menu
menu

連載

夢枕 獏「蠱毒の城――月の船――」 vol.20

【連載小説】生死を賭けた闘いを生き延びた遣唐使・井真成は、仲間たちと共に杜子春に率いられ、旅に出る――。夢枕獏「蠱毒の城――月の船――」#95〈後編〉

夢枕 獏「蠱毒の城――月の船――」

※本記事は連載小説です。

>>前編を読む

 食料が、外から入ってこなくなった。
 それでも、最初の二カ月は、節約しながらもそこそこは食べることができた。次の一カ月は、量を減らし、次の一カ月は食べる回数を減らした。次の一カ月は、城内の犬や猫を食い、次の一カ月は、普段は食わない雑草や、木の根も食べた。
 食い物がなくなって、女に、出てゆけと言われるかと思ったのだが、そういうことはなかった。自分がいれば、外で犬や猫を捕えてくるし、草や木の根を掘ることもできた。それに、自分がいる方が、女にとっても心強いのだろう。
 人を食べるようになったのは次の一カ月からだった。
 城内で、食い物といえば、人間しかいなかったからだ。はじめの一カ月は弱い者が食われ、次の一カ月は身内の妻や子が食われるようになり……
 それが、今も続いているのである。
 もう、自分が人ではないような気がしている。
 一番最初に、人の肉を食うようになったのは、いつだろう。
 ひと月半ほど前か、ふた月ほど前か。
 きっかけは、この部屋だった。
 その晩も、こうやって、寝台の上に仰向けになっていたのだ。
 動くと腹が減るので、動かないようにしていたのだ。
 そうしたら、女がやってきたのだ。
 夜だ。
 みしり、
 という音がして、人の気配があった。
 その気配が近づいてくる。
 最初は、もちろん誰だかわからなかった。
 盗人か!?
 一瞬、身体を緊張させて、上半身を起こし、こういう時のためにと、枕元の壁に立てかけておいた剣を手に取った。
 部屋に入ってきたのは、女だった。
 その時は、窓が開いていたので、そこから月光が差していた。
 その月明りの中に、女が立っていたのである。
 瘦せていた。
 しかし、瘦せた分、その顔や姿に、せいそうの気が宿っていて、妖艶だった。
 しかも、頰には紅をしていて、その顔にはわいが施されているらしい。
 いったん手に取った剣を、また壁に立てかけて、
「どうしたのだね。何かあったのかね」
 盧生はそう問うた。
 女は、無言だった。
 あおく光って、この世のものではない。
 美しくやつれた、妖物か魔物のようである。
 女は、一歩、二歩、三歩と近づき、盧生がいる寝台の横に立った。
 女の妖しく光る眸が、盧生を見下ろしている。
「あなた、わたしと、やりたいのでしょう……」
 女の唇が動くのが見えた。
「知ってたわよ。いつも、あんなでわたしを見るんですもの。何がしたいのか、何をやりたいのか、それがわかる眼つきなんですもの……」
 何が起こっているのか、盧生には、すぐにはわからなかった。
「やらせてあげる……」
 女がつぶやいて、盧生の上体にしがみついてきた。
 そのまま、上体を仰向けに倒されて、女が上からかぶさってきた。
 女の光る眸が、妖しい力を自分の眸から盧生の眼にこぼし、体内に注ぎ込もうとしているかのように、見下ろしている。
「だから、食べものをとってきてちょうだい。わたしと、簞のために……」
 あの晩からだ。
 あの晩、自分はあの女にとりかれたのだ。
 女のとりこになったのだ。
 女のれいになったのだ。
 女の、とらわれの身になったのだ。
 食べものをとってきて──
 そんなことを言ったって、食べものといえば、もう、人しかいないのだ。
 さもなくば、王宮か、へいげんくんの屋敷に押し入るしかない。
 しかし、そんなことをしたら、たちまち殺されて、こっちが食われてしまう。
 そして、あの晩から、おれは人間でなくなったのだ。
 女は、おれが、食べものをとってくると、ひどく喜んだ。
 その晩は、その妖しい身体を、おれの好きなようにさせてくれたのだ。
 瘦せた女の身体も、おれには好ましかった。
 脂肪の落ちた乳房も、おれにはいっそう官能的だった。
 貪りあった。
 自分の体温をすっかり女の身体に移し、女の体温を全部自分の体内に移す。
 もう、どうなってもいい。
 あの時、おれは、おれでなくなったのだ。
 いや、本当のおれになったのか。
 そんなことも、もう、どうでもよくなっていた。
 おれが、食べものをとってきた晩は、必ず女はおれの寝台に忍んできた。
 おれだって、瘦せて、力はなくなり、眼はくぼんで、もう、幽鬼のような姿になっている。
 それでも、あそこだけは、別の生き物のようにふくれあがって、凶暴な獣のようになって、女肉を貪った。
 そんなことを思い出して、盧生は、まだ眠れずに、寝台の上に仰向けになっている。
 と──
 みしり、と、音がした。
 何かの気配があった。
 それが、ゆっくりとこちらに近づいてくる。
 少しずつ、少しずつ。
 女が来たのか?
 そう思った。
 しかし、今日は、食べものをとってくることはできなかったのだ。
 したがって、女が忍んでくることはないはずだった。
 が──
 女だ。
 この匂い。
 近づいてくる肉の体温。
 あの女以外、誰がいるというのか。
 おれは、声をかけずに、閉じていた眼を開き、そっとその気配の方をうかがった。
 やはり、女だった。
 しかし、いつもと違う。
 ものすごい眼で、おれを見ていた。
 そして、おれは、細い月明りの中で、見たのだった。
 女の右手に、光るものが握られているのを。
 包丁だった。
 女が、おれを食いに来たのだ。

▶#96(前編)につづく
◎第 95 回全文は「カドブンノベル」2020年12月号でお楽しみいただけます!


「カドブンノベル」2020年12月号

「カドブンノベル」2020年12月号


関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年2月号

1月12日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP