「小説 野性時代」連載時から大反響を呼んだ作家志望者必読の書『小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』がついに文庫化
作家・大沢在昌が仕事の極意の全てを明かした本書から、文庫化を記念して特別に一部を公開します。全3回で「作家デビューの実際」と「キャラクターの作り方」を特別に試し読み!
>>第1回「作家で食うとはどういうことか」



第2回 強いキャラクターの作り方 1



キャラクターがストーリーを支える


大沢 皆さん、こんにちは。今回は「人物描写」についてお話をしていきたいと思います。
 コメさんから「書いている作品が途中で面白くないと気づいても書き上げるべきか」という質問を受けたとき、面白くないのはキャラクターかストーリーかを見極めることが大切だという話をしました。面白い小説というのは、キャラクターとストーリーが有機的にうまくつながっている作品です。キャラだけが立っていても面白い作品にはならないし、いくら波瀾万丈のストーリーでもキャラがつまらなければやはり面白くない。
 ストーリーを支えるのはキャラクターです。大きな物語を支えるためには、キャラクターがしっかりしていなければならない。
画像
 キャラが三角形のように小さいものだと、上に載るストーリーはグラグラと揺れて倒れてしまうでしょう[図1]。大きいストーリーを載っけたいなら、それを支えられるだけのどっしりとしたキャラクターを作らなければなりません[図2]。では、どうすればそんな優れたキャラクターを作ることができるのか。これが本日の講義のメインテーマです。

数字や固有名詞に頼らず雰囲気を伝えろ


 まず大事なのは、数字や固有名詞に頼らないでその人物を描写することです。「大沢在昌、五十五歳、サラリーマン」というような書き方は絶対にしないこと。これではキャラクターのふくらみに欠けるし、この人物が些細な役なのか重要な役なのかが読者に伝わりません。なぜこのような描写になるかというと、頭でキャラクターを作っているからでしょう。キャラクターを作るときは、できるだけ具体像を思い浮かべてください。では、具体像とはどういうことか? それは「雰囲気」です。
 例えば、皆さんが初めて私と会ったとして、いきなり五十五歳とはわかりませんよね。「中年の男性で年齢は五十代……五十前後かな。サラリーマンっぽくはない。なんだか偉そうにしゃべっているなあ」などの印象を持つかもしれない。そういうところから「雰囲気」は作られていくわけです。ただし、目についたものすべて、紺のジャケットにストライプのシャツを着て、淡いベージュのチノパンを穿いて……とベタベタ書いていっても、その人物を描いたことにはならないということはおわかりだと思います。服装や顔の造作、髪型などは実は大した問題ではない。人物を描くためにもっとも必要なのは、その人物のイメージを明確に喚起させるような言葉を探すことです。
 人物をより具体的にイメージするために、まずは知っている人をモデルにして描いてみることをお勧めします。皆さんの友達、会社の同僚や上司、あるいは好きな俳優でも構いません。ただし、実在の人物の名前は使わないこと。「織田裕二のような」「松嶋菜々子に似た」と書けば、読者はイメージを具体的に思い描けて便利かもしれませんが、それが有名人であればあるほどキャラクターはそのイメージに寄りかかったものになってしまいますし、書き手は単に楽をしただけに過ぎなくなります。作家は楽をしてはいけません。また、実際に名前を出さなくても、「これ、どうみても織田裕二だよね」とバレてしまっては名前を出したのと同じこと。やりすぎは禁物です。人物描写するときに俳優を思い浮かべるのは、あくまでも手段であって目的ではないということです。

書籍

『小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』

大沢 在昌

定価 821円(本体760円+税)

発売日:2019年02月23日

ネット書店で購入する