menu
menu

試し読み

芝居小屋に乗り込んだ志乃の前に、役者の夫が現れる。【 蝉谷めぐ実『おんなの女房』試し読み#19】

デビュー作『化け者心中』で文学賞三冠達成!
最注目の気鋭が描く、いびつな夫婦の恋物語。

デビュー作『化け者心中』で小説野性時代新人賞、日本歴史時代作家協会賞新人賞、中山義秀文学賞を受賞。いま最も注目を集める歴史時代作家小説家・蝉谷めぐ実の第2作おんなの女房は1月28日に発売されました。
歌舞伎を知らぬ女房と、女より美しい“女形”の夫。やがて惹かれ合う夫婦を描くエモーショナルな時代小説を、まずは試し読みからお楽しみください。



『おんなの女房』試し読み#19

「これでもまだ、しらばっくれる気かい!」
 怒り狂うお富を寿太郎がなだめ、どうやら志乃のお役目は終わったようだ。ふと気付いて、まわりを見回すと、遠巻きの役者たちは随分とあきれたような表情をしている。中でもおなの格好をしている女形たちは、男姿の役者らの後ろに身を隠し、くすくすと笑い声を上げている。志乃は一寸のうちに顔が赤く染まるのが己でわかった。
 男が演じる女子はそっと身を引きけなに男の陰に隠れ、片やうつつの女子は稽古場に乗り込み癇癪を起こして地団駄を踏む。
 どう考えても女形こそが女としての理想の姿で、現の女ははしたなくって醜い。志乃はお富のそばにいるのがなんとも恥ずかしくなってくる。だが、暴れ回る現の女には女形の姿など一切目に入らないらしい。廊下に転がっていたかきぬきを拾い上げ、寿太郎に投げつけようとする。そのお富の手首を、ぐっとつかむ手があった。
「危ないねえ。俺たちのお姫さん方のお顔に傷でもついたらどうしてくれるんです」
 りんしゃんとした声音だった。お富の手を静かに、それでもきっちりと捻り上げると、書抜を取り上げ寿太郎に預ける。その仕草は声に負けず劣らず、しようの葉を一本挿したような涼やかさがある。
「癇癪玉はぐっと押さえ込んでいただかねえと、お富さん。あなたも役者の女房なんですから、舞台の上の女子を見て勉強なすってはいかがです」
 厳しい言葉に志乃は思わずお富の様子をうかがったが、お富はそっぽを向いている。すると男は廊下の端で身を隠している一人の女形の手を取った。
「そうだよ、ねえきよひめ
 言いながら、男は女形の顔をのぞき込み、それからくすりと笑みをこぼした。
「何だい、今日もご機嫌が斜めってわけかい」
 女形は男の手を振り払い、まっすぐに志乃に向かってくる。その姿を見るのは数日振りで。
 そうね、と志乃は目を瞑る。そうよね、いらっしゃるはずだわよね。小屋に入る前に一度あっとは思ったけれど、目の前に鼠木戸が開いていれば、くぐらずにはいられなかった。
 縮こまり、こうべを垂れている志乃の脳天に耳馴染みのある声が落とされる。
「よくもまあ、こんなところにのこのこと顔を出せたものですね」
 今日の燕弥の役の漬けが甘いのは、せめてもの救い。燕弥が夏芝居で割り当てられた役は殊更性格がきついのだ。
「女形の女房は、その存在を知られてはいけないものだと散々そのお粗末な耳に言って聞かせたはずですけれど」
 立役に、嫁をめとったのかと聞かれれば、女形はぽっと頰を赤らめなければいけないものだとも聞いている。女形は女房がいることを世間からひた隠しにしなければいけないから、志乃、お前、そこのところはようく頭に刻み込んでおくんだよ。燕弥は何度も志乃にそう言い聞かせていた。
 だからもう、志乃は出来るだけ体を小さくすることしかできない。だが、そんな燕弥に男はなんでもないように話しかける。
「そいつはあんまりだ。芝居のことを何も知らない素人とうしろうさんだろう。皆の前でいじめちゃ可哀想だよ」
 男が出してくれる助け舟も菖蒲の葉で作ったかのように涼やかだ。燕弥は男をめ上げる。
「ご迷惑をおかけしたことは頭を下げますがね、さん。これはお前様には係りのないお話でござんすよ」
「あれまあ、つれないじゃないか。お前のいとおしい坊主にそんな言い方」
「今、立っているこの板がひのきでないことぐらい、お前様のあしならようくご存知のはず」
「檜舞台の上と現じゃ違うってことかい。なんだい今日はついてない。もっと役に漬かっている日であれば、耳をぽっと赤くしてくれるのにね」
「またそうやって噓をつきなさる。その出まかせのせいでわたしに鐘の中で焼き殺されることを、覚えていらっしゃらない?」
「お。それじゃあ、お前は蛇になって俺を追っかけてくれるんだね」
「仁左次さん。てんごうがすぎますよ」
「そんな恐ろしい顔でにらむんじゃないよ。女形ならもうちっとしおしおしくてもいいんだぜ。清姫が板につかねえ、助けてくれって泣きついてきたら、考えてやらんでもないんだからさ」
「あら、仁左次さんだって川渡りに随分手こずっているご様子で。あれじゃあ、すぐに川で追いついて、お前様を頭からざんぶりってしまえます」
「こいつぁ面目がない」
 目の前でぽんぽんと交わされる言葉の応酬に、志乃は目を丸くする。怒り狂っていたはずの燕弥の顔のこわばりは少しずつ解け、言葉尻には時々、ふっと息を漏らしたような笑みが挟まれる。声音もどんどん柔らかくなっていて、まるで、燕弥が男から女に戻っているようで。あれ、と志乃は己の胸のあたりをでた。つきりと針を差し込むような痛みは思い違いか。あんなにも志乃を憎々しげに見ていた目は、仁左次と燕弥が呼ぶ男にだけ注がれている。
「清姫様のお眼鏡にかなわなきゃならないからね、もうちっと稽古、させておくれな」
 その声を皮切りに、尻っ端折ぱしよりをした男たちが段梯子を上ってきた。あれが場内のけんを押さえる役目のとめたち、と志乃がぱちりとやる間に、お富は手足を振り回すなく、階下へ押しやられていく。志乃は逃げるようにして留場たちの背を追う。
「この舞台にもはくが付いたじゃないか」涼やかな声が後ろに聞こえる。
「清姫の舞台に、堺町の清姫がご登場なんてさ」
 それに、と差し込まれた声は、涼やかというより冷たくて痛い。
「燕弥の女房殿に御目通りかなってよかったぜ」

(この続きは本書でお楽しみください)

作品紹介・あらすじ



おんなの女房
著者 蝉谷 めぐ実
定価: 1,815円(本体1,650円+税)
発売日:2022年01月28日

『化け者心中』で文学賞三冠。新鋭が綴る、エモーショナルな時代小説。
ときは文政、ところは江戸。武家の娘・志乃は、歌舞伎を知らないままに役者のもとへ嫁ぐ。夫となった喜多村燕弥は、江戸三座のひとつ、森田座で評判の女形。家でも女としてふるまう、女よりも美しい燕弥を前に、志乃は尻を落ち着ける場所がわからない。
私はなぜこの人に求められたのか――。
芝居にすべてを注ぐ燕弥の隣で、志乃はわが身の、そして燕弥との生き方に思いをめぐらす。
女房とは、女とは、己とはいったい何なのか。
いびつな夫婦の、唯一無二の恋物語が幕を開ける。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322102000165/
amazonページはこちら



紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年6月号

5月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

夜は猫といっしょ 3

著者 キュルZ

2

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

3

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

4

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

5

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

6

夜は猫といっしょ 1

著者 キュルZ

2022年5月8日 - 5月15日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP