menu
menu

連載

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」 vol.9

【連載小説】クーラーのリモコンが全宇宙消滅の引き金に――!? ヨーロッパ企画の傑作と『四畳半神話大系』が融合! 森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」#1-9

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」

※本記事は連載小説です。

>>前話を読む

 我々はその「タイムマシン」を取りかこみ、ひとしきり笑い転げていた。
 実際それはたいへんよくできていた。操作パネルには年数と日数を設定するところがあり、ダイアルをまわせばちゃんと数値を変更できる。プラスとマイナスのスイッチが未来と過去に対応しているらしい。つまり十年先の未来へ行くならプラス10、十年前の過去へ行くならマイナス10と設定するのだろう。
「誰が作ったんだろう?」
「よほど技術力のある暇人だろうね」
 そんなことを言い合っていると、樋口氏と小津が大家さん宅から帰ってきた。
「やあ諸君、ひどく楽しげではないか」
 樋口氏はそう言ったあと、城ヶ崎氏に手を差しだした。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年9月号

8月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP