menu
menu

試し読み

漢字は日本全国共通と思ったら大間違い! 笹原宏之『方言漢字』(角川ソフィア文庫)試し読み

話し言葉に「方言」があるように、漢字にも「地域漢字」や「地域音訓」が存在します。
中国で生まれた漢字が、起伏に富んだ日本列島の地形や風土をどのように表現してきたのか、豊富な事例で解説する『方言漢字』から、本文の一部を公開します。

「都」に流行るもの

 京都での会合の前に、市内を散策してみる。どこか空気にピンと張ったようなところがある。屋根瓦の重そうな鰻の寝床が建ち並ぶ。そして、さすが千年のみやこ、「都」という漢字がどこにでも書かれている。東京からの新幹線の車内で座席を立とうとする時点で、電光掲示板に次の停車駅は「京都」と表示が出る。ドット文字ながら明朝体風であり、やはり日本を代表する車両に出るその地名にふさわしく惚れ惚れするような見事なバランスに仕上がっていた。
 前から京都を歩くたびに、気になっていることの一つが、その「都」という漢字の姿だ。それは、「東京」は昔、「東亰」と書かれ、京風を嫌ってトウケイと読まれたという通説とは関係がなく、「都」に点のあるいわゆる旧字体の「都」かどうかということでもない。
「都」の気に掛かる姿とは、「都」の「者」の部分の「ノ」の起筆位置の低さである。このたびは2時間くらいの間に、10種類以上の品で、その字体とかいこうした。それは街中の看板や自動車のナンバープレート、はては路上の目印に至るまで溢れかえっていた。同じ看板屋が手掛けたなどという単純な結果でないことは、作製年代や場所などのほか書風からも一目瞭然であろう。隷書、行書、楷書、さらに各種のデザイン書体、ロゴマークと多彩だ(写真)。この字体を目にする頻度は、首都とされる東京都内を歩くときに比しても明らかに高い。また、「那覇」の時と違って別に探そうと思ったわけではないが、上下、左右、ときには前後から自然に目に入ってくる。



 この「都」の字体は他の地域でも全く見ないわけではない。日本道路公団が高速道路での可読性を高めるためとして使用した案内標識用の書体にも、同一あるいはよく似たもの(「土」の部分の「丨」がそのまま下に伸びて左にはらうようにも見える)があり、京都市内でもその書体を見掛けた。ただ、京都では、その類の字体の公私を問わない使用媒体での出現数の多さと、この字体の使用の割合が高いと考えられる点から、一種の「地域文字」として位置付けることも可能ではないかと考えている。この字体の使用状況について理由を考えてみたい。
「都」は、常用漢字であり、かつ教育漢字でもあるため、日本中でこの字体をしっかりと習う。「者」は「土」にある下の「亠」のような部分の右寄りの箇所に「ノ」が長く交差するという、やや珍しい形態を備える。「ナ」に近いともいえるが、「ノ」の起筆は微妙な位置から始まり、しかも長く伸びる。このような「ノ」は一般に書きにくい。それを書きやすくしようとした結果、書体によっては、「者」の「ノ」が「一」を挟んで切れて、水面を貫く光線のように、



と右と左とで離れる、そんな極端な例も見受けられる。
 さらに「おおざと」のせいで狭くなる。そうした字体の特性から、この字をよく書く人々は、少しでも省力化を目指す。実は中国でも伝統的な隷書や楷書、とくに行書に、写真と同様の「都」の字体が使われていた。字体を簡易化しようと図ってこの形が筆記で生じ、あるいは歴史的な書写体から選ばれ、日常的によく用いる京都の人々の間で継承されたのではないか。
 この字体であれば、点画が比較的込み入らず、見やすいという利点もある。そういうことからこの字を書く、デザインすることがまた個々に行われる。それらの経済性と古雅な字体への審美眼、可読性の追求が発端となり相って、この字体は使用が重ねられ、地域の人々の目にもれ、それを見た住民がまた模倣するという影響の循環こそが、この字体が京都で多く呈される要因ではないか。
「京都」以外の文字列でもやはりそうなっていた。サッと書かれた字の写真は、和装ショップ「 えん」である。
 この「都」と同様の現象は実は各地に観察できる。例を挙げると、神奈川県では、「奈」の「大」の部分が「ス」と続けて手書きされることが多い(奈良県では1字めであるためか見かけない)。また3字めの「川」も「ツ」のように書かれがちだ。埼玉県でも「埼」の「大」が「ス」と書かれるケースが目につく。千葉県でも「葉」の「世」の部分が「丗」と簡略化されて手書きされる傾向が見て取れ、デザイン文字にもなっている。



 これらのように地域に顕著な珍しい形の漢字があっても、文字というものが人々の間で空気や水のように当たり前の存在であるため、地元の人々はむしろ気付きにくくなっている。文字にも地域に根差した「京ことば・京なまり」のようなものがあり、かえって歴史豊かな「都」たるゆえんを示してくれているように思える。



笹原宏之『方言漢字』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/322002000137/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年12月号

11月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

最新号
2020年12月号

11月11日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック

脚本 大島里美

2

生きる力 引き算の縁と足し算の縁

著者 笠井信輔

3

カラ売り屋、日本上陸

著者 黒木亮

4

この本を盗む者は

著者 深緑野分

5

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

6

ハムスター助六の日常 めざせ世界旅行!

著者 GOTTE 原案 わつみ

11/16~ 11/22 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP