menu
menu

レビュー

SFコメディの物語を原案に得て生まれた森見印の「中動態」ラブストーリー『四畳半タイムマシンブルース』

物語は。

これから“来る”のはこんな作品。
物語を愛するすべての読者へブレイク必至の要チェック作をご紹介する、熱烈応援レビュー!

森見登美彦『四畳半タイムマシンブルース』(KADOKAWA)


書影

森見登美彦『四畳半タイムマシンブルース』(KADOKAWA)


 この発想は、天才の所業、と言うほかにない。

 森見登美彦の『四畳半タイムマシンブルース』は、腐れ大学生モノで知られる第二作『四畳半神話大系』の世界観&登場人物はそのままに、物語のフレームを、京都の劇団・ヨーロッパ企画を主宰する上田誠の初期傑作戯曲『サマータイムマシン・ブルース』に総取っ替えした小説だ。上田は『四畳半神話大系』を始め、森見作品のアニメ化の脚本を数多く手掛けている。二人の新たなるタッグに期待していたが……まさか小説サイドから演劇にアプローチする、こんなコラボの形があったなんて!

 京都の夏、大学三年生の「私」は下鴨幽水荘の自室209号室の四畳半で、地獄のような暑さにやられていた。本来この部屋にはクーラーが付いているのに、同学年の小津が昨日リモコンにコーラをこぼしてしまい、クーラーの操作ができなくなってしまったのだ。室内での「私」と小津のどこか噛み合わない会話は、一年後輩で映画サークル「みそぎ」に所属する明石さんや、210号室に暮らす万年学生の樋口さん、スカした先輩の城ヶ崎氏と謎の美女社会人・羽貫さんが加わることで、更なる混沌を増す。この下宿で自主映画を撮影した昨日の思い出話に、「私」にとって身に覚えのないものが混じっていたのだ。そんなおり、一同は廊下の片隅に、「某国民的名作マンガ」に出てきそうなタイムマシンを発見。試運転と議論の末、「私」は昨日へ飛んで、壊れる前のクーラーのリモコンを取ってこよう、と提案する。〈問題は誰が行くかということであった〉。その不吉な一文は、のちの大波乱を予告していた――。

 昨日が変われば、今日も変わる。その結果、今日に生きる私たちは存在しなくなり、全宇宙もまた消滅の危機にさらされる。タイムパラドックスの恐怖に気付いた「私」は、今日と昨日を行ったり来たりして、変わらない日常を手に入れるために奔走する。その様子は、本人的には必死だけれど、外から見ると極めて滑稽。タイムトラベル・チームの人数が増減するたびに、全く異なる局面が現れて、そのメンツならではの会話劇が始まるのも面白い。舞台版から引き継いだ「群像コメディ」が、森見作品のキャラクター性と合わさり、化学反応を起こしている。

 元の小説とも舞台とも異なる、しかし両者を合体させたからこそ現れることとなった最大の変容点は、「私」と明石さんの赤い糸にまつわるエピソードだ。そもそも恋愛とは、能動的な行為なのか、受動的な行為か。哲学者の國分功一郎は、能動態でありつつ受動態である、そんな状態を古代の人々は「中動態」と呼んでいたと指摘し、著書でその意義を掘り下げた(『中動態の世界 意志と責任の考古学』)。恋愛も、そうではないのか。「恋をする」でも「恋に落ちる」でもない、その間の領域にある心の動きによって、人は誰かに惚れるのではないか?

 本作は、森見登美彦がデビュー以来書き継いできた赤い糸の物語は、「中動態」のラブストーリーであったこと――すべての恋愛は「中動態」であること――を、タイムパラドックスが惹起する自由意志の問題と絡め、見事に指し示している。

 天才の所業、です。

» 四畳半タイムマシンブルース』特設サイト

あわせて読みたい

谷川 流『涼宮ハルヒの暴走』(角川文庫)


収録短編「エンドレスエイト」は、残り2週間となった夏休みの物語。女子高校生のハルヒが率いるSOS団の面々は、団長が作成した「夏休みにしなきゃダメなこと」リストを消化して遊びまくる。やがて夏休み最終日が訪れるが、何かがおかしい――。主人公が真実に気付き、その「回数」を知った瞬間、シリーズ最大のホラーな衝撃が発動する。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321806000287/


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

小説 野性時代 第203号 2020年10月号

小説野性時代編集部

3

怪と幽 vol.005 2020年9月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 恒川光太郎 著者 近藤史恵 著者 山白朝子 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 波津彬子 著者 押切蓮介 著者 東雅夫

4

昨日星を探した言い訳

著者 河野裕

5

銀閣の人

著者 門井慶喜

6

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

9/7~ 9/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP