KADOKAWA Group
menu
menu

連載

万葉集に、親しもう。

新元号「令和」決定記念試し読み!③ 出典となった『万葉集』とは?

万葉集に、親しもう。

新元号「令和」の出典として話題になっている日本最古の歌集『万葉集』。
日本という国の形ができあがったころに編纂されたこの歌集は、それまでの書物の歴史を覆す画期的なものでした。1200年以上前、人々は『万葉集』にどんな思いを込めたのでしょうか――。
これをひもとく国文学者・小川靖彦先生『万葉集 隠された歴史のメッセージ』の冒頭「はじめに」の試し読みをどうぞ!


―――――――――――――――――――――――



はじめに


『万葉集』という歌集は、日本の生んだ最も重要な古典の一つです。

『万葉集』が成し遂げた高い文学的達成は、その後の日本文学の基礎を作りました。それと同時に『万葉集』には、その後の日本文学から失われる豊かな感性、大胆で多様な文学的実験、創造的なエネルギーを見ることができます。『万葉集』の歌(「やまと歌」と言います。「和歌」という用語は平安時代からです)、そしてそれらを収める『万葉集』という「書物」は、千年以上の時を超えて、現代の私たちに深い感動を与えてやみません。

 ところが、今日『万葉集』がどのような歌集かについて知る機会はあまり多くありません。中学校・高等学校の国語の授業で何首かの歌を鑑賞したり、歴史の授業で書名を覚えたりしたことと思います。しかしその先に進む機会はなかなか少ないようです。『万葉集』は何となく難しい、という印象を持たれてしまっています。

 もちろんその後、改めて『万葉集』に出会い、生涯愛唱する歌を見つけた人もたくさんいると思います。とはいえ、その歌を収める〝『万葉集』とは何か〟について学ぶ機会は少なかったのではないでしょうか。

 本書では第一章で、『万葉集』という歌集が何のために編集されたのか、またどのような姿の歌集であり、その編集と造本のために凝らされた工夫は何かについて考えます。まず『万葉集』を一部の「書物」として見てみたいと思います。

 そもそも『万葉集』という「書物」が編まれたことは、決して当たり前のことではありません。『万葉集』の編まれた七、八世紀の日本では、現代のように「書物」がすぐ手の届くところにあふれていたわけではありません。

 この時代の日本では、「書物」とは釈迦の聖なることばを書きとどめた仏教経典、古代中国の聖賢たちの教えを記した儒教・道教経典、政治を運営するために必要な法典、時の政権の正統性を説明する歴史書、政治の担い手である教養人たちが文章や詩を作る時に模範とすべき漢詩文集を指しました。どれも漢文で書かれた中国的な「書物」です。

 これらの「書物」は写字生の手で丁寧に書かれ、専門の装丁職人によって威厳ある巻子本かんすぼん(巻物)に仕立てられました。紫に染めた紙に金泥きんでい(金をにかわで溶いたもの)で文字を書き、水晶の軸をつけた『金光明こんこうみょう最勝王さいしょうおうきょう』(国分寺経)のような、特別に装飾を凝らした巻子本も造られました。そしてこれらの「書物」は大切に保管され、必要な時だけひもとかれました。

 日本在来の「やまと歌」を「書物」にまとめるということは、当時の「書物」についての常識をはるかに超えた大胆な挑戦でした。
『万葉集』は、「やまと歌」によって七、八世紀の天皇家の〈歴史〉を記すという、中国の漢詩文集にも先例のない編集方法を採っています。特に『万葉集』二十巻の中核となる巻一・巻二では、その〈歴史〉を記すために、歌が注意深く取捨選択され、実に巧みに配列されています。高度な編集の力が感じられます。

 七、八世紀は東アジア世界が激しく揺れ動いた時代でした。中国に出現した隋・唐という巨大な国家を目の前にして、周辺の国々は隋・唐の進んだ政治・文化を模範に〝近代化〟を推し進めるとともに、自分の「国」を強く意識し始めました。「日本」という国号ができたのもこの時期です。

 その「日本」という国の七、八世紀の〈歴史〉を、歌集という「書物」によって永遠に伝えようという強い意志と使命感が、『万葉集』の編者たちをこの大胆な挑戦に向かわせたのでした。『万葉集』には「日本」の書物文化の若いエネルギーが満ちています。

 第一章では特に巻一・巻二に即して、「書物」という観点から『万葉集』を見つめ直します。

 第二章では、『万葉集』を代表する歌人たちの作品の魅力を紹介します。

『万葉集』の「やまと歌」は古文で書かれています。古文というだけで難しいと敬遠されてしまいます。しかし、「やまと歌」に詠まれているのは、自然の力への驚きやその美への感動、恋の苦しみや別離の悲しみ、人間存在や「生きること」の不思議さなど、現代の私たちに通じるものばかりです。

 最初は古文の細かい点は気にかけず、現代語訳を参考にして作品の内容を味わってください。その上で古文のことばや文法を丁寧に見てゆくならば、その作品が現代語で読んでいた時以上に輝きを増してくるはずです。

 また「やまと歌」にはリズムがあります。黙読するだけでなく音読してそのリズムも味わってください。そのリズムを通して作者の喜びや哀しみが伝わってくると思います。
『万葉集』の「やまと歌」は素朴なものと考えられがちです。しかし歌人たちは音楽的効果も十分に考えながら「ことば」を選びぬき、必要ならば新しいことばも創造しました。「やまと歌」を古文で読むと魅力が増すのはそのためです。

『万葉集』以前にも歌はありました。しかしそれは民間や宮廷の儀礼や宴の場で、音楽や身振りを伴いながら集団で歌われる歌謡でした。これに対して、『万葉集』の歌人たちは「やまと歌」を、〝文学としての「詩」〟として意識していたと言えます。

 ただし「やまと歌」は、近現代の「詩」のように詩人の部屋の机の上でまとめられ、詩集として発表されたわけではありません。「やまと歌」は宮廷や貴族の邸宅などで、聴き手を前にして読み上げるものでした。また恋歌にしても特定の相手に贈るものでした。この点では歌謡に通ずるところがあります。

 歌人たちは、その場に集う人々の心を摑むように、また相手の心を強く惹きつけるようにことばを洗練する中で、「ことば」に対する意識を研ぎ澄ましてゆきました。

 第二章はこの『万葉集』の「やまと歌」ならではの「詩」の技法を、作品に即して解説することが中心となります。

『万葉集』の「やまと歌」の、文学としての「詩」の性格を飛躍的に高めたものは文字です。『万葉集』の歌人たちは、「やまと歌」を文字で書き記しました。しかも歌人たちは文字の使い方を工夫しました。「やまと歌」の読者は、聴き手としてこれを耳で味わうとともに、文字の使い方を目で楽しみました。第三章では、文字という点から「やまと歌」について考えます。

「やまと歌」は文字に書かれたと言いましたが、『万葉集』の時代にはまだ「かな」は発明されていません。『万葉集』の歌人たちは「やまと歌」を漢字で書き表しました。私たちが普段目にする『万葉集』の「やまと歌」は、

 田子たごうらゆうちでて見れば真白ましろにぞ富士の高嶺たかねに雪は降りける
(巻三・三一八)山部やまべの赤人あかひと
 〔(訳)田子の浦を通って広々としたところに出て仰ぎ見ると、なんとまっ白に、高大な富士山に、あの消えることがないという雪は降り積もっているよ。〕

のように、漢字かな交じりで書かれています。これは本来漢字だけで書かれた「やまと歌」を、現代の読者がわかりやすいように書き直したものなのです。

『万葉集』の漢字というと「万葉仮名」がすぐに思い起こされます。万葉仮名は、漢字を日本語の音を書き表すために用いたものです。「やまと歌」は万葉仮名で書かれていたと思われがちですが、実は万葉仮名だけで「やまと歌」を書くことは『万葉集』の中では少数派です。山部赤人の富士山の歌も、

 田児之浦従打出而見者真白衣不盡能高嶺尓雪波零家留

と書かれています(これを「漢字本文」と言います)。地名を書き表す「田児」「不盡(尽)」、助詞・助動詞を書き表す「衣」「能」「尓」「波」「家留」が万葉仮名です。その他の「浦」「打出」「之」などは、日本語の意味と同じ意味の漢字です。これを専門用語で「正訓字せいくんじ」と言います。

 つまり日本語の音を表す万葉仮名と意味を表す正訓字を組み合わせて一首を書き記すことが「やまと歌」の標準的な書き方でした。

 この書き方は一見難しそうですが、原理的には漢字と平仮名を組み合わせて文章を書き記す現代の私たちの日本語の書き方と同じです。「万葉仮名と正訓字の組み合わせで書かれている」ということを意識すると、赤人の歌の漢字本文も、読もうとするとある程度読むことができるのではないでしょうか。そして、例えば、

 田児能宇良由有知伊泥天美禮婆麻志路尓衣不盡能多可禰尓由吉波布利家留

と一首を全て万葉仮名で書くより、歌の意味が直接目に伝わってくるように思いませんか。

 これが『万葉集』の歌人たちの「やまと歌」の表記法です。私はこれを『万葉集』の《文字法》と呼び、『万葉集』という「書物」を編む中で開発されたものと考えています。

 なお、赤人の歌の漢字本文を見ていて、文字化されていない「ことば」があることに気付いたり、富士山を「不盡(尽)」と書いていることに疑問を感じたりした読者もいるのではないでしょうか。実はそれらの点に『万葉集』の《文字法》の秘密があります。第三章でそれを詳しく説明したいと思います。

 第四章では『万葉集』の古写本の美と魅力を紹介します。残念なことに『万葉集』の原本は失われて現存しません。約千二百年の時を超えて、現代の私たちに『万葉集』を伝えてくれたのは平安時代以降の写本と刊本かんぽん(室町時代末から江戸時代にかけての印刷本)です。

『万葉集』の写本の主なもの約三十種類、刊本七種類が今に伝わっています。写本や刊本には、書写や印刷の際の写し違いや誤植があります。今日私たちが読む『万葉集』の本文は、研究者がこれらの写本や刊本を慎重に比較検討して復元したものです。

 とはいえ、まだ研究者の間で意見の分かれる箇所や、写本や刊本で一致している本文なのにどうしても解釈できない箇所などがあります。『万葉集』の本文の復元作業は今現在もなお続いており、写本や刊本は新しい目で繰り返し調査し直す必要があります。

 また、写本や刊本は『万葉集』の本文を復元するための大切な資料であるだけではなく、それぞれが一部の「書物」としての社会的・文化的な価値を持っています。『万葉集』の写本・刊本の装丁、表紙、大きさ、本文の料紙りょうし(用紙のこと)、レイアウトの仕方、書写態度や印刷方法、注記の有無などは実にさまざまで、同じ『万葉集』とは思えないほどです。

 写本・刊本の多様な姿は、それぞれが製作された時代の人々の『万葉集』に対する考え方を反映しています。平安時代の人々は、『万葉集』の写本を美しい調度品ちょうどひんに仕立て、鎌倉・室町時代の人々は、学問的でしかも権威ある、いかめしい「古典テキスト」に仕上げました。江戸時代には、常にB5判(大学ノートの大きさ)よりひと回り大きい立派な姿の刊本として出版され、国学者たちはその余白に紙面が真っ黒になるほどの書き込みをしながら研究を進めました。

 第四章では主に平安時代の古写本について詳しく紹介したいと思います。平安時代の古写本は当時の書の名手たちによって書写されています。

 書の名手たちは、書写の拠りどころとした写本を機械的にコピーしたのではありません。和歌の教養もあった名手たちは『万葉集』の歌を自分なりに味わい、美しい料紙との調和も考えながらその歌にふさわしい〝文字の姿〟を与えました。平安時代の古写本は現代の活字本にはない魅力をたたえています。

 本書はこのような四つの章で、〝『万葉集』とは何か〟について考えます。章ごとに観点は違いますが、どの章もその基礎には『万葉集』という「書物」を全体として捉えて、その歴史的意義を示したいという著者の思いがあります。どの章から読んでも、〝『万葉集』とは何か〟という大きなテーマに道が続くようになっています。自分の興味のある章から扉を開いてみてください。

 また本書を読み進める中で、『万葉集』についての基本的な知識が身に付くようにも工夫しました。ハンドブックとしても利用できる読み物となっています。そして、本書を通じて『万葉集』に興味を覚えた読者には、付録の「学びの導き手」を水先案内として、『万葉集』そのものに分け入っていただければと思います。

―――――――――――――――――――――――

「やまと歌」の熱気、編纂に込められた思い――。改元を期に注目が集まる今、ぜひ『万葉集 隠された歴史のメッセージ』を読んで『万葉集』について考えてみてはいかがでしょうか。

書誌情報はこちら≫小川 靖彦『万葉集 隠された歴史のメッセージ』




MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP