menu
menu

試し読み

【板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真ら出演】映画公開記念・原作小説試し読み『初恋ロスタイム -First Time-』第6回

9月20日(金)ロードショー、映画『初恋ロスタイム』。
映画の公開を記念して、原作小説の冒頭約70ページを7日連続で大公開!

時が止まった世界で、最初で最後の恋をした――。
ロスタイムの秘密が明らかになったとき、奇跡が起こる。

>>前話を読む

「わかった。ちょっと哲学的かもしれないけど……いま僕らが存在しているこの空間は、一種の並行世界なんじゃないかと思うんだ」
「並行世界?」
 すぐに彼女は興味を引かれたようだ。
「どういうこと?」
「例えば時間という概念が、そもそも無数の並行世界の連続だとしたら──一秒前の世界と一秒後の世界、それらが積み重なって作られた構造体だと仮定すれば、復元という事象も説明できるんだ」
「あーなるほどね」彼女はぽんと手を叩いた。「その並行世界の一層に、わたしたちはとどまってるというわけか」
「うん。アニメーションの原理と同じだよ。アニメも結局、静止画の連続が映像を作っているわけだけど、その内の一コマに僕らはいるわけだ。だからそれをどのように描き換えようと、次のコマに移れば全てが元通りになる」
「ふうむ。でもその場合、わたしたちの肉体はどうなるのかしら。この世界で体に傷を負ったとして、元の世界に戻ったら……」
「わからないけど、雨に濡れた程度なら元に戻るのは実験済みだよ」
「話が早いわね。でも記憶は? 記憶は存続しているわよね」
「そうだね。僕らは停止世界での記憶を保持してる。だけどいまのところ、記憶以外の例外は見つかってない」
「不思議ね。記憶だって脳細胞の物理現象には違いないのに……。例外とそうでないものの線引きをしているのは何なのかしら」
 彼女は口元に手を当てて考え込んだ。苦し紛れに捻り出した理論にしては、意外と好評の様子だった。
「考えれば考えるほど疑問が増えていく感じね。一歩理解を進めたと思ったら、それ以上に真実が遠ざかっているような」
「そういうときって大体、前提条件が間違ってるんだよ」
「あーわかるわかる。数学の証明問題で、何か収拾がつかなくなっちゃうやつ」
「はは、よくあるよね、それ」
 無邪気な笑みを浮かべる彼女につられ、こちらも笑ってしまった。
 その裏側で、時空論議はこの程度が限界かなと思う。どんなに小難しい理屈を口にはしても、僕らはしよせん、一〇代の子供にすぎないからだ。
 時間停止現象の解明なんてできっこないし、やるべきではない。真相究明はその道の専門家か、SFマニアに任せておけばいいのだ。
 いまの僕らに出せる答えは、せいぜいこの現象を何に利用するかということぐらいだろう。この世界で何をすか、一番大事なのはそれである。
 でも、もしかすると僕は既に、その解答に辿り着いたのかもしれないと思った。
 時間停止を巡る話題が、彼女との対話を成立させてくれたからだ。
 いつの間にか僕らは、普通に言葉を交わせるようになっていた。初対面時のかたくなな印象は、もう彼女のどこにも感じられない。話してみれば意外にフランクで、表情豊かでおもしろい子みたいだ。
 もしかするとこの子ならば、時間停止中以外でも僕と話してくれるかもしれない。そんな期待に胸をときめかせていると、
「──ねえ、相葉くん」
 彼女がぽつりと名前を呼んで、こちらを見た。
 ふと我に返ると、僕らは大きな交差点の手前で、変わらない信号機を前に立ち止まっていた。
「あのさ……。さっきわたしたち、横断歩道の前を通り過ぎたよね」
「え? うん。そうだね」
 何げなく振り向いた先には、確かに横断歩道があった。
 歩道信号の色は青。十数人の幼稚園児たちが列をなして、集団で横断しようとしているところだった。
 見ればどの子もばゆいほどの笑みを浮かべて、空に向けて大きく口を開けている。何か歌でも歌っているのだろうか。
 そして白線の両端には、旗を持つ保育士さんの姿もあった。
「……で、あそこなんだけどさ、トラックがこちらへ向かってるよね」
「ん……? 本当だ」
 彼女に言われて再び進行方向に目を向けると、距離にしておよそ五〇メートル先に、見覚えのある宅配業者のトラックがたたずんでいた。
「実はわたし、かなり視力はいい方なんだけどね」
 双眼鏡のように手を丸め、中をのぞむようにする。
 それから彼女は、何故かおどけた口調になって、
「気のせいならいいんだけど、あの運転手──」
「? 運転手がどうかした?」
「いや、もしかして……。寝てるんじゃない?」

 トラックに近づけば近づくほど、いやな予感がふくがっていく。
 やがてはっきりと見えてきた。フロントガラスの向こう側には、ハンドルに手をかけたまま顔を伏せたドライバーの姿がある。彼は午後の陽気に抱かれるようにして、シートに深く沈み込んでいた。
「でも本当に寝ているかどうかは……瞬間的に眼を閉じてるだけかも」
 そう僕が口にするやいなや、
「完全に寝てるわよ! 口元からよだれれてるでしょ!」
 はじかれたように彼女は駆けていき、運転席側のドアを両手で引っ張って開け、車内に乗り込むなりドライバーの肩を揺すりはじめた。
「ねえっ! ちょっと聞こえますか! 起きてください!」
 耳元で叫んだり、えりくびを摑んで引き起こそうとするが、運転手の反応はない。
 当然だろう。この停止世界の中では、彼が目を覚ますことは絶対に有り得ないのである。
「何で……。何で起きないのよっ!」
 しようそうにかられた声を上げながらそれでもあきらめず、彼女はいろいろな手段を試そうとする。ドライバーの手をハンドルから離させようとしたり、エンジンキーを無理矢理に引き抜こうとしてみたり……。
 はたから見れば完全に冷静さを失っていた。だがそれも致し方ないことだろう。
 宅配トラックから横断歩道まではおよそ五〇メートル。速度によってはものの数秒で到達する距離だ。
 もしもこのままトラックが直進すれば──そこに待つのは幼稚園児の列だ。自然と大惨事の光景が頭に浮かんでくる。
「……速度計は?」
 とわきからたずねてみた。
「いま、時速は何キロ?」
「ちょっと待って!」彼女は息を乱して答えた。「えっと……これかしら。二〇の少し上くらいを針が差してるけど」
 なら幸い、スピードは速くない。
 状況から考えるに、ドライバーが眠りに落ちたあと、足から力が抜けてアクセルを緩めたのだろう。
 仮に時速が二〇キロだとすれば、秒速は五・五メートル。トラックが横断歩道に差しかかるまで、およそ九秒……。
 たった九秒しかない。
 横断歩道の両端にいる保育士がトラックに気付き、園児を退たいさせる時間としては、少し短いかもしれない。
 いや短すぎる。
「ね、ねえ……。これ、どうすればいいの?」
 そうはくな顔をして、声を震わせながら彼女が訊ねてきた。
 しかし僕には答えられない。有効な手段など何も思いつかないからだ。
「……ねえ、ブレーキはどこ?」
 黙っていると、彼女は再び訊ねてきた。どうやら何もせずにはいられないようだ。
「教えて。どっちのペダル?」
「左」
 目を伏せて答えると、彼女はすぐに運転席の下にもぐんだ。
 衣服が汚れるのもいとわず、こんしんの力でブレーキを両手で押し込んだり、蹴りつけたりしているが……その行為に意味はない。むだばなに終わる。
 さきほど僕らが話し合った通りだ。停止世界の中で何をしようとも、時間が動き出した瞬間に全てはリセットされてしまう。
 だからブレーキにもサイドブレーキにも意味はない。じゆくすいちゆうのドライバーを乗せたままこのトラックは走り出し、横断歩道上の園児たちを、ボウリングのピンみたいにばしてしまうだろう。
 その結果を想像してしまえば、彼女のきようそうも理解できる。無駄と知りつつこうとする姿勢もけなげで、とても素敵だと思う。
 そりゃ僕だって気持ちは同じだ。見知らぬ子供の命だとしても、失われて構わないとは思わない。できることなら助けたい。
 けれど恐らく、残された時間も決して多くはないだろう。
 時間が停止してから、そろそろ一時間が経つ。このままタイムリミットが訪れれば、僕らは強制的に各々の教室に引き戻されてしまう。そこから大事故が発生するまで、わずか九秒。
 九秒では何もできない。できるはずがない。
 残酷な結論だが、それがリアルだ。
 奥歯を嚙みしめ、顔をしかめていると、黒いすすのようなていねんが視界に降り積もってきた。目の前の光景がぼやけて遠ざかっていくようだ。
 しかし彼女は違った。その理知的な顔立ちを感情のままにこうちようさせ、黒髪を振り乱しながら必死になってあらがっていた。目前に迫ったせいさんな運命に。
「止まれ、止まれ、止まれ……っ」
 どうして諦めないのだろう。
 不思議だった。でもそんな彼女を、何故かいままでで一番美しいと感じた。
 やがて幻影さえ見えてきた。己が傷つくことをも厭わず、まみれで進軍の旗を掲げるジャンヌ・ダルク──
 彼女の小さな背中に、決して折れない意志の輝きを見た。だからだろう。ちぢがっていた僕の体も、ひとりでに動いてしまったのだ。
「ちょっとどいて」
 脳裏に走ったかすかなひらめきに、僕は全てをけることにした。運転席へと身を乗り出して、彼女の肩に手をかけて強く引く。
「何……? 何か考えがあるの?」
 すがるような目をする彼女に、
「説明してる時間がもったいない。とにかく降りて」
「……わかった」
 ぜんとして言うと、彼女はすぐに引き下がった。既に全ての手立てをやりつくしていたのだろう。ろうこんぱいの様子だった。
 かくして最後の希望は、この手にゆだねられた。
 正直に言えば、僕の思いつきが運命を塗り替える可能性は、限りなくゼロに近い。でも最後の一手を引き受けることによって、彼女の精神的な負担が軽くなるかもしれないと思った。それだけでもやる価値はある。
 僕は土足のまま、幸せそうに目を閉じたドライバーの膝に上っていく。
 宅配トラックの天井は高く、運転席もかなり広く感じた。さらに、助手席側のドアからも配達に出られるようにするためだろう、そちらの座席は折り畳まれて前方に寄せられており、ダッシュボードの前には大きな空間が開いていた。
 おあつらえ向きだ。僕はそこへ降り立ち、注意深く車内を検分していく。
 すると間もなく、運転席脇のラックの中に、小さな書類ケースが収められているのが見えた。他にそれらしいものはない。ならば目当てのアレは、きっとそこに入っているに違いない。
 すぐさま書類ケースを抜き取り、ふたを開けて中身をその場にぶちまけた。宅配業者なら当然持っているはずのものを、腰を落として手早く探していく。
「……あった!」
 興奮に声を上げつつ、ようやく見つけたその紙面に目をすべらせた瞬間──
 かちり、とどこかで針の動く音がして、無情にも時は動き出した。

〈第7回につづく〉

ご購入はこちら▷仁科裕貴『初恋ロスタイム -First Time-』| KADOKAWA



※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。


映画「初恋ロスタイム」
2019 年 9 月 20 日(金)公開
出演:板垣端生 吉柳咲良 石橋杏奈 甲本雅裕 竹内涼真
主題歌:緑黄色社会「想い人」
監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
https://hatsukoi.jp/
©2019「初恋ロスタイム」製作委員会


紹介した書籍

関連書籍

カドブンノベル

最新号 2019年11月号

10月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

明日の僕に風が吹く

著者 : 乾 ルカ

2

トリガー 上

著者 : 真山 仁

3

ドラフト最下位

著者 : 村瀬 秀信

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

私のことが好きじゃないとかセンスないよね

著者 : あたりめ

6

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編

著者 : 井上 純一

10/7~ 10/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP