menu
menu

連載

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」 vol.7

【連載小説】ヨーロッパ企画の傑作と『四畳半神話大系』がまさかの融合! 森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」#1-7

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」

※本記事は連載小説です。

>>前話を読む

 銭湯から出ると、八月の長い夕暮れが始まっていた。
「いくぞ、いくぞ、いくぞ」
 風呂桶をチャカポコ叩いて気勢を上げる。
 その目的はただひとつ。明石さんを五山送り火見物に誘うことである。
 よしやまかいわいだいもんをゆうゆうと見物できる秘密の場所がある。昨年散歩中に発見したもので、いつの日か誰かをそこへ案内しようと思い、ずっと胸中に秘めてきた。いわば私のリーサルウェポン、いま使わずしていつ使う。
 高野川にさしかかったとき、橋向こうの御蔭通にほっそりとした人影が見えた。私はドキンとして立ち止まった。明石さんであった。こちらに気づいた様子はなく、彼女は下鴨神社・糺ノ森の方へ歩いていく。
 撮影終了後、明石さんが「古本市へ行く」と言っていたことを思いだした。


紹介した書籍

関連書籍

おすすめ記事

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年7月号

6月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第200号
2020年7月号

6月11日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP