KADOKAWA Group
menu
menu

連載

カドブン meets 本が好き! vol.64

乱歩の未完の傑作が完結! 犯人・密室・謎の記号の正体とその向こう側── 『乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび』レビュー【本が好き!×カドブン】

カドブン meets 本が好き!

『乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび』レビュー【本が好き!×カドブン】

書評でつながる読書コミュニティサイト「本が好き!」(https://www.honzuki.jp/)に寄せられた、対象のKADOKAWA作品のレビューの中から、毎月のベストレビューを発表します!
今回のベストレビューは、吉田あやさんの『乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび』に決まりました。ありがとうございました。



犯人もトリックも謎がひとつも解かれないまま眠り続けた、江戸川乱歩の「悪霊」。悪霊をふたたび目覚めさせ、乱歩自身をも蘇らせるように巻き込み、鬱々と美しい驚きの物語へと昇華した会心のミステリ!

レビュアー:吉田あやさん

昭和8年、かつて横溝正史も編集長を務めた雑誌「新青年」で、暫く休養していた江戸川乱歩の本格的探偵小説が連載開始、しかも初の長編連載となれば否が応でも期待は膨らむ。編集部も歓びに沸き、連載開始を煽る予告文が毎月紙面を賑わせていた。

「今度こそ!いよいよ四月号から連載できさうである。」
「本号から連載予定の長編は遂に間に合はず。次号を待たれよ」

しかし次号にも乱歩の名前はなく

「いよいよ氏も重かったお尻をあげた。来月号誌上で多分吉報の予告をあげることができよう」

度重なる原稿の遅れに、いよいよ、いよいよと繰り返しながらも「多分」と少しだけ慎重になっているのがなんだか可愛らしい。しかし原稿は一向にあがあらず、延ばしに延ばした連載は最初の予告から丸1年を経て本当にいよいよ始まる。これがなんでもまるっとハラスメントな現代なら、載るぞ載るぞ詐欺の「ノルハラ」とでも言われそうで、或る意味豪快。

しかし、やっとのことでスタートした連載は三回目にして行き詰まり、休載となってしまう。気負いが頂点に達し、自信がどん底まで落ち込んだ乱歩は執筆が立ち行かなくなり、傑作となるはずだった「悪霊」は「作者としての無力を告白」する形で途絶したまま未完の作となった。犯人もトリックも謎がひとつも解かれないまま眠り続けた「悪霊」は、芦辺さんの筆によって90年の眠りから覚め、乱歩が込めた謎を全て解き明かし、なぜ「悪霊」が未完になったかにも迫っていく驚きと興奮に満ちた展開に、前のめりで没入していった。

物語は江戸川乱歩と思わしき人物が、執念深い訪問者から真っ赤な革表紙で閉じ合わせた部厚な二冊の手紙の束を売りつけられたことを端緒に、猟奇耽異な世界へと踏み出していく。その書翰集は、或る殺人事件の第一発見者である新聞記者の手で書かれたものだった。

有名心理学者たちの身辺で起こった不可解な連続殺人事件は密室、唯一の証拠品である奇妙な符号が書かれた紙片、心霊学会、時代錯誤な庇髪に矢絣の着物の娘、霊媒体質らしい視覚障害を持つ少女など、様々な要素が複雑に折り重なり、目の前の真実は欺瞞のベールに包まれていく。

美しい人が死に、同じ人の手にかかってまたひとり美しい人が死ぬと予言されたところで乱歩は筆を置いた。何もかもが宙に浮いたまま茫然とするしかないこの局面から、悪霊はふたたび重い腰をあげ、静かに陰鬱な幕を開ける。本のカバーを外すと「The Rampo Murder Case」と記されており、これは重要なヒントなのだろうかと頭の片隅に置いて読んでいたにも関わらず、結末までに幾度もの驚きがあり結局全て片隅から吹き飛んでしまうというへっぽこ探偵ぶり。

ラストは「現世は夢 夜の夢こそまこと」と寂しく乱歩が呟くような感慨があり、鬱々と美しい。スランプで苦悩する乱歩が身を潜めた「張ホテル」の幻想のベールに包まれた現世と異界の境界線は揺らぎ、時間軸ものたりのたりと揺れ惑うようで蠱惑的。

結末を知った上で最初から早速再読し、物語から立ち昇ってくる乱歩と芦辺さんの苦心や高鳴りをより深く感じたい。一旦鳴りを潜めた悪霊をふたたび目覚めさせ、乱歩自身をも蘇らせるように巻き込み見事に昇華した会心のミステリ!

▼吉田あやさんのページ【本が好き!】
https://www.honzuki.jp/user/homepage/no12163/index.html

書誌情報



乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび
著者:芦辺 拓 著者:江戸川 乱歩
発売日:2024年01月31日

乱歩の未完の傑作が完結! 犯人・密室・謎の記号の正体とその向こう側

江戸川乱歩のいわくつきの未完作「悪霊」 
デビュー百年を越え、いま明かされる、犯人・蔵の密室・謎の記号の正体。
そして、なぜ本作が、未完となったのか――

乱歩の中絶作を、芦辺拓が書き継ぎ完結させる! そのうえ、物語は更なる仕掛けへ……。


 1923年(大正12年)に「二銭銅貨」でデビューし、探偵小説という最先端の文学を日本の風土と言語空間に着地させた江戸川乱歩。満を持して1933年(昭和8年)に鳴り物入りで連載スタートした「悪霊」は、これまでの彼の作品と同様、傑作となるはずだった。
 謎めいた犯罪記録の手紙を著者らしき人物が手に入れ、そこで語られるのは、美しき未亡人が不可思議な血痕をまとった凄惨な遺体となって蔵の2階で発見された密室殺人、現場で見つかった不可解な記号、怪しげな人物ばかりの降霊会の集い、そして新たに「又一人美しい人が死ぬ」という予告……。
 期待満載で幕を開けたこの作品はしかし、連載3回ののち2度の休載を挟み、乱歩の「作者としての無力を告白」したお手上げ宣言で途絶した。

 本書は、『大鞠家殺人事件』で日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞した芦辺拓が、乱歩がぶちあげた謎を全て解き明かすと同時に、なぜ「悪霊」が未完になったかをも構築する超弩級ミステリである。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322310000776/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP