menu
menu

試し読み

【シリーズ完結!】事件を追う記者・勝村が迎える絶体絶命のピンチ! 『怪盗探偵山猫 深紅の虎』刊行記念『怪盗探偵山猫』試し読み#4

さらば、山猫――!?
最強の敵が現代の義賊に襲いかかる。累計90万部の話題シリーズ、堂々完結!

ドラマ化もされ、話題になった「怪盗探偵山猫」シリーズ完結巻、
『怪盗探偵山猫 深紅の虎』がいよいよ刊行。
シリーズ完結を記念し、カドブンでは、シリーズ1冊目の『怪盗探偵山猫』
試し読みを公開します。
希代の名盗賊の活躍をぜひお楽しみください。

>>前話を読む

    4

「いい女だねぇ」
 男は、望遠レンズの一眼レフカメラを構えると、車から降りてきた女性のしりにピントを合わせ、シャッターを切る。
 女性の顔に、見覚えがあった。昨晩も見かけた。名前は、さくら──。
 何かを感じたらしいさくらが、一瞬動きを止め、辺りを見回す。
 だが、男は見つからない自信があった。男がいるのは、犯行現場の向かいにあるビルの屋上。
 直線距離で四十メートル以上離れている。
 肉眼で存在を確認するのは不可能だ。
 だが──。
「勘のいい女だ」
 男は、ポケットから板チョコを取りだし、一口かじる。
 暑さで、軟らかくなったチョコの甘さが、口いっぱいに広がっていく。
「うん、マズイ」
 男は、ぼやきながらも、カメラのレンズを事件が起きたビルの七階の窓に向ける。
 数人の鑑識の人間が、犯人のこんせきを発見しようと、いつくばるようにして動き回っている。
 しばらくして、現場に中年の男が入ってきた。こちらも、見覚えのある人物。
「どうする? 関本警部補」
 男は、カメラのレンズ越しに見える関本に語りかけて、微笑んだ。
〈この事務所のセキュリティーは?〉
 耳に差したイヤホンから、その関本の声が聞こえてくる。
〈入り口のドアだけです〉
 あとから入ってきたさくらの声が、それに応じた。
〈盗まれたものは?〉
〈調査中です。ただ……〉
 さくらが、言いよどんだ。
〈なんだ?〉
〈この会社は、廃業届を提出していたそうです〉
 さくらの言葉を聞き、関本が押し黙った。
 しばらく、無言のまま事務所の中を歩き回っていた関本が、不意に足を止める。
〈金庫は、犯行当時のままか?〉
〈はい〉
 さくらが答える。
 男は、カメラを金庫に向け、最大限までズームアップした。
 五十センチ四方の、自立型耐火金庫で、ピンシリンダー式のかぎと、テンキーでの暗証番号の入力が必要なタイプだ。
 鍵穴の部分は、ドリルのようなもので壊された形跡があった。テンキーのパネルも、破壊されている。
「素人だな……」
 男は、つぶやいた。
 プロの犯行であれば、あの程度の金庫なら、十五分もあれば形跡を残さずに開けることが可能だ。
〈あの……〉
 別の男が、会話に割り込んできた。
 男は、カメラを向けて確認する。鑑識作業を行っていた捜査官だった。
〈なんだ?〉
 関本が、不機嫌に応じる。
〈まだ、確認中ですが、パソコンのデータが全部消えてるんですよ〉
〈データだと?〉
 関本が、驚きの声を上げた。
 男も、それに同感だった。何かの意図があって、データを消したと考えるのが妥当だ。状況から考えて、それは被害者の今井によるものではないだろう。
 それから、細かい情報を幾つか確認したあと、関本とさくらは事務所を出ていった。男は、それを確認してから携帯電話を取り出す。
 一回目のコール音が鳴り終わる前に、相手の女が電話に出た。
〈もしもし〉
「状況はどうだ?」
〈予想通りよ。女がいたわ。あとで詳細をメールしておく〉
 電話に出た女が、簡潔に答える。
「頼む」
〈そっちの調子はどう?〉
「今のところ、想定内だ。関本が放っておいても、情報を流してくれるからな」
〈バカな男ね〉
 女が、声を上げて笑った。
 男も同感だった。真実を知ったとき、関本がどんな顔をするのか──男は、それを想像してかすかに微笑んだ。
「一つ、頼みがある」
 男は、間を置いてから切り出した。
〈なに?〉
「盗聴器と発信機を、幾つか用意して欲しい」
〈在庫はあるけど、数にもよるわよ〉
「取りえず、五つくらいあればいい」
〈それなら、すぐに手配できるわ。あとで、店に寄って〉
「分かった」
〈鼻の調子はどう?〉
「悪くない」
〈結構、お金かかってるんだから、大切に扱ってよ〉
「分かってる」
 男は電話を切ると、荷物を片付け、屋上をあとにした。

    5

 アパートを出た勝村が、最初に向かったのは、犯行現場のビルだった。
 昨晩は、混乱していて、じっくり観察することができなかったので、改めて自分なりに現場検証をしようと考えていた。
 ビルのエントランス前には、昨晩と同じように黄色い立入禁止のロープが張られていた。
 他のフロアに用事があるふりをして、ビルの中に侵入しようと思っていたが、制服警官二人が見張りをしていて、侵入は難しそうだ。
 だが、このまま何もせずに帰るのでは、あまりに無意味過ぎる。せめて、犯行現場である事務所を見ておきたい。
 ──裏口に回ってみよう。
 勝村は、ビルの前を通り過ぎ、ぐるっと路地を回ってビルの裏手に足を運んだ。
 鉄製のドアが見えた。〈夜間通用口〉というプレートが貼ってある。
 ──あそこから入れるかも。
 歩みを進めた勝村だったが、急にドアが開き、中から制服警官が出てきた。
 勝村は、電柱に身体を滑り込ませるようにして身を隠した。
 心臓がバクバクと音を立てて脈動する。
 ──危ない。
 警察官が、正面のエントランスだけ見張っているというのは、浅はかな考えだった。裏口にいても当然だ。
 電柱から顔を出し様子をうかがい、制服警官が歩き去るのを待った。
 外に出た制服警官は、無線で何やらやり取りをしたあと、正面の方に向かって走っていった。
 ──今がチャンス。
 視線を走らせると、換気用の小窓が開いているのが目についた。
 おそらくトイレの窓だろう。あそこから侵入することができるかもしれない。
 勝村は、意を決し、身体をかがめるようにしながら、小走りで窓のところまで駆け寄り、壁に背中をつけながら、中の様子をうかがった。
 ──誰もいない。
 勝村は、窓の中に顔を突っ込み、窓枠に手を置くと、そのまま身体を持ち上げ、侵入を試みる。
 だが、肩にかけていたカバンが引っかかり、思うように侵入できない。
「クソっ!」
 勝村は、一度身体を窓から出し、先にカバンを中に放り込んだあと、もう一度同じ要領で窓からの侵入を試みる。
 ──今度は、うまくいった。
 一息つき、カバンを肩にかけたところで、トイレの扉が開いた。
 ──しまった!
 入って来たのは、運悪く制服警官だった。
 あまりに突然のことに、勝村は静止ボタンを押されたように、ピタリと動きを止めた。制服警官の方も驚いたようで、しばらくお互いに見合うかっこうになった。
「こ、ここで、何してる」
 制服警官が、声を上げた。
「あ、いや……その、ぼくは……」
 いまだ戸惑っている勝村に対し、制服警官は冷静さを取り戻し、腰のホルスターに差さった警棒を抜きながら、じりじりと歩み寄ってくる。
「質問に答えなさい」
「いえ、で、ですから……」
 極度の緊張で、冷静な判断力を失った勝村は、制服警官にくるりと背中を向け、窓から外に逃げようとした。
 だが、それは最悪の選択といえた。
「待て!」
 叫び声とともに、制服警官は勝村に飛びかかり、窓から引きがした。
「ち、違うんです!」
「大人しくしろ!」
 制服警官は、抵抗する勝村を一喝すると、手を後ろに回し、そのままトイレから引きり出した。
 騒ぎを聞きつけ、他の警官たちも集まってきた。
「ち、違うんです。ぼくは、雑誌記者で取材しようと思って……」
 必死に弁解するが、時すでに遅しだ。
 警官たちは、完全に勝村を犯人扱いしていた。
「噓をつくな。逃げようとしただろ」
「いや、だから、あれは……」
「詳しい話は、署で聞かせてもらう」
 警官は、ついに勝村に手錠をかけた。
 手首に感じる冷たい感触に、絶望的な気分になってくる。
「何があったの?」
 声を上げながら走ってくる、女性の姿が見えた。それは、勝村にとって救いの女神だった。
「さ、さくら先輩……」
「勝村! こんなとこで、何やってんの?」
 勝村が、懇願するように視線を向けると、さくらが、目を丸くして声を上げた。
「ちょっと事情がありまして……」
 勝村は、ほっと息をつきながら言った──。

〈第5回へつづく〉
ご購入はこちら▶神永学『怪盗探偵山猫』| KADOKAWA



※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
神永学シリーズ特設サイト


紹介した書籍

関連書籍

カドブンノベル

最新号 2019年12月号

11月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

著者 : 加藤 文元

2

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

著者 : 夏川 草介

3

力をぬいて

著者 : 銀色 夏生

4

論理仕掛けの奇談 有栖川有栖解説集

著者 : 有栖川 有栖

5

荒城に白百合ありて

著者 : 須賀 しのぶ

6

倒れるときは前のめり ふたたび

著者 : 有川 ひろ

11/25~ 12/1 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP