menu
menu

連載

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」 vol.15

【連載小説】クーラーのリモコンが全宇宙消滅の引き金に――!? ヨーロッパ企画の傑作と『四畳半神話大系』が融合! 森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」#1-15

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」

※本記事は連載小説です。

>>前話を読む

 映画「幕末軟弱者列伝 サムライ・ウォーズ」を思いだして頂きたい。
 二十一世紀の四畳半から幕末へタイムスリップした大学生・銀河進によって引き起こされた歴史改変は、全宇宙消滅という壮大なカタストロフを招来した。
 一見投げやりな展開に見えるが、これは我々の議論の論理的帰結なのである。
 銀河進によって明治維新が阻止されたとしよう。その後の歴史の流れはすべて変わり、現代日本の社会の姿も変わり、そもそも銀河進本人が生まれてこない。そうすると、彼が実験中の事故でタイムスリップすることもなく、「銀河進によって明治維新が阻止された」という前提そのものと矛盾をきたすのである。背理法的に考えるなら、このような矛盾が発生するからこそ「タイムマシンは実現できない」という常識的結論になるわけだ。しかしこの映画はあくまで「タイムマシンは実現できる」という前提に立つ。そうでなければ、そもそもストーリーが始まらないではないか。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP