menu
menu

連載

カドブン meets 本が好き! vol.11

背徳の街、悪徳刑事の暗躍。そこに現れた正体不明の「便利屋」。さて物語の展開やいかに……。 『極上の罠をあなたに』【本が好き×カドブン】

カドブン meets 本が好き!

書評でつながる読書コミュニティサイト「本が好き!」(https://www.honzuki.jp/)に寄せられた、対象のKADOKAWA作品のレビューの中から、毎月のベストレビューを発表します!
>>【第10回】戦時中、何もかもが暗く恐ろしいわけじゃなかった。独裁的な国や大人の下、明るく生きた子供達の姿はまぶしい。



第11回のベストレビューは、ごんべえさんの『極上の罠をあなたに』(著者・深木章子)に決まりました。ごんべえさん、ありがとうございました。 (このレビューはネタバレを含みます。未読の方はご注意ください)

街全体が背徳に染まっている。中でも権力の中枢警察に巣食う悪徳刑事都築の暗躍。そこに現れた「便利屋」なる正体不明な人物。さて物語の展開やいかに。

レビュアー:ごんべえ さん

この作品は4話の独立した掌編が並ぶ。
〈便利屋〉〈動かぬ証拠〉〈死体が入用〉〈悪花繚乱〉

 一見オムニバスを思わせるが、各篇必ず「便利屋」という正体不明の人物が登場するし、いずれの事件にも特定の悪徳刑事や刑事部長、悪徳政治家(と言っても市会議員だが)などが互いに関連しながら登場する。
 
〈便利屋〉
 市議の権田の息子が誘拐された。身代金は5千万円。妻は警察に届けてというが権田は反対する。秘書の木戸が5千万円を用意したところでその金を強奪され殺される。
 然し子供は無事に帰ってきた。用意した金は建設会社からの賄賂だった。
〈動かぬ証拠〉
 老舗会社の長男・綱島圭介。妻が弟の昭彦と不倫関係にあるという証拠写真を手にする。
 動かぬ証拠を手に入れようと昭彦の部屋に入ると昭彦の死体があった。第一容疑者となった圭介には父の遺産を独り占めする魂胆があった。実は妻の麻利絵の不倫相手は別の男だったのだが、圭介が犯人になっては相続欠格で麻利絵に遺産が渡らなくなってしまう。
 ここで便利屋登場。
〈死体が入用〉
 中堅商社・河北工業営業部長の奥田。背任・詐欺・強請・業務上横領……悪事の限りでのし上がった。刑事・民事の追及の手が伸びてきた。一度死んで生まれ変わろう。そのために悪徳ネットワークを使って身代わり死体と死亡診断書・火葬許可書を手配する。一体死ぬのは誰なのか。
〈悪花繚乱〉
 P県槻津市という地方都市。葬儀屋や病院の院長・医師、建設会社、市会議員弁護士などみんなワル。しかもこのワルどもは類は友を呼ぶの倣い、互いに助け合う悪徳ネットワークが出来上がっている。通して読めばこの街がとんでもく不正・背徳にまみれた地方都市だということがわかる。
 片倉憲太は苦労知らずのぼんぼん。裕福な母親にたかるドラ息子である。女に目がない憲太は、まんまと美人局に引っかかる。男に脅されたあげく、あろうことか殺してしまったと母親に泣きつく。しかも死体が消えて5千万円の口止め料を払えという強請付き。母親は藤代という悪徳弁護士に依頼する。藤代は都築という悪徳刑事に相談する。都築は憲太を締め上げてからくりを暴き出す。そして便利屋は……。

 〈便利屋〉とは。
 どういう手づるで知ることになったのか、悩み事を抱えた人物(高等犯罪予備群)に一枚のDMが舞い込む。
 そこには「人には頼みづらいが、自分でやるのはちょっと……そんな問題でお悩みのあなた 便利屋を利用してはいかがですか 簡単な雑用から重大な任務まで、何でもお引き受けいたします。アリバイ確保、物品投棄についてもご相談ください なお、ご依頼事項の処理は先着順となっておりますので、その旨ご了承ください」とあるだけ。住所もなく、メルアドもない。携帯の電話番号だけ。

 悪事を企む連中は、ちょっと懸念はするが、やがて便利屋に電話することに……。 
 
 とにかく著者は元弁護士という仕事柄いろんな事件に出会い、いろんなタイプの被害者、被疑者、刑事、検察官などを識り尽くしたはずで題材に不足はない。それにしても事件の展開に正体不明の「便利屋」を介在させて、面白みを倍加させている手法には感嘆する。文章は歯切れがよく話はテンポよく進んでいく。小気味よい皮肉や警句めいた言葉もありすいすい読める。どんでん返しもあって、読んでいて楽しい。

ご購入&試し読みはこちら▶深木章子『極上の罠をあなたに』| KADOKAWA
本が好きレビューページ→https://www.honzuki.jp/book/281977/review/234927/

関連記事

【レビュー】闇から闇へと暗躍する便利屋は現代のメフィストフェレスか? 『極上の罠をあなたに』
【文庫解説】“おしゃべりする猫”と推理対決!? どんでん返しを味わえる本格“猫”ミステリ『猫には推理がよく似合う』
【文庫解説】ダメ男を巡る妻と愛人の戦い!だが裁判直前で愛人は失踪、勝利した妻も誰かに殺され…『ミネルヴァの報復』


紹介した書籍

関連書籍

カドブンノベル

最新号 2020年1月号

12月10日 配信

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP