menu
menu

レビュー

色あせることのないジュヴナイル作品――『真珠塔・獣人魔島』横溝正史 文庫巻末解説【解説:山村正夫】

横溝正史生誕120年記念復刊! 横溝正史の異色傑作!
『真珠塔・獣人魔島』横溝正史

角川文庫の巻末に収録されている「解説」を特別公開! 
本選びにお役立てください。
※この解説は昭和56年の文庫刊行時に執筆されたものです。

真珠塔・獣人魔島』横溝正史



『真珠塔・獣人魔島』横溝正史 文庫巻末解説

解説
山村正夫

 現代の推理小説は多様化と拡散現象が著しく、さまざまな傾向の作品が書かれるようになっている。本格物、スパイ物、心理サスペンス物、ハードボイルドなど、それぞれのパターンの名称がつけられているが、戦前はそんなことはなかった。本格物と変格物の二通りの作風の分け方しかなかった。
 本格物はいうまでもなく、論理性やトリッキイな要素、意外性などを主体にした作風である。それに反して変格物の方は、本格以外のあらゆる作風(SFもふくむ)を網羅した呼び方だったが、現代のように各ジャンルが分化して花を競ったわけではない。妖美性やおどろおどろしさをそなえた、怪奇ロマンの作品が他を圧していた。
 その意味での変格物が、戦前の日本の推理小説界の主流であったのである。江戸川乱歩の「おしと旅する男」や「人間椅子」、横溝正史の「鬼火」「真珠郎」「蔵の中」などの代表的な作品を見れば、おのずとわかろうというものだろう。
 欧米では一九二〇年代に既に本格推理小説の黄金時代を迎えていたが、日本でそうした機運が盛り上がるには、戦後(一九四五年)まで待たなければならなかった。
 それは戦前における日本の推理小説(探偵小説)の派生が、欧米とははなはだしく異なっていたせいが多分にあったようだ。
 ポーやドイルを始めとする外国作品は、明治の末期から大正にかけてちく輸入され紹介されはしていたものの、戦前派の諸作家がその影響よりも、泉鏡花や谷崎潤一郎に代表されるたん主義文学の系譜を、受け継いでいたためにほかならない。乱歩の初期の短編やはまろうぐりむしろうなどの長編に、本格の秀作があることはあったが、その数はりようりようたるものに過ぎなかった。
 いうなれば日本は日本だけの独自の発展を遂げ、怪奇探偵小説全盛の時代が昭和三十年頃まで延々と続いたのである。その風潮は大人向けの小説だけにはとどまらず、年少の読者を対象にしたジュヴナイルでは特にけんちよであった。
 乱歩の「少年探偵団」や「怪人二十面相」「妖怪博士」などが、続々と生み出されたのは、そのような背景を考えてこそ、はじめて納得がいくのではないだろうか。だが、それらのジュニア物の小説が読者に熱狂的に受け入れられ、一世をふうしたのは、読者の側にもロマンを求める強い欲求があり、その要望と一致したからではないかという気がしないではない。
 私自身にもかつておぼえのあることだが、小学生から中学生にかけてのティーン・エージャーの少年は、とかく破天荒な夢にあこがれ、スリリングな事件や、身の毛のよだつような怪物に、好奇心を燃やしがちなものである。「少年探偵団」や「怪人二十面相」を読んでその種の妖しい魅力のとりことなり、それからミステリーの本格的なファンに成長していくという過程は、私と同年輩の人間なら、誰しも辿たどった道なのではないかと思わずにはいられないのだ。
 戦前は乱歩と海野十三がジュヴナイルの人気作家の双璧だったが、戦後は多くの作家が競って怪奇探偵小説に筆を染めた。その中でも、もっとも作品量の多かったのが横溝先生である。
 中島河太郎氏が作成した目録を参考にすると、長編だけでも次のようなものがある。
怪獣男爵」(昭和23年)「幽霊鉄仮面」(昭和24年)「夜光怪人」(同『たんかい』)「大迷宮」(昭和26年『少年クラブ』)「黄金の指紋」(同)「金色の魔術師」(昭和27年同)「仮面城」(同『小学五年生』)「大宝窟」(昭和28年『少年クラブ』)「青髪鬼」(昭和29年)「白蠟仮面」(同)「蠟面博士」(同)「真珠塔」(同)「獣人魔島」(昭和30年)「迷宮の扉」(?『中一時代』)「まぼろしの怪人」(?『中1コース』)
 それにしても数が多い。大人おとなものの作品と並行して、これだけジュヴナイルに意欲を燃やした推理作家は、先生のほかにはちょっと例を見ないと言えるだろう。
 ちなみに私が選んだ戦後の怪奇探偵小説のベスト5を挙げておこう。

「青銅の魔人」 江戸川乱歩
「怪獣男爵」 横溝正史
「死神博士」 高木彬光
「黄金孔雀」 島田一男
「蜃気楼博士」 都筑道夫

 本書には横溝先生が昭和二十九年から三十年にかけて連載された「真珠塔」と「獣人魔島」の二編が収めてある。どちらも新日報記者三津木俊助としばすすむ少年のコンビが活躍するシリーズ作品だから、読者もみが深いのに違いない。
「真珠塔」は、その進少年が「この春、中学を出て、新日報社へ入ったばかりの給仕」となっており、中学生のときに手柄をたてた「幽霊鉄仮面」や「夜光怪人」の事件の続編ということになりそうだ。新聞社へ入社したのは、いろいろ不思議な事件にぶつかることができると思ったからだが、いまのところ上役にお茶を汲んで出したり、手紙の整理をしたり、そんなことばかりやらされるので不服でたまらない。そんな矢先にぶつかったのが、金コウモリの怪事件というわけである。
 金コウモリとは、翼から鬼火のような光を放つ無気味なコウモリのことで、どくろの仮面をつけた黒衣の怪人が現れるたびに、それが十匹近くも夜空をあやしく舞い狂うのだ。
 進がその金コウモリに出会い、ミュージカルの女王百合ゆりの射殺死体を発見したのは神宮外苑。百合子はハンドバッグの中に、奇妙な紙製のうち抜き人形が十五、六入った封筒を秘めていた。人形は両手に白と赤の旗を持ち、そのふり方が少しずつ違うところから何かの暗号とわかるというのが、本編の発端になっている。
 横溝先生には暗号文を扱った作品がいくつかあるが、大人向きの作品では、「蝶々殺人事件」がもっともポピュラーだろう。これは楽譜が利用されていて、先生が生んだ名探偵の一人、先生が解読するのだ。
 ジュヴナイルでも、この手法はしばしば使われている。「大迷宮」には悪人一味に捕われたたちばなしげる少年が、強制的に書かされた手紙の中に、監禁場所を示す言葉が巧みに織り込まれているし、「青髪鬼」は数字の暗号、「蠟面博士」では寺の奉納額に記されたわけのわからぬ文句が、大金塊の秘密を解く鍵になっているといった具合である。短編「謎の五十銭銀貨」は、数字の配列が暗号文になっていて面白い。
 また暗号ではないが、人名をアナグラムに仕組んだ作品も何編かある。
 金コウモリの怪人はさいみんじゆつを使って人をあやつり、柚木ゆのき真珠王が都内のどこかに隠した時価数十億円の真珠塔を狙うのだが、にせものが何人も出現するため、それに惑わされて、進や三津木俊助にも怪人の正体は容易につかめない。その入り組んだ謎がサスペンスを盛り上げ、予想外の場所に秘蔵された真珠塔のありかをめぐって、物語はクライマックスへと到達するのである。
 一方、「獣人魔島」の方は、横溝先生が戦後はじめて書き下ろされた「怪獣男爵」とやや趣きが似ている。脳の移植手術の研究をしている有名な医学者とう博士が、刑務所から脱走した大悪人かじわらかずひこの脳を、ゴリラに移し替えるというSF的な設定が共通しているのだが、作者がそんなことは百も承知で本編を執筆しているところが心憎い。
 獣人魔に変身し、がいこつだんの首領となった梶原は、自分に死刑の判決を下したよし判事の一家に復讐すべくつけ狙う。そのスリリングな展開に釣られて読み進むうち、結末に至って作者が用意した巧妙な心理的トリックに気づき、あっとうならされるのである。
 そのどんでん返しが鮮やかで、読者の意表をく意外性は、さすが本格派の巨匠ならではと言い得るだろう。
 ロマンの夢は昔もいまも変りはない。怪奇探偵小説の魅力は、いつの時代になっても色せることがないのだ。かつて我々の世代が乱歩の「怪人二十面相」に酔わされたごとく、現代のヤングの読者が横溝先生のジュヴナイルに魅せられ、その妖しい魔力のとりこになるであろうことを、私は信じて疑わないのである。

作品紹介・あらすじ



真珠塔・獣人魔島
著者 横溝 正史
定価: 880円(本体800円+税)
発売日:2022年11月22日

横溝正史生誕120年記念復刊! 横溝正史の異色傑作!
翼から鬼火のような青白い光を放ち、夜空に舞う無気味な金色のコウモリ。探偵小僧の御子柴進少年は、金コウモリが自動車の中から銃を発砲し、女性を殺害する現場を目撃した。三津木俊助とともに事件の調査を行う進少年のもとに、催眠術を駆使する金コウモリの魔の手が迫る……(「真珠塔」)。刑務所を脱走した悪党を追いかけた先で、脳の移植手術が秘密裏に研究されている骸骨島を見つける進少年の冒険劇「獣人魔島」を併録。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322205000266/
amazonページはこちら


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 伊坂幸太郎〈殺し屋シリーズ〉特設サイト
  • 伊岡瞬 特設サイト
  • 新井すみこ『気になってる人が男じゃなかった』特設サイト
  • 「おでかけ子ザメ」シリーズ特設サイト
  • 煮ル果実『ポム・プリゾニエール』特設サイト
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

人間標本

著者 湊かなえ

2

恐竜はじめました2

著者 クラナガ

3

地雷グリコ

著者 青崎有吾

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

5

カラフルな魔女 角野栄子の物語が生まれる暮らし

監修 KADOKAWA

6

777 トリプルセブン

著者 伊坂幸太郎

2024年2月11日 - 2024年2月18日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP