大好評の「小説 野性時代」新年号から、新人ノンフィクション作家4名の作品を随時ご紹介。本日は、将棋ペンクラブ大賞観戦記部門大賞を受賞するなど、棋界注目の書き手・北野新太さんの「最終局」です。
画像

 最終局――北野 新太

棋界八大タイトルのひとつ、王座戦は最終第五局を迎えた。後のない真剣勝負で、二人の若きトップ棋士が見た景色とは――。

  I 前夜


〔王座〕
 静かな夜だった。
 平成三十年十月二十九日。僕は第六十六期王座戦五番勝負最終局の前夜を迎えていた。
 挑戦者・斎藤さいとう慎太郎しんたろう七段との決戦である。
 台風が接近する中で戦った九月四日の開幕局から不思議と雨に降られ続けたシリーズだった。最後は穏やかな一日の中で戦うことが出来そうだな、と思った。舞台となる甲府市内の旅館「常磐ときわホテル」最上階の洋室で一人、眠りに就く前に考えていた。
 初防衛を目指すシリーズは第一局、第二局と連敗してカド番に追い込まれた。なんとか第三局、第四局と取り返して星を並べ、決着は最終局に持ち込まれた。最後に勝つか負けるか。過去の四局など、もう関係ない。
 新しく考えるべきことなど何もない。斎藤七段のこと、斎藤七段の将棋のことは彼が挑戦者に決まった七月二十七日から今まで、ずっと考えてきた。あらゆる研究をした。考えられるだけの想定は全てした。
 でも、準備に完璧はない。翌日の将棋で想定される序盤戦のある局面で、自分がどんな一手を指すべきかを、もう一度確認した。
 そして直近に行われた公式戦の棋譜を調べておかなくてはならない。誰かが指した戦型、戦法、構想、新手の成否はどうか、有力だったかどうか、どのような対応を取ればいいのか。
 逆に、自分が用意している作戦に対し、既に何らかの対抗策が成立してしまっていないかどうか。一通り確認しておかないと、実戦でいきなり出現した局面には対応が難しくなってしまうケースもある。
 現代将棋は、少なくとも僕の場合は、そのような研究を続けることによって初めて勝負の場に臨むことが出来る。棋譜を見る作業を一日怠っただけで、何らかの結論が出されていることに気付かなかったりするものだ。
 もはや研究と言えるようなものでもない。心を落ち着かせるための儀式のようなものだ。
 二十三時頃には眠れたと思う。もうタイトル戦も四度目になった。独特の緊張感、経過する時間のリズムに慣れた部分もあるのかもしれない。
 夜、将棋を指している夢を見ることはもちろんある。持ち時間が無くなり、一分以内に次の手を指さなくちゃいけない「一分将棋」に突入して、記録係が「五十秒、一、二、三、四……」とギリギリまで秒読みをする中でハッと目が覚めることもある。でも、不思議と今回の五番勝負に入ってから将棋の夢は見なかった。斎藤七段と指している夢も見ていない。
 朝、予定通り七時に目覚めた。
 思った通り、澄み渡るような青空が広がっていた。コンディションは万全だった。
 七時に起きられるように目覚まし時計を二つ掛けていた。七時半には宿の人が朝食を運んで来てくれるから寝坊してしまう心配はなかったのだけれど。 
 目が覚めてしまえば、もう過去の将棋のことを考えたりすることはない。新しい勝負へと向かう真っさらな気持ちしかない。朝食を摂り、自分で和服の着付けをして、少し間を置いてから部屋を出た。対局室「九重ここのえの間」に入ったのは八時四十三分。対局開始十七分前だった。
 斎藤七段の姿はまだなかった。十二畳半の空間に二十人くらいの報道の人や関係者がひしめいている。僕は上座に座り、身支度を整えた。いつもと変わりなく、腕時計を将棋盤の前に置いた。
 信玄袋に用意している扇子は僕自身が「木鶏もっけい」と揮毫きごうしたものだ。以前から用いている好きな言葉で、戦いにおいて木彫りの鶏のように何ものにも動じないことを意味する中国の故事である。一九三九年に横綱・双葉山ふたばやまの記録が六十九連勝で止まった時に「いまだ木鶏たり得ず」と語ったことで知られるようになったらしい。
 対局室の室温は少しだけ冷たく感じた。夏の終わりに始まったシリーズも、今はもう冬の気配の中にある。
 沈黙の中で過ごす十七分間は長い。一度、全てを忘れ去って、心を澄ませた。
 全く覚えていないが、僕は天井の片隅にこぼれている蛍光灯の光を見つめていたらしい。後で記者の人から聞いた。
 彼は「神に祈りを捧げているようにも見えた」とも言っていたけれど、当然ながら祈っていたわけではない。
 棋士は祈らない。将棋に運は存在しないからだ。盤上に風は吹かないし、雨も降らないし、採点も判定もない。一見するだけでは小さな、しかし広大な盤上で頼れるのは自分の力だけなのだ。正解が分からないまま指した手が思わぬ効果をもたらした時に「指運が良い」と言ったりもするが、自らの感覚を頼りに選んだ指し手なのだから、結局は実力である。
 棋士は何にも頼らずに戦う。孤独は棋士の宿命であり、魅力でもある。
 斎藤七段が入室し、盤の向こう側に座った。少し間を置いて互いに一礼をする。タイトルホルダーである僕が盤上中央に置かれた駒箱に手を伸ばす。駒袋の封を解き、盤上に全ての駒を出す。
 駒の山から王将を選り出し、自陣最下段中央に据える。相手と交互に、左から右の順に金、金、銀、銀、桂、桂、香、香、角、飛、そして九枚の歩を並べていく。子供の頃から同じ動作を何万回繰り返してきたか分からない。でも、並び終えた初型の駒の配置を見ると、いつも澄んだ気持ちになる。

書籍

「小説 野性時代 第182号 2019年1月号」

小説 野性時代編集部

定価 864円(本体800円+税)

発売日:2018年12月12日

ネット書店で購入する