KADOKAWA Group
menu
menu

連載

安部若菜 小説家への道 vol.11

安部若菜 小説家への道 #11「漫画化・映像化に向けてのプレゼン」

安部若菜 小説家への道

アイドルグループNMB48の安部若菜さんによる初小説『アイドル失格』の出版が決定!
発売に向けて、日々奮闘する様子をお届けします。

『アイドル失格』特設サイト
https://kadobun.jp/special/abe-wakana/

#11「漫画化・映像化に向けてのプレゼン」

『アイドル失格』発売まであと8日となりました。
小説の執筆自体は終わり落ち着いているのですが、発売日まで何か出来ることはないかとソワソワ過ごす日々です。


そんな中、私は大仕事を終えてきました!

KADOKAWAの会社に行き、漫画・アニメ・ドラマ・映画などの担当の方に向けてメディアミックスプレゼンを行ったんです!

20人ほどの方にお集まり頂き、約20分間のプレゼンをしました。


プレゼンなんて高校の授業で数度やった程度で、大人相手のプレゼンは本当に緊張しました。
大阪城ホールで8000人の観客を前にライブをするより緊張しました。

元々この『アイドル失格』の小説の企画自体もプレゼンで勝ち取ったものなのですが、その時はリモートで数分のプレゼンだったので、今回とは全く違いました。


(プレゼン大会の様子)

プレゼン内容は、簡単な自己紹介、小説の内容紹介、登場人物紹介、読者イメージ、アピールポイント、質疑応答など…。

初めての経験のため、プレゼン原稿を考えるのにすごく時間がかかりました。
プレゼン本番で原稿を見ながら喋っていいのかも分からなかったので、編集さんに修正して頂いた原稿を必死に暗記して挑みました。 


当日は私や編集さん、なぜかマネージャーさんとメイクさんまで緊張していましたが、無事終えることが出来ました!

質疑応答はあまり上手く答えられなかった気がしますが……。



本来は、編集さんがこのようなプレゼンを行うらしく、作家本人がすることはないそうなのですが、普段人前に出る仕事をしていることが活かせたらいいなと思いさせて頂きました。

自分の作品が、漫画化や映像化するかもしれないと想像するだけで思わず顔が綻んでしまいます。
沢山の方に小説を届けることも勿論重要かとは思いますが、このプレゼンがメディアミックス化に繋がることを祈ります。



『アイドル失格』予約受付中!
特典情報もありますので、詳しくは特設サイトをご覧ください。
https://kadobun.jp/special/abe-wakana/


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年4月号

3月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年5月号

4月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP