KADOKAWA Group
menu
menu

連載

万葉集に、親しもう。

新元号「令和」決定記念試し読み!①『万葉集』1200年目のベストセラーに。その魅力にふれてみよう!

万葉集に、親しもう。

テレビ・ラジオで大人気、万葉学者で奈良大学教授の上野誠先生著『はじめて楽しむ万葉集』(角川ソフィア文庫)を一部公開します!

**************

 第一章 我こそは告らめ家をも名をも


一 春を告げる

泊瀬はつせ朝倉あさくらの宮にあめの下をさめたまひし天皇てんわうみよ [大泊瀬おほはつせ稚武わかたけるの天皇]
天皇の御製おほみうた

(雄略天皇 巻一の一)

『万葉集』は、稚武天皇、つまり雄略ゆうりゃく天皇自らが作った歌からはじまる。『万葉集』は、全4516首、20巻からなる書物。その一番はじめの歌が、雄略天皇の御製歌なのである。雄略天皇の即位は、時に456年のことだが、『万葉集』ができた8世紀の人びとは、「この天皇の時代に、日本の国土は統一された」と考えていたのであった。雄略天皇は国土を統一した英雄だったのである。そして、多くの女性を愛し、多くの女性から愛された天皇と、大和朝廷では伝えられていた。すなわち8世紀の人びとは、雄略天皇のことを力強く魅力的な天皇だと考えていたのであった。
 この天皇の歌を、『万葉集』の一番はじめに据えたのには重要な意味がある。ある意味では、「『万葉集』とは立派な書物なんだぞ」と権威づけるためなのである。
 雄略天皇は、泊瀬の朝倉、すなわち現在の奈良県桜井市に宮を定めた。近鉄の大和朝倉駅で下りて散策すると、この歌の世界が広がっている。この場所のどこに宮殿があったのか、想像しながら、歩いてみたいものだ。
「籠」は「カゴ」、「ふくし」は「若菜を摘むへら」のことである。天皇はある春の日、若菜摘みをする「をとめ」たちに、声をかけるのであった。
 さて、古代においては、女性が自らの名前を明かすことは、結婚を承諾する行為とみなされていた。したがって、女性は、結婚をしようと思う男性以外には決して名前を教えないのである。それは、うっかり名前を洩らしてしまったら、「あなたと結婚します」ということになってしまうからである。だから、「をとめ」たちはけっして答えない。そこで、天皇は力強く、自分が大和を治めている王者であると宣言する。
 おそらくこのプロポーズは、大和に春を告げる年中行事であったと考えられる。そして、そこでは天皇が「わたしこそ大和の王だ」と宣言することにこそ、重要な意味があったのであろう。したがって、求婚は春を迎える儀式として行われている、と考えるのがよい。
 つまり、天皇の求婚はお米がたくさん採れますように、作物がたくさん採れますようにと祈る、一種の農耕儀礼だったのである。春、これから畑を耕し、そして稲を植えていくという時に、天皇がそこで働くであろう「をとめ」たちに結婚を申し込むという形で、お祭りが進んでいく。この歌は、そのような様々な想いが込められた歌なのである。

**************

20巻からなる『万葉集』をひもとくと、7、8世紀を生きた人びとの肉声が聞こえてきます。
「令和」の出典となった『万葉集』について、上野先生の楽しい解説によってより親しむことができる、こちらの本はいかがでしょうか。万葉びとの心を感じてみてください。


『はじめて楽しむ万葉集』(角川ソフィア文庫)

万葉集は楽しんで読むのが一番! 定番歌からあまり知られていない歌まで、84 首をわかりやすく解説。万葉びとの恋心や親子の情愛など、瑞々しい情感を湛えた和歌の世界を旅し、万葉集の新しい魅力に触れる。
遙かなる万葉の言葉の時空に遊び、恋に身を焦がした人びとに想いを馳せる―。山上憶良、額田王、大伴家持などの数々の定番歌をはじめ、これまではあまり知られていなかった歌まで、珠玉の恋歌・望郷歌・四季折々の歌を多数紹介。わかりやすい解説とともに、瑞々しい情感を湛えた和歌の世界の豊かさ、美しさ、楽しさを味わう。思わず声に出して読み、暗誦したくなる歌に必ず出会える。身近で面白い「みんなの万葉集」宣言。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321205000157/


万葉集の心を読む(角川ソフィア文庫)

今を生きる私たちにとって万葉集の魅力とは。最新の万葉研究を背景に信仰・都市・女性・家族など古代と現代を繋ぐ13の視点から有名な万葉歌を読解。読んで学び、感じて味わう、現代人のための万葉集入門!
いにしえびとの声、飛鳥・万葉の和歌。その歌々が、今を生きる私たちに語りかけてくるものとは―。家族と愛情、笑いと宴席、女性と労働、都市と神々など様々なテーマのもと、現代に通じる「暮らしの声」にあふれた歌を多数紹介。男女の慕情とかけひき、風流な都の文化、いにしえからの日本人の自然観を生き生きと伝える万葉歌の世界を、最新の研究を背景に深く学び、味わい、愉しむ。時を超えて万葉びとと対話する、「体感する万葉集」!
https://www.kadokawa.co.jp/product/321309000002/


万葉集で親しむ大和ごころ(角川ソフィア文庫)

恋に生きる素晴らしさと怖さを悟り、それを笑う余裕を持っていた万葉びと。彼らは「心」をどのように理解していたのだろうか。男女の愛における嫉妬と裏切り、ユーモア、別れの悲しみ、怒り……現代にも通じる、喜怒哀楽の感情を詠んだ歌からは、千年以上も前の万葉びとの、日本人らしい自然で素直な心の綾を感じることができる。遺された多くの万葉歌を通じて、生きる喜びにあふれた万葉びとの豊かな感情の動きを読み解く。『万葉にみる男の裏切り・女の嫉妬』を改題。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321502000201/


※新元号「令和」決定記念試し読みは、第5弾まで予定しています。


関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP