menu
menu

コメント



森見登美彦
読者の皆様へ、新作小説『四畳半タイムマシンブルース』をお届けいたします。
森見登美彦の小説『四畳半神話大系』、劇団ヨーロッパ企画の舞台「サマータイムマシン・ブルース」。この二者を合体させればどうなるか、という単純素朴な発想であります。真夏の四畳半アパート「下鴨幽水荘」を舞台に、『四畳半神話大系』の登場人物たちが、突然あらわれたタイムマシンをなんとか有効活用しようとするのですが……。 『四畳半神話大系』、じつに十六年ぶりの続篇(?)となります。
コロナの魔風が巷に吹きすさぶ今日この頃、この古風かつ明朗愉快な小説が、息苦しい自粛生活における一服の清涼剤となれば幸いであります。



上田 誠
たいへんな事態になっている。かつて、森見先生の腐れ大学生小説『四畳半神話大系』をアニメ脚本にしたのが僕なのだけれど、そんな僕が腐れ大学生時代に書いた「サマータイムマシン・ブルース」を原案に、こんどは森見先生が『四畳半タイムマシンブルース』を書いた。捻じれ、入り組んでいるが、内容はさらにであるし、そんな腐れ大学生の夏の二日間が捻じれきったはてに、爽やかな未来の風が吹くのである。



中村佑介
アニメ化からもう十年。ここまで来ると一体どこからが森見さんで、どこからが上田さんで、どこまでが僕の作品かもはやわかりませんが、まさにそんな所せましと入り乱れる四畳半ドンチャン騒ぎが通りまで聞こえたら、ドアの鍵は開けているので、懐かしい顔のあなたもぜひ入ってきてください。相変わらずクーラーはありませんので各自ラムネ持参で。




書籍情報



  • 気ままな連中が“昨日”を改変。世界の存続と、恋の行方は!?

    四畳半タイムマシンブルース

    • 著者 森見登美彦
      原案 上田誠
    • 発売日 2020年07月29日
    • 定価 1,500円+税

    水没したクーラーのリモコンを求めて昨日へGO! タイムトラベラーの自覚に欠ける悪友が勝手に過去を改変して世界は消滅の危機を迎える。そして、ひそかに想いを寄せる彼女がひた隠しにする秘密……。
    森見登美彦の初期代表作のひとつでアニメ版にもファンが多い『四畳半神話大系』。ヨーロッパ企画の代表であり、アニメ版『四畳半神話大系』『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』の脚本を担当した上田誠の舞台作品『サマータイムマシン・ブルース』。互いに信頼をよせる盟友たちの代表作がひとつになった、熱いコラボレーションが実現!

    水没したクーラーのリモコンを求めて昨日へGO! タイムトラベラーの自覚に欠ける悪友が勝手に過去を改変して世界は消滅の危機を迎える。そして、ひそかに想いを寄せる彼女がひた隠しにする秘密……。
    森見登美彦の初期代表作のひとつでアニメ版にもファンが多い『四畳半神話大系』。ヨーロッパ企画の代表であり、アニメ版『四畳半神話大系』『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』の脚本を担当した上田誠の舞台作品『サマータイムマシン・ブルース』。互いに信頼をよせる盟友たちの代表作がひとつになった、熱いコラボレーションが実現!



キャラクター



「私」

京都のとある大学の三回生。おんぼろアパート「下鴨幽水荘」の209号室で無為な青春を送る。後輩の明石さんが気になるも、炎熱の八月にクーラーのリモコンが水没して大ピンチ。


明石さん

「私」の一年後輩。映画サークル「みそぎ」に所属し、ひたすらポンコツ映画を量産する女子。エネルギッシュで負けず嫌いでいい具合にネジが抜けている。


小津

弱者に鞭打ち強者にへつらいわがままで傲慢で怠惰で天の邪鬼で勉強をせず他人の不幸をおかずに飯が喰える同級生。全力で「私」の学生生活を駄目にしようとする。


樋口氏

下鴨幽水荘のヌシとして全住人から微妙な尊敬を集める先輩。「人生の袋小路への危険極まる水先案内人」なれど、明石さんは師匠と仰いでいるらしい。


羽貫さん

近所の医院に勤める歯科衛生士。陽気で気さくな美女だが、樋口氏、城ヶ崎氏とは旧知の仲らしいのできっと只者ではないのだろう。


城ヶ崎氏

映画サークル「みそぎ」のボス。尊大で無神経。出会い頭に敵意を抱いた「私」は全力で彼の足を引っ張ることを画策している。


田村くん

タイムマシンで二十五年後の未来からやってきたモッサリ青年。未来の下鴨幽水荘209号室で暮らしているらしいが、Youは何しに無益な時間旅行を?



8月12日に何かが起こる


COMING SOON!



関連情報



カドブン関連記事



メディア情報


最新情報は『四畳半タイムマシンブルース』公式Twitter(@4andahalf_tmb)でチェック!


プロフィール



【著者】森見登美彦

 もりみ・とみひこ

1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。07年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、10年『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞を受賞。主な著書に『四畳半神話大系』『有頂天家族』『夜行』『熱帯』などがある。


【原案】上田誠

 うえだ・まこと

1979年京都府生まれ。劇作家、演出家、脚本家、構成作家。劇団ヨーロッパ企画代表。「サマータイムマシン・ブルース」は2001年初演、05年に映画化された。18年には続編「サマータイムマシン・ワンスモア」を上演。17年「来てけつかるべき新世界」で岸田國士戯曲賞受賞。森見登美彦原作のアニメ「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」「ペンギン・ハイウェイ」で脚本を担当。



関連書籍



  • 四畳半神話大系

    • 著者 :森見登美彦
    • 発売日 :
    • 定価 :680円+税
  • 夜は短し歩けよ乙女

    • 著者 :森見登美彦
    • 発売日 :
    • 定価 :560円+税
  • ペンギン・ハイウェイ

    • 著者 :森見登美彦
    • 発売日 :
    • 定価 :640円+税

TOP