menu
menu

連載

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」 vol.8

【連載小説】クーラーのリモコンが全宇宙消滅の引き金に――!? ヨーロッパ企画の傑作と『四畳半神話大系』が融合! 森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」#1-8

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」

※本記事は連載小説です。

>>前話を読む

 その悲劇によって魂の抜け殻となった私は、居ならぶ人々のブーイングにも聞く耳持たず、わけのわからない裸踊りの要求をあしにして209号室に立て籠もった。明石さんたちが帰った後、樋口氏の呼びかけでクーラーのお通夜が行われたことはすでに述べた通りである。
 ここで時計の針を八月十二日の午後に戻そう。
 私は廊下の壁にもたれて明石さんの横顔を見つめていた。
 明石さんは誰かと送り火見物へ出かける──。
 彼女は青ざめた顔でパソコンを睨み、その顔つきはいよいよ厳しかった。編集に頭を悩ませているのだろう。送り火デートの相手を訊けるような雰囲気ではない。
 明石さんがパソコンを見つめたまま言った。
「先輩、ちょっといいですか」
 おそろしく真剣な声だった。
 こちらの考えを見抜かれたような気がして、私はギクリとした。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年7月号

6月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第200号
2020年7月号

6月11日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP