menu
menu

特集

『四畳半タイムマシンブルース』発売記念リレーエッセイ「タイムマシンがあったら」――第1回 森見登美彦

四畳半タイムマシンブルース』の発売を記念して、著者である森見登美彦さんを皮切りに、いま注目の作家たちにエッセイを寄稿していただきました。タイムマシンは99年までの過去・未来に行けるという設定。さて、あなたならいつの時代に行きますか?

 タイムマシンがあったら「セルシー」へ行きたい。
 セルシーというのは、1972年から約半世紀にわたって、大阪・千里ニュータウンで親しまれてきた商業施設である。万博記念公園のそばで暮らしていた幼少期、ときどき親といっしょに出かけたことがある。小さなコンサートが開かれる屋外広場を、くねくねした何層もの廊下が取りかこんでいる不思議な眺めは、レトロフューチャー的というか、メルヘンチックというか、子ども心に忘れがたい印象を残した。残念ながら老朽化のため2019年に閉館してしまったが、たとえば80年代末、バブル期のセルシーへ行くのはどうだろう。屋外広場の人混みにまぎれてチョコミントアイスを舐めながら、子どもの頃の自分とすれちがってみたい。
 私は知らない土地へ旅行するのが苦手だし、新刊書を読むのも苦手である。旅行するなら一度行ったことのある場所へ行きたい。本を読むなら一度読んだものを再読したい。この引っ込み思案で非積極的な性格は、タイムマシンを使うにあたっても遺憾なく発揮される。遠い未来にも太古の昔にも用はない。かつて自分が見ていた世界、今は失われてしまったものに再会したい。
 ここまで書いたところで思いだしたが、万博記念公園の近くに今では珍しい「ドライブ・イン・シアター」があった。一度だけ家族で出かけたことがある。上映中、トイレへ行こうとして車から出ると、あたりはシーンと静まり返っていた。自動車が行儀良く広場にならんで、大きなスクリーンが無音で光り輝いている様子は、なんだか神秘的にさえ感じられた。ちなみに上映作品はアニメ「スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!」と山田洋次監督「キネマの天地」。
 もしもタイムマシンがあったら、日が暮れるまでセルシーで遊んでから、あのドライブ・イン・シアターへ出かけてみたい。

>>第2回 岩井圭也
>>第3回 阿川せんり
>>第4回 深緑野分



» 四畳半タイムマシンブルース』特設サイト

»同じ頃、京都で書かれた2つの作品が融合した理由は? 『四畳半タイムマシンブルース』発売記念対談 森見登美彦(著者)×上田 誠(原案)


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年12月号

11月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

最新号
2020年12月号

11月11日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック

脚本 大島里美

2

生きる力 引き算の縁と足し算の縁

著者 笠井信輔

3

カラ売り屋、日本上陸

著者 黒木亮

4

この本を盗む者は

著者 深緑野分

5

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

6

ハムスター助六の日常 めざせ世界旅行!

著者 GOTTE 原案 わつみ

11/16~ 11/22 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP