menu
menu

連載

椰月美智子「ミラーワールド」 vol.16

【連載小説】仕事だけに集中できる環境で、八時間の仕事をしているほうが、だれだけ楽か。 椰月美智子「ミラーワールド」#2-8

椰月美智子「ミラーワールド」

※本記事は連載小説です。

>>前話を読む​

 俊太の中学校で運動会があり、耕太の高校で文化祭があった。俊太はリレーの選手で、辰巳の想像以上に足が速かった。一人抜かして首位に立ったときは、思わず大きな声をあげてしまった。由布子は、たまの休みくらい寝かせてと言い、結局俊太の勇姿を見なかった。
 耕太の高校の文化祭には、俊太と二人で出かけた。反抗期とはいえ、兄貴の高校の様子は気になるらしかった。耕太のクラスの出し物は和風喫茶で、かつぽう姿でお茶と団子を運ぶ息子を見られたのはうれしかった。辰巳は、高校生の彼らが放つ若さに圧倒され、懐かしさと、かすかな羨望で少し胸が苦しくなった。人生もとうに半分を過ぎたのだと、唐突に思った。

 十一月も間近に迫ったその日、連絡もなしに二十二時を過ぎて帰宅した由布子が、「ヤバい」と言い出した。
「マジでヤバい……」
「ご飯は?」
 由布子はなにも答えず、中学生のように、ヤバいヤバいと繰り返す。
「……マズいことになったわ」
 見れば顔面そうはくだ。ただならぬ妻の雰囲気に、嫌な予感がせりあがってきた。こんな由布子の顔を、ずっと昔も見たことがあった。あれはいつだっただろうか。
「なにかあったのか?」
 由布子はテレビ画面を凝視している。
「……これ」
 と、テレビを指さす。教師による教師イジメのニュースの続報だった。
「これがどうしたんだ」
「……わたしも逮捕されるかもしれない」
 由布子はそう言って膝をついた。
 その後由布子から聞かされた話に、辰巳はただただ驚いて固まった。到底信じられる話ではなかった。この話が事実だとしたら、そんな人間と結婚した奴を呪い殺したくなる。むろん、奴というのは辰巳のことだ。
「冗談のつもりだったのに、告発するなんて汚いのよ」
「冗談のつもりだって!? 新人教師の服を破ったり、氷水をぶっかけたり、ジャージのズボンを下ろしたり、ノートパソコンを隠したり、無理矢理キスをしたりすることがかっ!」
 イジメ、パワハラ、セクハラ、モラハラ……。辰巳がもっとも忌むべき、ハラスメントのオンパレードだ
「うるさい! 大きな声出さないでよ! わたし、ちゃんと謝ったんだから! 謝ったのに市の相談窓口に行ってわたしの名前を出したのよ」
 辰巳は、目の前にいる女をぼうぜんと眺めた。まったく見ず知らずの人間に思えた。謝ったから許してもらえるとでも思っているのだろうか。許す許さないを決めるのは、被害を被った側だ。
「その男性教諭はどうしてるんだ? 学校に来てるのか?」
「……休んでるわ。心神耗弱状態だって。先週まで元気に来ていたのに、まったく変な話よ」
「クビになる前に、辞表を出したほうがいい」
「なんでわたしが辞めなきゃならないのよ! あいつだって最初は一緒になって喜んでたのよ!」
 金切り声をあげて開き直る女を薄ら寒い思いで見ながら、辰巳は今年の女男平等ランキングで、日本は史上最低の百二十一位だったことを思い出した。
 生きたいように生きたい、と辰巳は今、真摯に思った。これからの人生のほうが、これまでの人生より短いのだ。不満を持ったまま、残りの人生を生きてどうする。気分をふさがれるような女と、なぜ一緒にいなくてはならないのか。
「もうっ、どうしたらいいのよっ! こんなふうにニュースになったら一大事よ! だから男って嫌なのよ!」
 そう言ってテレビ画面を指さしたあと、頭を抱える妻の顔を見て、辰巳は思い出した。由布子と付き合っていた当時のことだ。車で細い路地に入ったときに、サイドミラーが歩いていた人にぶつかったのだった。
 助手席に座っていた辰巳はすぐさま車を降りて、その男性に謝った。幸いスピードも出ておらず、腕をかすっただけでケガはなかった。男性も、いいですよ、と言ってくれ、そのまま去って行った。
「なにあの男。なんで車が入ってきたのに止まらないわけ? 歩いてたらぶつかるに決まってるじゃない。わたしは悪くないわ。ったく、新車なのにミラーが傷ついて損したわ」
 男性に謝りもせずに、由布子は文句を言った。あのときも、今とまったく同じ顔をしていた。心のどこかでは自分の過失を認めおびえているくせに、女の自分が男に対して大きな声でまくし立てれば、自然と問題が解決して自分の罪さえも消えると思っている、見当違いの自信に満ちた卑屈な顔。
 あのとき、なぜ気が付かなかったのだろうと辰巳は思う。昔から由布子はまったく変わっていない。辰巳は頭のなかで、この家を出ていく算段を冷静に考えていた。

▶#3-1へつづく
◎全文は「小説 野性時代」第206号 2021年1月号でお楽しみいただけます!


「小説 野性時代」第206号 2021年1月号

「小説 野性時代」第206号 2021年1月号


紹介した書籍

関連書籍

おすすめ記事

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年2月号

1月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.012

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP