menu
menu

連載

榎田ユウリ「武士とジェントルマン」 vol.5

現代日本に武士(本物)が!? 英国紳士が居候先で見たのは…… 榎田ユウリ「武士とジェントルマン」#1-5

榎田ユウリ「武士とジェントルマン」

>>前話を読む

「普通の風呂とはいささか違うので、説明をいたしまする」
「……確かに、私の知っているバスとは違いますね」
 ポツト……いや、むしろ巨大なマグカップ。
 中にはお湯が入っている。それが、下半分は埋まっている。そんな説明で伝わるだろうか。つまり、風呂は円筒形で深さがあり、西洋のバスタブとはまったく違う。半分埋まっているというのは、コンクリかプラスターのようなもので巨大マグを固定してあるわけだ。周囲はタイルで飾られ、マグカップ的風呂がま自体は黒く、素材はもののように見える。
「この中に……入るわけですか?」
「いかにも」
 隼人が頷いた。風呂の形状からして、脚を伸ばすことは不可能で、しゃがんで湯に浸かる形だろう。リラックスは難しそうだ。
「これは五右衛門風呂といい、古い日本の風呂にござります。ガスや電気を使わず、外の焚き口に薪をくべて沸かすのです。釜そのものが熱くなり、湯が冷めにくく、身体もよく温まりまする。釜の底はとても熱いので、この板を」
 隼人が円形に組まれた木の板を持ちあげた。板と板の間には隙間がある。
「こうしてお湯に浮かべ、板を踏んで入ります」
「……そうしないと足の裏に火傷を?」
「左様」
 もう、リラックスどころの話ではない。そこまでして湯に浸かる必要があるのだろうか。日本人の風呂好きは有名だが、度が過ぎていないだろうか。シャワーで充分……いや、だがこの浴室にはシャワーが見当たらなかった。
「さ、湯加減を」
 促され、私は恐る恐る湯の中に手を入れた。
「少し熱いのでは」
「ああ、でしたらこちらから水を加えて下さい」
 水道の蛇口はちゃんとあった。ここからお湯が出ればいいだけの話なのに……なにかすごく不条理を感じてしまう。すぐそこのキッチンはちゃんとお湯が出るのに、なぜ。
 ……いや、違う。
 私は思い直した。これを不条理と捉えるのは間違いなのだ。
 私が今いるのは、現代に蔓延はびこる『すべてを効率よく、簡略にしよう』という流れに逆らう、武士の家である。古いきたりや様式を大切に守っている聖域ともいえよう。隼人は自分が日々使っているこの風呂を、はるばる英国からやってきた私に体験させてくれるのだ。そのため、帰宅するなり薪を割り、煤だらけになって湯を沸かしてくれた。感謝をもって、このマグカップの中にうずくまるべきである。
「それでは、入らせてもらいます」
 私は宣言した。少しばかりの決心が必要だったが、風呂は風呂だ。溺れるわけでもないし、慣れてしまえばきっと快適なはずだ。
 ──と、長い説明になったが、かくして私はゴエモンブロの前に、生まれたままの姿で立ち尽くしているわけである。
 湯には適量の水を足し、いい湯加減になったと思うのだが、まだ入っていない。さっき、片足だけを例の板……底板、というらしいが、それに乗せてみたのだが、なんだかうまく沈まなかったのだ。
「アンソニー」
 小窓の向こうから声がした。
「ぬるくなったら、言ってくだされ。薪を追加いたします」
「はい。……板に、乗りにくいのですが」
「バランスが肝要です。どこかに手をついて、身体を支えたほうがよろしいかと」
 なるほど、それはもっともである。と、手をついたわけだが、
熱っ!Ouch!
 思わず声が出た。隼人が「あ、釜のフチは熱いゆえ、ご留意なされよ」と教えてくれる。もう少し早く言ってくれると嬉しかった。
 手の位置をずらす。
 右足で板を踏むこむ。
 じわじわと体重を掛けていき、脚が湯の中に沈んでいく。結構深い。まだ右足だけなので、このままでは股が裂けそうだ。私は斜めになった身体を必死に保ち、実に不恰好な姿勢のまま、ようやくもう一方の足も底板の上に乗せることに成功した。あとはそのまま座る姿勢で、身体を湯に浸ければいい。体重で板は自然に沈む。
 ざぶ、と少し湯が溢れ、その音に気づいたらしい隼人が「いかがか」と尋ねる。
「はい、入れました。……ふぅ」
 ため息がこぼれたのは、ある種の疲労感からだった。もちろんそれなりの気持ちよさもあるのだが、リラックスを満喫するには、この風呂では小さすぎる。おまけに、
「熱っ!」
 まただ。うっかり気を抜いて寄りかかると、釜の内側が熱いのである。
「なるべく、真ん中にいたほうがよろしゅうござる」
 小窓越しに、隼人が言う。
 私はじりじりと位置を微調整した。なんと緊張感みなぎる風呂だろうか。
「タオルか手ぬぐいをあてれば、寄りかかれまするぞ」
「でもタオルは隣の小部屋なのです」
「それがしが渡しましょうか」
「いえ、大丈夫」
 風呂に入りながら会話するというのは、なんとも奇異な感覚である。
 私にとって風呂とは非常にプライベートな空間だ。いくら相手に見えていないからといって、真っ裸で会話を楽しめる余裕はない。ならば相手も裸ならいいのかというと、それはもっと苦手である。誰かと話す時には理性が必要だと思うし、服とはつまり理性の表れと捉えているからだ。日本には銭湯というパブリック・バスがあるのは知っているし、その慣習を否定はしないが、私がそこに行くことはないだろう。
 薪の崩れるかすかな音がする。
「…………」
 たぶん、まだ隼人は焚き口にいる。そして私の為に火の微調整をしてくれている。
 風呂に入りながらの会話は奇妙だが、かといって壁をへだててすぐそこにいる隼人の存在を無視するというのも、これまたどうもわりが悪い。
「ハヤト。いますか」
 ということで、私は会話の続行を試みる。
「はい」
「この風呂の名前ですが。ゴ……ゴエ……」
「五右衛門風呂です」
「なぜそんな名前なのですか」
「五右衛門とは人の名です」
 人名が由来、というわけか。つまり、この形式の風呂を発明したのがゴエモンなる日本人なのだろう。狭苦しい気はするが、水の量が少なくてすみ、ならば燃料も少なくていいのだ。そう考えれば、当時のエコロジー意識が……。
「江戸時代の泥棒で、処刑で釜でにされたと伝わっております」
 ……発明者ではなかった。
「処刑、ですか」
「大きな釜で茹で殺された、と。そういう処刑法が当時の日本にはあったらしく」
 聞かなければよかった。私は釜の中でますます身を縮こまらせる。もはや私のメンタルはリラックスとは一八〇度反対側にある。
「されど、資料によっては、『釜り』という記録もあるようで、日本語で『煎る』というのは『茹でる』とはまた違い、湯のない熱した大釜に入れられたという可能性も……」
「あの、ハヤト。もうそこにいなくても大丈夫です」
 処刑方法の詳細情報は求めていないので、私は言った。
「左様でござるか」
「はい。そろそろ出ようかなと」
「承知いたした。ではそれがしも、着替えをいたそう」
 人の立ち上がる気配がして、やがてその気配も遠ざかる。
 私は底板を踏んで慎重に立ち上がり、小窓をそっと開けて外を覗いた。隼人はおらず、その代わりに煤色をした猫と目が合い「にゃあ」と迷惑そうに鳴かれた。
 釜茹で風呂、もとい五右衛門風呂は、私を十二分に温めた。
 むしろ温めすぎた。はっきり言えば、のぼせた。脱衣所に小さな椅子がなかったら、その場にへたりこむところだ。栄子が「バスローブを置いておくから」と言ってくれていたが、一緒に冷たいレモン水が用意されていて、その瞬間、彼女の存在がほとんど天使のように思えた。
 五分……いや、もう少し長く休んでいただろうか。
 のぼせがいくらか落ち着くと、私はようやく廊下に出た。着替えは自室なので、バスローブに裸足のままだ。右手のキッチンから水音が聞こえ、栄子が炊事をしているのがわかる。着替えたらもっとレモン水をもらいに行こうと思いながら、そのまま進む。
 少しふらついた。
 しっかりしろと自分に言い聞かせ、きしむ廊下を進む。風呂に入っただけで疲労こんぱいとは情けない。隼人がせっかく、日本の古式ゆかしい風呂を体験させてくれたというのに……早くこの入浴方式に慣れなければ。なにしろ毎日のことなのだ。
 郷に入れば郷に従えWhen in Rome do as the Romans do.、である。
 確かに私は、積極的に希望して日本に来たわけではないのだが、それでも当面この国で暮らす以上、この国の文化に敬意を払い、生活習慣を理解し、受け入れるべきだろう。日本人は繊細だという話も聞くが、いにしえの処刑方法を風呂として採用するという豪胆さもあると、新しい一面を知った。
 客間をすぎ、廊下を曲がればすぐに私の部屋だ。
 曲がったところでまたふらついてしまい、私は壁に手をついた。本当に、あの風呂は温まりすぎる。すると「いかがなされた」と声がした。
 私は顔を上げた。廊下の先に隼人が立っている。
 彼を見た。
 こざっぱりとして、だが心配げな顔の彼を。
 身体からほんのりとが立ち、右手に格子模様の手ぬぐいを持ち、さっきまでとは違うブルーの薄い着物をサラリと着ている、彼を見た。
「…………え」
「湯あたりされましたか」
「え。あ。少し……いや、でも大丈夫……それよりハヤト、きみも、その……」
 彼をまじまじと見つめていると「は、それがしもだいぶ汗をかいたゆえ」と隼人はな口調で、
「シャワーを浴び申した」
 と、答えた。
 私の聴覚は確かにそう認識した。
「シャワー……」
「はい」
「シャワー、あるのですか」
「え。ああ、はい」
 隼人は頷いた。
「あります」
 あるのか。
 あるんですか。そうですか。あったんですか。
「なんの趣もない一般的な風呂場のほうに、ついておりまする。それがし、恥ずかしながら簡便さに負け、日常的にはそちらを使っておりますゆえ。しかし、アンソニー殿におかれましては、どうぞ今後も五右衛門風呂で日本の伝統を……」
「いえ」
 私は返した。
「同じで。ハヤトと同じで。普通のバスでまったく問題ありません。伝統も大事ですが、現代日本の生活を体験することもまた大切なので」
 やたらと早口になった。隼人は黒い目をパシパシとまたたかせ、いくらか戸惑いつつも「左様にござるか」と納得してくれたようだった。
 さらにフッと頰を緩ませると、
「実はそれがしも、毎日薪割りはちときついなと思うておりました」
 照れたような顔でほんの少しだけ笑ったのだ。
 私が初めて見た、武士の笑顔だった。

===
#2以降の公開は終了しました。

単行本の情報はこちら!
===


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年2月号

1月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.012

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP