大好評の「小説 野性時代」新年号から、新人ノンフィクション作家4名の作品を随時ご紹介。本日は、昨年『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』で開高健ノンフィクション賞を受賞した、畠山理仁さんの「公職選挙法VS.無頼系独立候補」です。
画像

 公職選挙法VS.無頼系独立候補――畠山理仁

『黙殺』で選挙戦に新たな光を当てた著者が今回注目したのは、人を食ったような名前の政治団体と女性装の有名東大教授でした。

●無頼系独立候補たちの挑戦

 一生に一度でいい。どうか選挙に出てみてほしい。どうしても嫌だという人も、せめて一度は真剣に出馬を考えてみてほしい。
「もしも自分が選挙に出たとしたら……」
 このことを想像するだけでも、政治や選挙は、ぐっと身近になる。それが選挙の現場を二〇年間取材し続けてきた私の実感だ。
「立候補しても相手にされないのではないか」
「自分の考えを伝えるにはどうしたらいいか」
「そもそも公職選挙法はどうなっているのか」
 真剣に考えれば考えるほど、何をどうすればいいのかと頭を抱えることになる。その時、あなたの候補者に対する固定観念は、きっと大きく変わっているはずだ。
 日本は民主主義の国である。かつては納税額や性別による制限選挙の時代もあったが、今は普通選挙が実現している。つまり、誰もが等しく立候補する権利を持っている。
 それなのに、立候補する人は少ない。社会も政界への新規参入者に冷たい。政党や組織の支援を受けず、たった一人で選挙に立候補する者を「泡沫候補」などと揶揄している。
 私はこの風潮が嫌いだ。だから決して「泡沫候補」という言葉は使わない。私は敬意を込めて「無頼系独立候補」と呼んでいる。
 日本では、選挙のルールは公職選挙法で定められており、すべての候補者は法律に則って立候補している。だから立場は皆同じはずだ。しかし、公職選挙法の中身を詳しく知る者がそれほど多くないため、世の中には次のような誤解が蔓延している。
「あの泡沫候補は単なる売名目的。どうせふざけて立候補しているんだろう」
 私は声を大にして「それは違う」と言いたい。戦いのルールである公職選挙法を知れば、この指摘がすぐに的外れだとわかる。実際に立候補するためには高い壁がある。決してふざけて立候補できるようなものではない。
 まず、世界一高い供託金が壁となる。都道府県知事選挙や国政選挙の場合は三〇〇万円(比例区六〇〇万円)、政令指定都市の市長選挙では二四〇万円、市区長選挙では一〇〇万円、町村長選挙では五〇万円だ。
 この供託金を用意できても、選挙で一定の票を得なければ全額没収される。公職選挙法に違反すれば、懲役や禁錮、罰金や公民権停止などの厳しい罰が待っている。つまり、すべての候補者は、経済的にも社会的にも大きなリスクを負って選挙に臨んでいる。
 代議制民主主義の社会は、立候補する人がいなければ成り立たない。そんな中、自らリスクを背負って挑戦する人たちがいることに、まず私たちは感謝すべきではないだろうか。
 私がこれまで見てきた挑戦者たちは、ユニークなアイデアや底知れぬエネルギーにあふれていた。世のため人のため、明るく楽しく、公職選挙法というルールに向き合ってきた。本稿は、そんな挑戦者たちの記録である。

書籍

「小説 野性時代 第182号 2019年1月号」

小説 野性時代編集部

定価 864円(本体800円+税)

発売日:2018年12月12日

ネット書店で購入する