menu
menu

レビュー

呪文、呪歌、呪符、流言……。日常に息づく庶民の想像力と、心のくせの本質に迫る『魔除けの民俗学』

書評家・作家・専門家が《今月の新刊》をご紹介!
本選びにお役立てください。

(評者:小山こやま 聡子さとこ / 二松学舎大学文学部教授)

 くじ引きで勝つには、近所の家の鍋の蓋をこっそり持ち出すのがよい。これは、新潟県の魚沼に伝わる俗信である(172ページ)。無断拝借はよくないことだが、奇抜な着想が面白い。煮炊きをする鍋蓋は、一つの境界であり、不思議な力が宿るらしい。暮らしの空間は、平板なようで、豊かに意味づけられている。一見不合理な言い伝えは、危うさをはらんだ世界を秩序化する知恵である。
 本書『魔除けの民俗学』は、民俗学の第一人者常光徹氏による、魔除けを中心とする俗信の集成である。三部から構成され、「Ⅰ 家屋敷と俗信」では、屋根をはじめとする家屋敷にかかわる俗信、「Ⅱ 生活道具と俗信」では箒や箕といった身近な生活道具を呪具とする俗信、「Ⅲ 災害と俗信」では地震の際の呪文、呪歌、呪符、流言などが取り上げられている。「さりげない日常のなかで、庶民が感じとり創意してきた知と技が俗信には凝縮している」という立場から、約四千点にも及ぶ膨大な俗信資料が参照された。豊富な事例を通して、「庶民の心意」が読む者に伝わっていく。常光氏の長年にわたる研究の成果を凝縮した書と言えよう。
 本書を読んで、俗信の通時性に興味を引かれた。取り上げられている俗信の多くは、近世、近代のものである。しかし、それらの中には、古代や中世の事例と共通するものも少なくない。
 たとえば、赤子の魂を狙い徘徊する「もの」を追い払うために箒が逆さまに立てられたり(119ページ)、猫が跨いだ死体を箒で叩いたりした(121ページ)、という。箒は「物の怪」を退散させるための呪具であった。箒や棒で打つ行為には災いをもたらす「モノ」を威嚇し排除する狙いがこめられていた、と常光氏は指摘する。また、仮死状態の産婦や赤子を鍋蓋であおぎ、邪悪な「モノ」を祓うことができるという俗信もある。鍋蓋には生臭物なまぐさものの臭いがしみついており、それを悪霊が嫌うと考えられていたらしい。
 古代から中世にかけても、出産時には物気もののけ(古代から中世にかけては、「物の怪」ではなく「物気」と表記されていた)が跳梁すると考えられ、恐れられていた。そこでは、物気の調伏のため、僧侶による加持や修法が行われ、物気を打つ所作をして大きな音が響かせられていた(『山槐記』治承2[1178]年11月12日条、『明月記』寛喜2[1230]年正月2日条、『作法集』「験者作法」)。さらに、僧侶が調伏の修法を行う時には、臭気のある木などが火中に投じられていた(小山聡子『親鸞の信仰と呪術』)。臭気には、物気を倒す効果が期待されたのであろう。何百年の時を隔てても、人の行いは変わらない。
 「Ⅲ」では、地震の時に咄嗟に唱える呪文「カアカア」や「マンザイロク」などが紹介されている。予想もしないできごとが起きた時の呪文などは、平安貴族社会に関する百科全書『二中歴』にも確認できる。圧倒的な自然の力を前にした際、無力な人間は、それでも言葉を唱え、自己と外界との関わりを調整しようと試みる。
『魔除けの民俗学』からは、時代を超えて受け継がれた人々のふるまいが浮かび上がる。さらに、全国で採集された証言が重ね合わせられることによって、地域性に左右されない行動の型があることも示唆される。時空を貫いて見出される「日本人」の姿を触知できることが、本書の魅力ではなかろうか。
 住居環境が激変した現代、私たちは、俗信との関わりを断ちえたかのように考えがちである。けれども、自身の無力さを等身大に見つめられる人は少ない。宝くじを買う時に験を担ぐ人は、鍋蓋を拝借しようとする人を笑えない。本書は、私たちが「日本人」であることを顧みる鏡としても役立つであろう。昔からの習慣に倣っていたことを意識化することによって、日々の風景は別のよそおいをまとって立ち現れるかもしれない。


ご購入&試し読みはこちら▷常光 徹『魔除けの民俗学 家・道具・災害の俗信』| KADOKAWA


関連書籍

紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊インタビュー 今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』
  • モモコとうさぎ』刊行記念書店員座談会 働くとはどういうこと?
  • イカちゃんクマちゃんのイカ総研
  • 【試し読み】安田峰俊『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』
  • 【特別インタビュー】オリジナルクイズも出題! 東大王・伊沢拓司が選ぶ角川文庫5選
  • 『麒麟児』刊行記念対談 出口治明×冲方丁

カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

営繕かるかや怪異譚 その弐

著者 : 小野 不由美

2

氷獄

著者 : 海堂 尊

3

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

著者 : とどろん

4

鹿の王 水底の橋

著者 : 上橋 菜穂子

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 : 森岡 毅

6

これからの都市ソフト戦略

著者 : 藤後 幸生

8/5 ~ 8/11 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP