menu
menu

連載

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」 vol.10

【連載小説】クーラーのリモコンが全宇宙消滅の引き金に――!? ヨーロッパ企画の傑作と『四畳半神話大系』が融合! 森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」#1-10

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」

※本記事は連載小説です。

>>前話を読む

 英国の大作家H・G・ウェルズが小説『タイムマシン』を発表して以来百年あまり、「時間を旅する機械」というアイデアは、無数の人々によって繰り返し語られてきた。
 なにゆえ我々はタイムマシンに心かれるのであろう。
 それは我々人類にとって時間こそがもっとも根源的な謎であり、誰ひとり逃れることのできない普遍的な制約であるからだ。誰にとっても一日は二十四時間しかなく、泣こうがわめこうが砂時計の砂は絶え間なく流れ落ち、過ぎ去った夏は二度と戻らない。だからこそ我々は「時間を旅する機械」を繰り返し夢見てきたのだ。時間を超越すること──それは人類の根本的条件への反逆であり、神にも等しい力であり、究極の自由に他ならぬ。
 なにゆえそんなすごいものが、よりにもよってこんなところに。
 羽貫さんがひゅうと口笛を吹いた。
「ってことは小津君、タイムトラベラーじゃないの」


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年9月号

8月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP