『お気に召すまま』の初版は、一六二三年のシェイクスピア戯曲全集(フォーリオ版)であり、四折り版(クォート版)での出版がなされなかったため、フォーリオ版(F)のみが底本となる。なお、フォーリオ版には幕場割りはあるが、場所の指定はない。
 一六〇〇年に書籍出版業組合に出版阻止登録(海賊版が出ることを阻止するために権利者がその出版権を主張する登録)がなされており、一五九八年に出版されたフランシス・ミアズの『知恵の宝庫』にこの劇への言及がないことから、一五九九年頃に書かれた作品と推定される。
 三つの円熟喜劇『から騒ぎ』『お気に召すまま』『十二夜』は、この順で連続して書かれたと考えられるが、『から騒ぎ』の道化役ドグベリーは下卑た笑いが得意の道化役者ウィリアム・ケンプに当てて書かれたのに対し、『十二夜』の道化フェステは、ケンプの後継者として一五九九年に宮内大臣一座に入団した道化役者ロバート・アーミンのために書かれたと推察される。
『お気に召すまま』の道化タッチストーンを演じたのがケンプなのかアーミンなのかは、わからない。タッチストーンは、道化フェステをはじめ『終わりよければすべてよし』のラヴァッチ、『リア王』の道化などの賢い道化の系譜に連なるところもある一方、フェステや『リア王』の道化と違って歌を歌わないところを見ると、歌の得意でないケンプの役なのかとも思える。

種本・設定

 本作の種本は、トマス・ロッジ作の牧歌物語『ロザリンド、ユーフューイーズの黄金遺文』(一五九〇)である。三人兄弟の末子で、オーランドーに相当するロサダーという青年が、国王の催したレスリングで勝利して、前国王の娘ロザリンドから首飾りを贈られるが、長兄の不当な扱いに耐えかねて、老僕アダムとともに森へ逃げるという筋も同じなら、ロザリンドが、前国王から王位を奪った現国王の娘アリンダとともに森へ逃れ、そこで青年ロサダーと再会し、男装で正体を隠したまま、恋愛ゲームを行うという筋も同じである。弟を不当に扱ったという理由で長兄も追放されて森へやってきて、そこでライオンに襲われそうになるところを弟に救われて二人が仲直りするのも同じだ。ただし、長兄は、ロザリンドとアリンダが山賊に襲われたところを助けた縁でアリンダと恋に落ちるというドラマがあったのを、シェイクスピアは二人が見つめ合ったとたんに恋に落ちる筋に変えている。アリンダたちの結婚式の日に、ロザリンドは正体を明かしてロサダーと結婚。原作では前国王のために貴族たちが蜂起ほうきして王座を回復するが、シェイクスピアはそこも速い展開にして、突然現国王が悔悛かいしゅんして王座を返還するという話に変えている。
 シェイクスピアはこの劇をロッジの原作同様フランスに設定しているため、アーデンArdenの森というのは「アルデンヌArdenneの森」のつもりかもしれない。ただし、「アーデンの森」とは、シェイクスピアの故郷ウォリックシャー州にある森でもあり、「アーデン」はシェイクスピアの母方の実家の姓でもあるから、設定されている場所がフランスなのかイギリスなのかはっきりしないという二重性がある。
 登場人物の名前でも、ル・ボーというフランス人が登場するかと思いきや、タッチストーン、ウィリアム、オードリーなどどう考えてもイギリスの名前の人たちも出てきて、どの場所に設定されているのかはっきりしない。
 なお、シェイクスピアの喜劇の多く――『ヴェローナの二紳士』『じゃじゃ馬らし』『まちがいの喜劇』『ヴェニスの商人』『から騒ぎ』――がイタリアに設定されていることを考えると、本作がフランスに設定されているのは特殊である。翻訳にあたっては、フランス色をできるだけ活かすように配慮した。
 たとえば、オーランドーやオリヴァーの父親の名前Sir Roland de Boysは英語発音では「サー・ローランド・ドゥ・ボイズ」となり、コヴェントリーの北にあるウェストン・イン・アーデンに住んでいたドゥ・ボイズ家と関係があるのではないかとする説もあるが、これは「サー・ローラン・ドゥ・ボワ」とフランス語読みをすべきと判断した。当時yとiは交換可能であり、Sir Roland de boisつまり「森のサー・ローラン」という意味なのであろう。そうなると、最後に登場する次兄の名前もフランス語読みして、「ジャック・ドゥ・ボワ」と読むべきであろう。Jaquesはフランス語読みでは「ジャック」なのだから。
 ところが、同じ名前を持つ憂鬱の士の方は、韻律の関係上、二音節で発音するようにシェイクスピアが指定しているところがある。そこで、こちらはジャックではなく、十九世紀以来イングランドで多く用いられてきた「ジェイクィズ」と訳すことにした。

書籍

『新訳 お気に召すまま』

シェイクスピア 訳:河合 祥一郎

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2018年08月24日

ネット書店で購入する