menu
menu

連載

米澤穂信「花影手柄」 vol.6

【集中掲載 米澤穂信「花影手柄」】 城の東に織田方の陣を見つけた荒木村重は……。 堅城・有岡城が舞台の本格ミステリ第二弾!#1-6

米澤穂信「花影手柄」

>>前話を読む

「案内せよ。敵を見る」
 十右衛門が「は。こちらにござる」と先に立つ。村重は弓を持つ御前衆を三人ばかり、それに加えて陣太鼓を持つ者と法螺貝を持つ者を呼び、ついてくるよう命じる。葦をかき分け泥を踏んで歩を進めれば、ほどなく土地が開け、間遠に篝火を掲げた敵陣が遠目に見えた。そして、葦に隠れた村重から数十歩ほど離れて、確かに二人の武者が月明かりの中に立っている。二人とも鎧は着込んでいるが、右の武者は兜をかぶっておらず、さては警固の足軽だろうと村重は読んだ。敵は何やら話をしながら有岡城を睨んでおり、村重たちには気づいていない。村重は御前衆に「弓を貸せ」と言い、弓矢と引き換えに自らの兜を預けた。弓を選んだのは鉄炮では音が立ちすぎるためであり、兜を脱いだのは、吹き返しが妨げになって弓を存分に引き絞れないことがあるためだ。
 村重が弓を持ち、ほかに弓を持つ御前衆が二人、村重に並ぶ。
「わしが右を射る。おぬしらは左を射よ」
 そう命じて、村重は矢をつがえる。
 えた光の中で、狙う武者の顔が見える。まだ若い。整った顔立ちを険しくゆがめ、何事かを話している。風が葦をそよがせる。ざざざ、と音が立つ。村重は弓を引いていく。月に雲がかかり、武者は何を思ったか、ふと首を巡らせる。その目が村重を捉えようとした刹那、村重は矢を放った。
 矢は、武者の眉間を射貫いた。最期に武者は確かに村重を見た。かれは口を開きかけ、そのまま泥の上に倒れ込んだ。
 次いで二本の矢が、左の武者に飛ぶ。一矢は外れ、もう一矢は武者の肩に突き立つ。大きく目を見開いたのも一瞬、武者は倒れた同輩を助け起こそうとしてか膝をつき、同時に口を大きく開いた。
「おおい!」
 声は止められなかったが、長く続くこともなかった。続けて放った村重の矢が目を射貫き、御前衆の矢が喉と腿を貫いたからである。夜討ちは露見したか、と村重はざんためらった。倒れる武者の最期の一声は、大津の陣に届いただろうか──しかし迷いは短かった。
「陣太鼓を二つ打て」
 命じられた御前衆は、すぐに陣太鼓を打った。夜の静けさを破って太鼓の音が葦原に響き渡る。葦がいっせいにそよいだかのように見えたのは、雑賀衆と高槻衆が駆け出したからだ。村重が大きく息を吸い、
上げよ!」
 と大音声を張り上げると、あたり一面からわっという声が上がった。御前衆が村重を囲んで守りを固める間に、兵たちが陣の柵木に取りついた。最初の鉄炮が放たれる音が静けさを破ると、敵陣に矢が雨と射込まれ、弾があられと撃ち込まれる。
 やがて手斧ちようなづちが柵木を破り、兵は陣へとなだれ込む。夜討ちは一刻千金、敵を討っても首を取るいとまはない。同輩に自分が敵を討ったことを見てもらい、首を取るのは後にして、次の敵へとかかる。鉄炮の音が鳴る、喚声が上がる、悲鳴が夜陰に長く尾を引く。敵陣は浮き足立っている。村重は陣の外で腕組みし、物も言わずに戦を睨む。
 と、陣の篝火を背にして、黒い人影が陣からまろび出てきた。見れば、ふんどし姿すがたに抜き身の刀を肩にかついで頭に兜を載せただけの、哀れな姿である。陣から逃げようとしているらしく肩越しに後ろを向いて走っているが、はたと前を向いた時、男はおのれが村重たちの正面に飛び出したことを知った。御前衆が鑓を構え、弓鉄炮の狙いをつける。男はくしゃりと顔を歪めたが、もはやこれまでと悟ったか、その目が異様な光を帯びた。男は両手を広げ、声を上げる。
「われは大津伝十郎様家中、うえさんゆう。かかる姿にあれど武士にてござる。そこにおわすは寄せ手の大将と見た。冥土の土産に御首授けたまえ」
 そして身を低くし、村重目指してぱっと駆け出す。鉄炮が放たれ矢が射られ、硝煙が風になびくが、手練れ揃いの荒木御前衆がこの時ばかりは不思議に的を外した。山太夫は応と叫び、村重まであと七歩、六歩、五歩と近づく。鑓を持つ者が村重の前に立ち、村重も腕組みをといて腰の刀に手を伸ばす。村重秘蔵の名刀、ごうのよしひろは屋敷に置いてきた。いま村重が帯びるのは、鈍刀と悪名高い大和打の数物である。大和打の刀は鈍いが折れにくく、戦場で用いるにはこうしたものが良かろうと、村重が自ら選んだうちがたなだ。ゆっくりと抜き放つと、銘もなき刀は月光に映える。
 村重の右斜め前に立った伊丹一郎左衛門が、「下郎め」と叫んで持鑓を繰り出す。穂先は狙い過たず山太夫の右肩を傷つけるが、山太夫は左手に刀を持ち替え、ずいと突き出した。思いがけず鋭いその突きは一郎左の喉元に延び、切っ先は喉輪に阻まれたが、滑った刃が一郎左の首をすっぱと切り裂く。血煙が立った。
「おのれ」
 御前衆同輩が色めき、刀を振る、鑓で突く、しかし山太夫はそれをもくぐり抜け、見事村重の眼前まで駆け込んだ。まだ刀の間合いではなかったが、村重は鈍刀を振りかぶり、無言でそれを振り下ろす。左右を刃に囲まれた山太夫はそれをかわしもならず、おのれの刀で受け止める。月夜に火花が散る。
「ぐっ」
 村重のりよりよくは並ではない。山太夫は刀を取り落とす。しびれた腕を押さえる間もあればこそ、その総身に刀と鑓が突き立った。くっと一声洩らして山太夫が崩れ落ちると、顎紐を結んでさえいなかったのか、兜が外れてごろりと泥に転がった。村重はその兜を一瞥し、たおれた一郎左を見た。一郎左はもう動かなかった。
「殿。合図にござる」
 そう声を掛けたのは、郡十右衛門だ。十右衛門が指す方を村重が見ると、月明かりに浮かぶ有岡城本曲輪で、松明の火がちらちらと円を描いている。物見櫓に残した兵が、敵に大津の陣を救うための動きがあることを知らせているのだ。村重はすぐに命じた。
「貝吹け」
 役目の者が法螺貝を口に当て、長く長く吹く。戦の音はにわかにはまないが、それでも次第に鉄炮はまばらになり、喚声も低くなり、ほどなく鈴木孫六と高山大慮が戻った。孫六は頰まで返り血に染まり、大慮の鎧袖には矢が立っている。
「織田の助勢が来る。兵を退かせよ」
「は」
 二人の将は頭を垂れると、それぞれの手勢をまとめ始める。十右衛門が、伊丹一郎左衛門のもとどりを形見に一房切っている。手筈通りに殿しんがりを配し、むくろ転がる大津の陣を背に、夜討ち勢は整然と有岡城に戻っていく。月は西に傾いているが、夜が白むにはまだ早かった。


「カドブンノベル」2020年1月号

「カドブンノベル」2020年1月号より


関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年1月号

12月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.009

12月21日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP