怪火」を発表しておられるのだから、乱歩の「怪人二十面相」より十五年も先んじておられるのだ。それ以後ジュニア物を書きつづけられ、戦前では『少年世界』『少女世界』『少年クラブ』『譚海』などが舞台になっている。
 昭和四年に平凡社から刊行された少年冒険全集第十二巻には、「渦巻く濃霧」と「怪人魔人」「変幻幽霊盗賊」の三編が収められたほか、長編だけでも「南海囚人島」(昭和6年)、「深夜の魔術師」(昭和13年)、「南海の太陽児」(昭和15年)があるのだ。
 戦時中の空白期を経て、戦後、探偵小説の復興期を迎えると、横溝先生はただちに執筆活動に入られたが、ジュニア物の方でも昭和二十三年に「怪獣男爵」を偕成社の書き下ろし長編として刊行された。以来、数多くの作品を発表されており、その数は昭和三十年代はじめに至る約十年間に長編だけでも十二にのぼる。これは戦前の倍以上の作品量といっていい。一方では大人物の長短編を量産されているのだから、そのエネルギッシュな執筆活動には、目を見張らざるを得ない。ただ、昭和三十年代以降、そうした作品が途絶えるのは、前述したようにテレビや漫画週刊誌がヤング世代のちようとなり、少年少女雑誌の廃刊が相ついで出版界に変動を生じたせいだろう。
 さて、本書は横溝先生が中学生の読者を対象にして書かれたサスペンス・ミステリーである。
 まぼろしの怪人は、怪獣男爵や夜光怪人、蠟面博士のような、化物じみた無気味な存在ではない。その代りだいの変装の名人で、神出鬼没の怪賊なのだ。彼がねらうのは常に高価な宝石類ばかり。しかも予告をした犯行は必ず成功させるというルパンばりの大胆不敵な手口の持主である。
 このまぼろしの怪人を向うに回して、彼の悪事を未然に防ぐべく敏腕ぶりを発揮するのが、新日報社の名記者しゆんすけと〝探偵小僧〟ことしばすすむ少年のコンビで、それを助けるのが等々力とどろき警部だ。それに、新日報社社長いけがみさんさく氏の娘、名犬ジュピターも大活躍する。
 それにしても、まぼろしの怪人の変幻自在な変装ぶりには舌を巻くほかはない。池上社長や等々力警部、ニッポン・ホテルの支配人、南村社長などに次々に変身するのだから、目まぐるしいばかりである。一人二役のトリックならぬ五役六役もするわけで、登場する男のうち誰がまぼろしの怪人かわからないところに、サスペンスの工夫が凝らされているといっていい。その最高の見せ場が、ヤマト・ホテルの二階七号室からの脱出場面だろう。怪人は、御子柴少年のため絶体絶命のピンチに追いつめられながら、巧妙な変装術を二重三重に駆使して逃れてしまうのである。
 だが、そうした追いつ追われつのシーソー・ゲームだけが、本書の興味のすべてではない。著者は単調な筋運びで読者を飽きさせないために、天銀堂の細工職人殺しの事件のほかに、二件の連続殺人をからませ、まぼろしの怪人とは別なふくしゆうのエピソードを、サブ・テーマに配して物語をさくそうさせている。世界的なソプラノ歌手くわさつきと、アサヒ映画のトップ女優きぬがわはるみが殺され、ミュージカルの女王ゆきこうきようの命が脅かされるのだ。
 あくまで宝石目あてのまぼろしの怪人は、桑野さつきの持つダイヤモンド「地中海の星」と、衣川はるみが映画のアクセサリーに使う、時価一億の真珠の首飾り「人魚の涙」欲しさに、復讐鬼と組んで得意の変装術をほどこすのだが、三人のスターが次々に狙われる設定が、後半のスリリングなヤマ場になっているのである。
 横溝先生のジュニア物は、「怪獣男爵」「夜光怪人」「蠟面博士」など、おどろおどろした無気味なムードにゾクゾクさせられる怪奇仕立てのものが多いが、その意味では本書は、がらりとおもむきの変った異色のサスペンス物といえるだろう。中学生雑誌に発表された作品なので、ことさら化物のような怪人を登場させず、オーソドックスななぞきに重点をおかれたのかもしれない。

作品紹介・あらすじ



まぼろしの怪人
著者 横溝 正史
定価: 836円(本体760円+税)
発売日:2022年12月22日

横溝正史生誕120年記念復刊! 横溝正史の異色傑作!
厳重な警戒態勢を潜り抜け、高価な宝石類を略奪して日本中を荒らしまわる、まぼろしの怪人。次々と姿を変えては行方をくらまし、正体も隠れ家も謎のままだった。そしてとうとう、警視庁の敏腕警部、等々力宛の犯行予告が届く。クリスマスの夜、警察の威信を賭けた闘いに、現場にあらわれたのは……? 神出鬼没、大胆不敵な大泥棒に、探偵小僧・御子柴進が等々力警部や敏腕記者の三津木俊助らとともに挑む、傑作ジュブナイル。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322205000267/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 山田風太郎生誕100周年記念特設サイト
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.012

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

メンタル強め美女白川さん4

著者 獅子

2

新海誠監督作品 すずめの戸締まり 公式ビジュアルガイド

監督 新海誠 監修 コミックス・ウェーブ・フィルム 監修 東宝 監修 STORY 編集 角川書店

3

高良くんと天城くん 3

著者 はなげのまい

4

小説 嘘つき魔女と灰色の虹

著者 そらる

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

6

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

2023年1月22日 - 2023年1月29日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP