menu
menu

試し読み

【シリーズ完結!】美人刑事・さくらに与えられたミッションは――? 『怪盗探偵山猫 深紅の虎』刊行記念『怪盗探偵山猫』試し読み#3

さらば、山猫――!?
最強の敵が現代の義賊に襲いかかる。累計90万部の話題シリーズ、堂々完結!

ドラマ化もされ、話題になった「怪盗探偵山猫」シリーズ完結巻、
『怪盗探偵山猫 深紅の虎』がいよいよ刊行。
シリーズ完結を記念し、カドブンでは、シリーズ1冊目の『怪盗探偵山猫』
試し読みを公開します。
希代の名盗賊の活躍をぜひお楽しみください。

>>前話を読む

    2

 勝村は、呼び鈴の音で目覚めた。
 ──ここはどこだ?
 意識が混濁したのは、最初だけで、すぐに住み慣れた六畳一間のアパートであることに気づいた。
 頭に締め付けられるような痛みがあった。
 昨晩、調子に乗って飲みすぎたようだ。山根と二軒目のバーに足を運んだところまでは覚えているが、その先の記憶がない。
 どうにか立ち上がったものの、視界がゆらゆらと揺れていた。
 それが、二日酔いからくるものなのか、うだるような暑さからくるものなのか、勝村には判断できなかった。
 かすように、再びチャイムが鳴らされる。
 勝村は、頭を押さえながら玄関に向かい、ドアを開けた。
 ジーンズにTシャツ姿の若者が、無言でA4サイズの封筒を差し出して来た。
 茶色に染まったボサボサの髪で、客先だというのに、ケンカを売りに来たようなふてぶてしい態度だった。
 だが、勝村にそれを注意するような気概はない。
 無言で荷物を受け取り、伝票にサインをしてドアを閉め、封筒を持ってデスクに座る。
 差出人は、今井の会社になっていた。
 中身は、今井の会社で発行されている月刊誌だった。
 表紙には、手錠でつながれ、現場検証に立ち会う誘拐犯の写真が使われていて、タイトルである〈REAL〉という赤い文字が躍っている。
 通常の週刊誌にあるような、水着で微笑むグラビアアイドルの写真も、お薦めラーメン店の情報もない。
 そのほとんどが、文字と必要資料で埋め尽くされている。
 今井は、この雑誌を刊行するために、大手出版社の編集長という、安定した生活を捨てた。
 会議で決まった、商業ベースに乗るであろうと思われる記事だけを扱う。
 実際の事件を扱ったとしても、売れるように、面白おかしく記事にしなければならない。
 物事の本質は、そうやってじ曲げられていく。
 雑誌は、ジャーナリズムでないことは、今井も充分に分かっていた。
 だが、都合のいい部分だけ切り取って、読者に真実と異なる解釈をさせるという手法に、かんぺき主義者の今井はいきどおっていた。
 自分の信念にそぐわない会社の中で、腐っていくくらいなら、自分のやりたい雑誌を、自分で創る──。
 今井らしい決断といえた。
 勝村は、汗ばんだ手をTシャツでぬぐい、最初のページをめくってみる。
 満開の桜の写真が掲載されていた。
 朽ちた流木のような幹から、大きく二手に枝が分かれている。
「この桜……」
 勝村は、思わず声を上げた。
 そこに写っている桜に、見覚えがあった。日本三大桜の一つで、山梨県にあるやまたかじんだいざくらだ。
 満開の桜が、圧倒的な迫力で迫ってくる。
 勝村は、かつて今井とこの山高神代桜の撮影に行ったことがある。
 今井から、創刊する雑誌の表紙の撮影を手伝って欲しいと頼まれ、休日を利用して足を運んだ。
 勝村は、懐かしさから、その写真を指でなぞった。ざらざらとした感触。特殊な紙を使用しているのだろう。
 ──でも、なぜ今になって、創刊号の表紙と同じ写真を?
 勝村のその疑問の答えは、すぐに見つかった。
 雄大な桜を背景に、白文字で文章が書かれているのが目に留まった。

   誠に残念ながら、本号をもって休刊とさせて頂きます。
   しかし、我々の理念が終わってしまうわけではありません。
   真実は、あなたの目の前にあります──。

 勝村は、奇妙な符合を感じた。
 ──雑誌の休刊と同時に、自分の命まで終えてしまうとは。
 それを思うと、勝村の中に悔しさがこみ上げてくる。
 こぶしを握り締め、あふれ出しそうになる涙を、どうにかこらえた。
 ──今は、ここで悲しみに暮れているときではない。
 勝村は、自分に言い聞かせると、今井から送られてきた雑誌をカバンの中に押し込み、身支度を始めた。
 今井を殺害した、山猫という窃盗犯の真実に迫る。
 勝村は、それが、今井のためにできる唯一の弔いのような気がしていた──。

    3

 さくらの運転する白いカローラは、がや通りから環状七号線に入り、たか方面に向かっていた。
 車内は、キンキンに冷房がきいていて、鳥肌が立つほどだった。
 さくらは、手を伸ばし、冷房のスイッチを切った。だが、すぐに助手席の関本が入れ直す。
 ──冷房を止めてください。
 さくらは、口に出して言ってみようかとも思ったが、止めておいた。
 さっきの会議室でのやり取りで、関本が、どんなタイプの男かは、充分過ぎるほどに理解できた。
 意見などしたら、手痛いしっぺ返しを受けるに違いない。
「お前は、女のくせに、なんで警察官になろうと思った?」
 関本が、腕組みをしながら不機嫌そうに言う。
 まるで、女は警察官になってはいけない、みたいな言い方だ。
「父が、警察官でした」
 さくらは、怒りを抑えながら答えた。
 関本に、軽い気持ちで警察に入ったと思われるのはしやくだった。
「父親のコネか」
 関本は、突っかかるような言い方をした。
「いいえ。父は殉職しました」
「殉職……」
 さくらの言葉を聞き、関本の表情が一変した。
「新宿のマンションに立てもった男に、撃たれたんです。今から、十五年前でした」
 さくらは、感情を込めずにしやべるよう心がけた。
 今でも、霊安室で対面した父の顔が、鮮明に脳裏によみがえってくる。
 父親が、警察官であることは知っていたが、あの瞬間まで、それがどんな意味を持つかも理解していなかった。
 さくらにとって、職業がなんであれ、父親は父親で、ずっと一緒に生活していくものだと思っていた。
 翌日は、一緒にディズニーランドに連れていってくれることになっていた。
 当たり前に繰り返されると思っていた日常は幻想で、危険な綱の上を渡っていたのだ。
「父親が死ぬところを見て、それでも警察官になりたいと思ったのか?」
 関本が、煙草に火をけ、さげすむようにさくらを見た。
「いけませんか?」
 さくらは、怒りを堪えて口にした。
 確かに、警察官は死と隣り合わせの仕事だ。
 さくらの父親は、強盗犯が人質にとった女性を救うために、凶弾に倒れた。
 犯人が許せなかったし、他の警察官が、代わりに死ねば良かったとも思った。ずっと泣きじゃくっていた。
 だが、葬儀の日、ある若い警察官の一言を耳にしたとき、さくらの考えが変わった。
 ──他人のために死ぬなんて、あんたはバカだ。
 若い警察官は、そう口にした。
 さくらは、我を忘れて、その若い警察官につかみかかった。
 ──お父さんは、バカじゃないもん!
 泣きながら、若い警察官をぶった。若い警察官は、周りの人間が、さくらを引きがすまで、されるがままになっていた。
 なぜか、その若い警察官も泣いていた。
 今のさくらなら、その若い警察官の言葉の本当の意味が分かる。だが、当時は分からなかった。
 ──父親のような、誇りある警察官になりたい。
 さくらが、そう願うようになったのは、必然だったのかもしれない。
「あたしも、一ついてもいいですか?」
 さくらは、湿った空気を振り払うように、関本にたずねた。
 関本は、煙を吐き出しながら、ぼんやりと窓の外を見ている。さくらは、返答が無いことを了承と判断して、話を続ける。
「山猫は、どういう男なんです?」
「誰が男と決めた?」
 関本は、舌打ち混じりに言った。
「え、でも……」
「お前みたいな、ぎつねかも知れねぇだろ」
 ──誰が女狐よ!
 さくらは、突っ込みたくなる衝動を、どうにか堪えた。
 関本の言葉には、いちいちトゲがある。女性べつしているのか、あるいはさくら個人を拒絶しているのかは分からなかった。
「関本警部補は、どちらだとお考えですか?」
「男だよ。間違いなく男だ」
 関本は、ぜんとした表情で言った。
 さっきまで、どちらか分からないと言っていたとは思えないほど、関本は自分の考えに自信を持っているようだった。
「なぜ、そう思うんです?」
「奴は、用心深くて頭が切れる。俺たち警察の動きも、計算ずくなんだよ。今、この瞬間にも、俺たちをどこかで監視しているはずだ」
「でも……」
 それは、質問の答えになっていない──。
「女の空っぽの頭では、そこまで考えが回らない」
 さくらの疑問を先読みしたように、関本が言った。
 あきれて、開いた口がふさがらない。
 女性蔑視も、ここまでくると筋金入りだ。
 思春期に女性に相手にされなかったうつぷんを、拒絶というかたちで表現しているかのようだ。
 モテない男のひがみは、周囲に不快感をばらまく。
 聞き流してしまいたいところだが、今の関本の話の中に、引っかかる部分があった。それは──。
「山猫が、監視しているというのは、どういうことです?」
「言葉通りだ」
「何か根拠があるんですか?」
「感じるんだよ。奴を」
 関本が、くちもとに薄ら笑いを浮かべ、ギラギラと目を輝かせ、今にもよだれを垂らしそうな表情を浮かべる。
 まるで、獲物を狙うハイエナのようだ。
「感じるとは?」
「あいつと俺は、宿敵だ。お互いの存在を感じ合う。そういうもんだ」
 得意げに語る関本を、さくらは冷ややかな目で見守った。
 男には、現実に目を向けず、ロマンチックな幻想に想いをせるやからが多いが、関本はその中でも極めつけだ。
「あと、何分で着く?」
 関本が、新しい煙草に火を点け、話題を切り替えた。
「あと五分くらいです」
「五分だな」
 関本は、金メッキの悪趣味な時計に目を向けた。
 どうやら、時間を計るつもりらしい。
 ──ロマンチストで、見栄っ張りで、せっかちで、陰湿。あなたは男の中の男よ。
 さくらは、怒りを奥歯でみしめ、アクセルを踏み込んだ。
 急いだ甲斐かいあって、予定の五分以内に現場に到着することができた。
 エントランスには、黄色いロープが張られ、制服警官が二人見張りとして立っている。昨日ほどではないが、報道陣の姿もちらほら見えた。
 路上に停車させると、関本がさっさと車を降りて歩いていってしまった。
「もう最悪」
 車を降りて、すぐに関本を追おうとしたさくらだったが、不意に視線を感じて立ち止まった。
 辺りに視線を走らせたさくらだったが、自分を注視している人物はいなかった。
 ──気のせいか。
 関本の「山猫が監視している」という言葉に、過敏に反応してしまっただけだろう。
 さくらは、気を取り直してビルに向かった。

〈第4回へつづく〉
ご購入はこちら▶神永学『怪盗探偵山猫』| KADOKAWA



※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
神永学シリーズ特設サイト


紹介した書籍

関連書籍

カドブンノベル

最新号 2019年11月号

10月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

明日の僕に風が吹く

著者 : 乾 ルカ

2

トリガー 上

著者 : 真山 仁

3

ドラフト最下位

著者 : 村瀬 秀信

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

私のことが好きじゃないとかセンスないよね

著者 : あたりめ

6

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編

著者 : 井上 純一

10/7~ 10/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP