「小説 野性時代」連載時から大反響を呼んだ作家志望者必読の書『小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』がついに文庫化
作家・大沢在昌が仕事の極意の全てを明かした本書から、文庫化を記念して特別に一部を公開します。全3回で「作家デビューの実際」と「キャラクターの作り方」を試し読み!



第1回 作家で食うとはどういうことか



作家デビューの方法


大沢 どうもはじめまして。大沢在昌です。この講座を通して、私が知る限りのことをできるだけ実践的に伝えたいと思っています。講座を通じて何度も同じことを言うことがあると思いますが、それは非常に重要なこと、「テストに出るよ」ということですので、しっかり意識しておいてください。
 はじめにお話ししたいのは、「作家で食うとはどういうことか」ということです。作家デビューの方法には大まかに言って二通りあります。新人賞を取るか、出版社に原稿を持ち込んで本にしてもらうか。どちらがいいかと言えば、新人賞を取ってデビューするほうが絶対にいい。それも、できるだけ偏差値の高い新人賞を受賞してデビューすることを私はお勧めします。

偏差値の高い新人賞を狙え


 日本には現在、二百以上の小説の新人賞があります。一つの賞に平均三百人として六万人が応募し、その中から二百人がデビューできたとしても、一年後に生き残る作家はおそらく一人か二人。さらにその後、大きな文学賞を取ったりベストセラーを出して世間に認知される作家になるのは、五年か十年に一人でしょう。
 できるだけ偏差値の高い新人賞からデビューすることを目指しましょう。当然競争率は高くなりますが、そこからデビューした新人は、賞を主催する出版社はもちろん、他社の編集者からも注目されますし、授賞式ではたくさんの編集者から「ウチでもぜひ書いてください」と言われます。もっとも、九割は社交辞令ですから、「これで作家として順風満帆だ」などと勘違いしてはいけません(笑)。
 もちろん持ち込みでデビューする人もいます。しかし、持ち込みの作品というのは、何の冠もかみしももつけず、いきなりポンと書店に並ぶわけですから、ほとんど注目されず、もったいないデビューの仕方だと私は思います。
 では、「偏差値の高い」新人賞とは何か。ズバリ言います。ミステリー系なら『江戸川乱歩賞』『日本ホラー小説大賞(現・横溝正史ミステリ&ホラー大賞)』、時代小説なら『松本清張賞』だと私は思います。「偏差値が高い」とは、賞の出身者がデビュー後どれだけ活躍しているかということ、つまり、直木賞受賞者やベストセラー作家を多く出している賞を「偏差値の高い」賞だと私は考えています。
 ただ気をつけていただきたいのは、偏差値の高い賞からデビューしても、全員が将来を約束されるわけではないということです。優れた受賞第一作をすばやく出せなければ、生き残ることは難しいでしょう。

作家の財布事情


 今、日本に小説家は何人くらいいるのか。仮に五百人として、その八割は年収五〇〇万円以下くらい、なかには二〇〇万円以下の人もいます。例えば、皆さんが今、角川書店(現・KADOKAWA)から四六判ハードカバーの長編小説を書き下ろしで出すとします。新人ですから執筆には半年くらいはかかるでしょう。初版部数は四〇〇〇部、定価が一七〇〇円、印税は一〇パーセントとして、皆さんの収入は六八万円になります。半年かけて六八万、コンビニのアルバイトよりも低い金額です。
 最近は、「年収二〇〇万円でも構いません」という新人作家もけっこういますが、私はそれではダメだと思います。作家というのはプロ野球でいえば一軍か二軍、それしかありません。先ほどから言っている「偏差値の高い」新人賞でデビューする人は、ドラフト一位入団で、マイナーな賞ならドラフトの何巡目か、持ち込みデビューはテスト生で入団するようなものでしょう。

書籍

『小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』

大沢 在昌

定価 821円(本体760円+税)

発売日:2019年02月23日

ネット書店で購入する