menu
menu

レビュー

【評者:美村里江】不死の神秘を保ちつつ、現実世界に触れていく静謐な主人公『夜に啼く鳥は』

 「不死の人間」は一種究極のファンタジーである。読者をその世界に誘導する方法は多々あるが、本作冒頭の「お伽話風の静かで柔らかな語り」はとても効果的だ。読者は優しい視点を引き継ぎ物語に入っていく。
 ある漁村に流れ着く、何日経っても瑞々しく光り腐らない魚。そこへ異国の赤子が流れ着き、魚の恩恵を受けて成長する。人間らしさを保つ心とは裏腹に、彼女は不思議な力を得ていた。
 この子孫が主人公の御先(みさき)である。齢百数十年だが、見た目は非の打ち所なき美少女。深い怪我もたちどころに治り、人の傷病も治すことができるが、新陳代謝もなく飲食も不要。生きる意味は色褪せてきている。
 そんな彼女がある決心から生き方を変え、小学生や女子高生と出会う。これまで接してこなかった普通の人々に関わっていくうち、両者に変化が……。
 不死というアイデンティティーを乗り越えていく、御先の思春期物語に見えてくる。老成した振る舞いの中に神秘性と初々しさが共存し、応援してしまう主人公。脇役達も魅力的で続編が読みたくなる、大人のお伽噺だ。

ご購入&試し読みはこちら▷千早 茜『夜に啼く鳥は』| KADOKAWA


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊インタビュー 今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』
  • モモコとうさぎ』刊行記念書店員座談会 働くとはどういうこと?
  • イカちゃんクマちゃんのイカ総研
  • 【試し読み】安田峰俊『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』
  • 【特別インタビュー】オリジナルクイズも出題! 東大王・伊沢拓司が選ぶ角川文庫5選
  • 『麒麟児』刊行記念対談 出口治明×冲方丁

カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

営繕かるかや怪異譚 その弐

著者 : 小野 不由美

2

氷獄

著者 : 海堂 尊

3

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

著者 : とどろん

4

鹿の王 水底の橋

著者 : 上橋 菜穂子

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 : 森岡 毅

6

これからの都市ソフト戦略

著者 : 藤後 幸生

8/5 ~ 8/11 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP