解 説――本能全開、されどプロの設計

 
■本物
 大倉崇裕は、本物である。
 本物のマニア、もしくはオタクだ。
 二〇一五年に発表されたインタビュー(「嗜好と文化」毎日新聞)の見出しが「ゴジラと生きて20年」であるところからして、それっぽい。嗜好を語る趣向のインタビューのせいか、作家なのに新刊の話をほとんどせず、プラモデルの話ばかりしていたほどなのだ。ちなみに〝ゴジラと生きて〟というのは、中学の頃にガンダムで始めたプラモデル作りの道において、あれこれ作ってみた結果として怪獣模型に到達し、それから二〇年ということなので念のため。
 少しばかり過去に目を向けてみれば、二〇〇三年に刊行された著書の帯には「オタク道35年の著者がおくる、情熱の書き下ろしミステリー」というコピーがついているくらい本物だ。ちなみに大倉崇裕は一九六八年生まれ。何歳からゴジラと生きてきたか、あるいは、何歳からオタクだったかは引き算で簡単に求められる。筋金入りということが判ろうものだ。
 そんな大倉崇裕が二〇一六年に発表した小説が、オタクの街を舞台とした大活劇小説『GEEKSTER 秋葉原署捜査一係 九重祐子』である。
 GEEKSTERとは、GEEKとHIPSTERから生まれた言葉で、「眼鏡、髪型、服装などにより、わざとオタクっぽく装ったイケメン」という意味の言葉である。「オタク」を意味するGEEKと、「通」とか「新しがり屋」などを意味するHIPSTERを組み合わせて生まれた言葉だ。本書に登場するギークスターは、この言葉の定義よりは少しばかり、骨っぽい。
■秋葉原
 二〇一六年の秋葉原。警視庁秋葉原署副所長である九重祐子(ここのえゆうこ)が、オープンしたばかりの五十二階建ての複合ビル最上階の社長室に、三条晄臣(さんじょうあきおみ)なる男を訪ねる場面で、本書は幕を開ける。二人の間で交わされる短くもヒリヒリとした会話がプロローグで描かれ、そして物語は一気に二〇〇〇年の秋葉原へと(さかのぼ)る。
 二〇〇〇年七月。警視庁秋葉原署刑事課捜査一係に九重祐子は異動してきた。一九九六年に同署交通課に着任してからの活躍が認められ、巡査部長に昇任しての異動であり、抜擢(ばってき)であった。だが、捜査一係の重鎮、三ヶ日(みっかび)警部補は祐子をけっして認めようとしなかった。祐子を〝困っている人たちの訴えを聞き、報告書にまとめる〟任務に就かせたのである。交通課を三年経験しただけの目障りな新米を、体よく現場から追い払ったのだ。結果として祐子は、巡査部長でありつつも、九時五時の勤務で、オタクたちの相談を聞き続けることとなった。
 一週間ほど事件性のない相談を受け続けた日のこと、祐子のもとにやってきたのは、谷本(たにもと)という二十二歳の青年だった。食玩(しょくがん)――食品玩具の略称で、オマケである玩具に主眼が置かれて買い求められることが多い――のイベントに参加するために栃木からやってきた彼は、誰かに尾けられている気がすると訴えた。だが、尾行者の姿は目撃しておらず、気配を感じたというのみ。祐子は何かあったら連絡してくれと谷本を追い返した。その谷本は翌日、栃木で死体となって発見された。殺されたのだ。その(しら)せに居ても立ってもいられなくなった祐子は、夜の秋葉原の街に歩み出す。自らを(おとり)として、谷本殺害犯をおびき出そうというのだ……。
 こんな具合に祐子が足を踏み入れた秋葉原のアンダーグラウンドを、本書は濃密に描いている。谷本の殺害のみならず、連続放火事件や、マニア向けのショップ同士の抗争、自警団が変化したゴロつきたちによる狼藉(ろうぜき)など、秋葉原の危険な顔が、祐子を通じて明らかになっていくのだ。そのそれぞれが、マニアならではのメンタリティ(あるいはマニア心を理解しない外様の無神経さ)をもって語られており、まずはマニアの街ならではの危険として生々しく読者に伝わってくる。
 そんな街に無防備に飛び込んでいった祐子は、当然ながらピンチに陥る。そこに現れるのが、ギークスターだ。フードを被り、革手袋をした長身の男。やたらと喧嘩に強い。そうした現実離れした存在も、大倉崇裕は、見事に秋葉原の街に定着させてみせた。この街のリアルな空気のなかで、非現実的なヒーローが、ごく当たり前のように活躍するのである。ギークスターのアクションそのものも実になめらかでスピーディーで魅力的なのだが、この現実と非現実を渡り歩く著者のバランス感覚は、なお素晴らしい。
 そしてその素晴らしいバランス感覚は、ギークスターを活躍させるにとどまらない。ファイヤー・レイザーやエンプティ・ハンドなどにも命を吹き込むのである(このカタカナ表記の(やから)が何者かは、あえてここでは書かない)。さらに返す刀で秋葉原署の面々にも警官として個性と存在感を与えた。そしてもちろんオタクたちやオタク相手の業者たちにも、それぞれの行動原理を持たせた。これらの人物造形――表も裏も、リアルも非リアルも――のなんと見事なことか。特に、ギークスターの日常に関する造形が素晴らしい。それがあるからこそ、ギークスターは本書において秋葉原のリアルのなかに自然な形で居場所を得られたのだ。
 さて、そんな面々が繰り広げる乱戦のアクションノベルである本書は、ただ闇雲に争う小説ではない。誰が何故このバトルを仕掛けたのか、きちんと計算されているのだ。その計算があるが故に、二〇一六年のプロローグから二〇〇〇年の本篇へと遡り、そこでの死闘を経て最終的に二〇一六年のエピローグへと到達する構成が活きてくるのである。ともすれば大倉崇裕が趣味の世界で好き勝手に書きたいことを書いたように思われかねない要素ばかりが詰まった一冊だが、いやいや、一九九七年に創元推理短編賞の佳作となってから数えれば十九年目に発表した著作であるだけに、しっかりと読者を(たの)しませる設計がなされた小説なのである。

書籍

『GEEKSTER 秋葉原署捜査一係 九重祐子』

大倉 崇裕

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年02月24日

ネット書店で購入する