menu
menu

レビュー

【評者:美村里江】不死の神秘を保ちつつ、現実世界に触れていく静謐な主人公『夜に啼く鳥は』

 「不死の人間」は一種究極のファンタジーである。読者をその世界に誘導する方法は多々あるが、本作冒頭の「お伽話風の静かで柔らかな語り」はとても効果的だ。読者は優しい視点を引き継ぎ物語に入っていく。
 ある漁村に流れ着く、何日経っても瑞々しく光り腐らない魚。そこへ異国の赤子が流れ着き、魚の恩恵を受けて成長する。人間らしさを保つ心とは裏腹に、彼女は不思議な力を得ていた。
 この子孫が主人公の御先(みさき)である。齢百数十年だが、見た目は非の打ち所なき美少女。深い怪我もたちどころに治り、人の傷病も治すことができるが、新陳代謝もなく飲食も不要。生きる意味は色褪せてきている。
 そんな彼女がある決心から生き方を変え、小学生や女子高生と出会う。これまで接してこなかった普通の人々に関わっていくうち、両者に変化が……。
 不死というアイデンティティーを乗り越えていく、御先の思春期物語に見えてくる。老成した振る舞いの中に神秘性と初々しさが共存し、応援してしまう主人公。脇役達も魅力的で続編が読みたくなる、大人のお伽噺だ。

ご購入&試し読みはこちら▷千早 茜『夜に啼く鳥は』| KADOKAWA


紹介した書籍

紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

小説 野性時代 第203号 2020年10月号

小説野性時代編集部

3

怪と幽 vol.005 2020年9月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 恒川光太郎 著者 近藤史恵 著者 山白朝子 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 波津彬子 著者 押切蓮介 著者 東雅夫

4

昨日星を探した言い訳

著者 河野裕

5

銀閣の人

著者 門井慶喜

6

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

9/7~ 9/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP