menu
menu

連載

担当編集者は○○を語る 連載終了

著者の次に、本のそばにいるのは、担当編集者。
著者の次に、本に思い入れを持っているのも、きっと担当編集者。
思いは沸騰し、溢れ、ときに暴走し、煩悩となって燃え続ける。
――そんな熱くウザい思いを、この際存分に語ってもらいましょう。

PICK UP

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年4月号

3月13日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP