menu
menu

レビュー

白井智之という謎 『おやすみ人面瘡』

文庫巻末に収録されている「解説」を特別公開!
本選びにお役立てください。

(解説者:あさみや うん / 書評家・怪奇幻想ライター)


 しらともゆきとの出会いは『東京結合人間』だった。
 デビュー作『人間の顔は食べづらい』の高い評判を耳にしていたものの、読むタイミングを逸していた二〇一五年秋。第二作『東京結合人間』にはピンとくるものを感じ、予備知識もなく手に取ったのである。直感は正しかった。愛し合う男女が融合し、手足が四本ずつ生えた「結合人間」になるという悪夢のような設定をもつ『東京結合人間』は、ホラーや幻想文学、異端文学を中心に読んできた私にとって、偏愛せずにいられない怪作だった。これはただ事ではない。すぐさま『人間の顔は食べづらい』も読了し、その異様な才能にあらためてうなったものである。

 さて本書は、二〇一六年に刊行された第三作おやすみ人面瘡』の文庫版である。前二作同様、特殊設定を用いた本格ミステリーであり、論理的な「犯人当て」にこだわってきた著者の到達点ともいえる長編だ。
 宮城県せんだい市にある風俗店「こぶとり姉さん」の売りは、「じんりゆう病」に感染した女性たちによる性的サービスだ。人瘤病とは、全身に人の顔のようなこぶが浮き出てくる、世にもおぞましい奇病。ところが客の一人が持ち込んだろうそくの火がシーツに燃え移り、店は焼失。逃げ遅れた風俗嬢が犠牲となってしまう。一年後、店の従業員カブとジンタは県内の小都市・うみばれ市に向かっていた。目的は新たな人瘤病患者を買い取ること。しかしジンタの兄が持ちかけてきた取引には、何か裏があるらしい。
 それと並行して、海晴市の中学校に通う少女の物語が進行してゆく。海晴市はバイオテロによって人瘤病の集団感染が起こった海沿いの町。事件の舞台となった地区に暮らす彼女は、一か月学校を休んでいるツムギの様子を見てくるよう、担任のハヤシに命じられた。そこで幼なじみのツムギから、とある秘密を打ち明けられる。しかし「一年A組は最高のクラス」が口癖の熱血教師ハヤシが、生徒が欠けていることを快く思うわけがなかった。
 カブたちの危険なビジネスを描いたパート〈fat girl〉と、中学生たちの行き場のない青春を描いたパート〈school girl〉。ネジが一、二本外れた登場人物たちが織りなすバイオレントで悪趣味、そのくせ妙にユーモラスな二つの物語は、荒廃しきった海晴市を舞台にやがて一つに重なってゆく──。

 人瘤病患者の体にできる瘤は大きさ約十センチ。手足や胴体、顔や性器にまで浮き出すことがあり、(程度の差はあるものの)言葉を話すことができるとされる。この伝染病はもちろん架空の存在だが、人体に顔が浮き出すという奇病は「じんめんそう」として古くから語り継がれてきた。唐代の書物『ゆうようざつ』には、人面のしゆようが食事をしたという奇談が紹介されているし、わが国の『おとぎぼう』などにも似たような記述がある。フィクションの世界でも、たにざきじゆんいちろう「人面疽」をはじめ、よこみぞせい「人面瘡」、いわの某短編などくり返し題材にされてきた。本書の人瘤病もこうしたイメージに連なるものだが、原因を超自然現象ではなくウイルスとした点、宿主と人面瘡が共生関係にあるとした点などに独自性がある。少なくともミステリーにおいて、人面瘡というアイデアをここまで深く掘り下げた作品は先例がないだろう。
 しかもこうした不気味な世界を描きながら、その骨格はあくまで本格ミステリーだ。〈school girl〉のパートの後半、サラの周辺で殺人事件が発生する。その真相をめぐる推理合戦が圧巻だ。探偵役がみつなロジックによって犯人を指摘したかと思うと、また別の探偵役が現れて前者の矛盾点を指摘、さらにけんろうな推理によって真犯人を指摘する。すると別の探偵役が現れて──という展開が数十ページにわたって続くのだ。その過程で、人瘤病に関するさまざまな設定や、さいなエピソードが伏線として回収されてゆく。真相が二転三転する「多重解決」ものの面白さを極めた作品として、本書はミステリー史に残るだろう。

 それにしても、特異なグロテスクこうめいせきな論理性を併せもつ白井智之とは、一体どんな人物なのか。私にはずっと疑問だった。答えを得る機会が訪れたのは今年(二〇一九)一月。ブックサイト「好書好日」上で、白井さんにインタビューすることができたのである。
 当日、取材会場に現れた白井さんは、こちらが拍子抜けするほどまっとうで、物腰柔らかな人だった。インタビュー中も終始穏やかな態度を崩さず、時おり照れくさそうに微笑みながら、ミステリーやホラーへの愛、そして物語を書くことのよろこびについて語ってくれた。白井さんが特殊設定を好んで用いるのは、それがミステリーの「仕掛け」を最大限に生かせる手法だからだという。先行作の豊富なミステリーにおいて、独自色を出すための戦略であったというのだ。フィクションとしてのホラーは大好きでも、「現実には血を見るのも苦手」と話していたのも印象的だった。
 思うに白井智之という作家を支えているのは、絶妙なバランス感覚なのだろう。異常で特殊な世界を好みながら、そちら側に行ききってしまわない健全さ。フィクションはフィクション、現実は現実と割り切ることのできる冷静さ。あるいはそれを「理性」と呼んでもいい。暴走しているように見える白井ミステリーが、実はすみずみまで目配りの利いたエンターテインメントに仕上がっている秘密もここにある。そのスリリングなハンドルさばきをたんのうできるのも、白井作品を読むだいだろう。

 ……と、れいにまとめようとも思ったのだが、いや、やっぱりどう考えても白井さんの作品はヘンだろう。ミステリー的必然があるにせよ、良識ある作家がこうもんに頭部を突っこんで結合する話や、人面瘡が性的サービスをする話を、喜んで書いたりするものだろうか? うーん、分からない。『東京結合人間』にショックを受けたあの日以来、白井智之という作家はいまだに、興味をそそる謎であり続けている。

ご購入&試し読みはこちら▶白井智之『おやすみ人面瘡』| KADOKAWA

関連記事

【レビュー】あらゆる描写を伏線として回収する高密度な推理合戦 『そして誰も死ななかった』
『人間の顔は食べづらい』文庫化記念、白井智之インタビュー&綾辻行人、有栖川有栖、道尾秀介からの質問状
【解説】エログロ×ミステリ!? 男女が結合した異形の者たちの島で起こった殺人事件の結末は――『東京結合人間』


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 呉勝浩「スワン」
  • 有川ひろさんの新刊についてお知らせとお詫び

カドブンノベル

最新号 2019年12月号

11月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

スワン

著者 : 呉 勝浩

2

倒れるときは前のめり ふたたび

著者 : 有川 ひろ

3

目を見て話せない

著者 : 似鳥 鶏

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

小説 野性時代 第193号 2019年 12月号

編 : 小説野性時代編集部

6

ひとり旅日和

著者 : 秋川 滝美

11/11~ 11/17 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP