KADOKAWA Group
menu
menu

連載

赤川次郎「三世代探偵団4 春風にめざめて」 vol.29

【連載小説】手術中の妻の無事を祈る宮里のもとへ、充代が写真をもって現れて……。赤川次郎「三世代探偵団4 春風にめざめて」#8-1

赤川次郎「三世代探偵団4 春風にめざめて」

※本記事は連載小説です。

前回のあらすじ

矢ノ内香は、不思議な火災で父母を亡くし恩師・宮里を頼りに上京したところ、宮里がアパートでAVを撮影しているのを目撃し、カバンに切断された指を入れられたという。病気の妻のためAVを撮る宮里と暮らす太田充代は、弟の猛から、宗方という男に見込まれ、殺人の罪をかぶって姿を隠す、と言われる。指がホテルで死んでいた真田という男のものと判明し、有里と村上刑事が捜査のため〈Kビデオ〉へ向かうと、そこには吉川という老人が孫娘のマナを捜しに来ていた。充代のもとを訪れると、マナもビデオに出演しており、連絡がつかなくなっていたと分かる。

12 希望

 みやざとは、ただひたすらに待っていた。
 待つ以外にできることがないのは、何と辛いことか。──しかし、妻のひさは、今もっと辛い手術に耐えているのだ。
 固く握り合せた両手ににじんだ汗を、何度となくズボンで拭った。
 それにしても……。もう何時間たっただろう?
 担当の医師が、力を尽くしてくれていることは分っていた。
 赤の他人の久子のために、そんなに頑張ってくれているのだ。──宮里は頭の下がる思いだった。
 もちろん、それが医師の役目だと言えば、その通りだ。それでも、宮里にはとんでもなく大変なことに思えた。
 廊下の長椅子にじっと座っているので、腰がきしむように痛んだ。しかし、楽な姿勢になろうとすると、
「久子はもっと大変なんだ」
 と思ってしまう。
 自分が痛みに耐えた分だけ、久子の痛みが減るという──およそ科学的でないことを考えていた……。
「──宮里さん」
 そっと声をかけられて、ハッとした。
みつか……」
「ごめんなさい、こんな所にやって来て。私なんかが。奥様が大変なのに」
 と、充代は早口に言った。
「いや、いいんだ」
 宮里は大きく息を吐いて、「このまま一人で座っていたら、体がどうかなっていたかもしれない。助かったよ」
「手術はまだ……」
「うん。ずいぶん長くかかってる」
 宮里は、〈手術中〉の、赤くともった文字へ目をやった。「しかし、長くかかるってことは、まだあいつが生きてるってことだ。そうだろう?」
「ええ、そうよ」
 と、充代はうなずいた。
「何かあったのか?」
「それが──〈Kビデオ制作〉が倒産したらしいの」
「そうか。──まあ、もともといい加減な会社だったからな。ふしぎじゃない」
「それで、この子を……」
 充代は、ケータイに送られて来たよしかわマナの写真を出して見せて、「あなた、見たことある?」
 宮里はしばらくその少女の顔を眺めていたが、
「──ああ、あの事務所で見かけたことがあると思う。あそこの社員と話してたよ。この子がどうかしたのか?」
「待ってね」
 充代がエレベーターの方へと小走りに向うと、むらかみを連れて戻って来た。
「──行方が分らない?」
 村上の話を聞いて、宮里は、「それは……もしかして……」
 と、口ごもった。
「何かご存知ですか」
「はっきりしたことは分りませんが、ルイを使って僕が撮ったビデオの前に、その子で一本撮り上げているはずでした。それが何かあって、中止になったとか……。あのスタッフはみんなすぐに姿を消してしまったようでした」
 村上と有里は顔を見合せた。
「それって……」
 と、有里は眉を寄せて言った。「どう考えても、ビデオの撮影中に、吉川マナさんの身に何かあった、ってことですね」
「そうだな……。『あの子は、何でもやるんだ』と言ってたスタッフがいた。危険なSM物のビデオをやらされてたんじゃないかな」
 と、宮里は言った。
「調査する必要がありますね」
 と、村上は言った。「その撮影に係ったスタッフを誰か知りませんか?」
「さあ……。個人的に知り合いになるほど一緒にいませんよ」
 と、宮里は言って、「待って下さいよ。充代、あの医者は?」
「ああ、あの年輩の……。撮影のとき、誰かけがしたりすると、必ず呼んで来るお医者さんがいたんです。内緒にしたいことが多いんでしょう。あのお医者さんの所なら分ります」
「そこへ案内してください」
 と、村上は言った。「どうやら、急ぐ必要がありそうだ」
「心配だな」
 と、宮里はため息をついて、「僕も結局同じだった。女の子の体を、ただの〈物〉としか見ていなかった。そうでなきゃ、あんなものは撮れない」
「宮里さん……」
 と、有里は言った。「ご事情は知っています」
「言いわけですよ。ルイだって、どんなにきれいに撮ってやっても、結局は裸を見せる口実だ」
 そして、宮里は首を振ると、「もうやめよう。何とかして、生きて行くように……」
 そのとき、
「宮里さん」
 と、看護師がやって来て言った。「今、先生が」
 振り返って、〈手術中〉の赤い灯が消えているのを見ると、宮里は青ざめた。
「──どうも」
 廊下へ出て来た医師の顔は汗で光っていた。
「宮里さん、何とかうまく行きましたよ。奥さんも頑張ってくれました」
「先生──」
 宮里は顔を伏せて、「ありがとうございました」
 と、うめくように言うと、泣いた。
 充代が、見えない手で押されるように、宮里から離れた。
 有里はその充代を見て、宮里と別れると決めたのだと思った。
 宮里を、その妻に返すのだ。
「良かったですね」
 と、有里は宮里へ声をかけ、「じゃ、村上さん、行きましょう」
 有里と村上、そして充代の三人は、泣いている宮里を後に、その場を立ち去ったのだった……。

▶#8-2へつづく
◎第 8 回全文は「小説 野性時代」第206号 2021年1月号でお楽しみいただけます!


「小説 野性時代」第206号 2021年1月号

「小説 野性時代」第206号 2021年1月号


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP