この〈懐しの名画ミステリー〉シリーズも、本作が第三集となる。『血とバラ』『悪魔のような女』に続くこの『埋もれた青春』では、表題作をはじめとして、五つの名画からお題を拝借した作品が並ぶ。
 自作をふり返って、映画からの影響を語ることの多い赤川次郎氏だが、今回は若き日に熱中したというヨーロッパ映画のタイトルが五編中四編を占めている。さっそく収録作品を見ていこう。
 最初の『或る種の愛情』は、イギリスの映画監督ジョン・シュレシンジャーの作品(1962年)からタイトルを頂いている。シュレシンジャーは初めて撮った劇映画の同作がベルリン国際映画祭で金熊賞に輝き、世界に認められた。「コードネームはファルコン」や「マラソンマン」など、スパイや謀略ものの映画でもおなじみだろう。
 また、ニューシネマを代表する「真夜中のカーボーイ」や「日曜日は別れの時」に顕著な同性愛者への眼差しには、LGBT(性の多様性)についての意識の高さが窺える。相思相愛なのに微妙にすれ違う男女を描いた本作に、アラン・ベイツとジューン・リッチーというほとんど無名だった二人を起用したのは、リアリティを狙ったのだという。では例によって、映画のあらすじを紹介しよう。

 祝福され、式を挙げた姉の幸福な花嫁姿に刺激され、弟のヴィック(アラン・ベイツ)は、製図工として働く職場で、可愛い事務員のイングリッド(ジューン・リッチー)を強く意識するようになる。周囲から冷やかされながらもデートに漕ぎ着け、紆余曲折ののち二人はベッドを共にする。愛情や性愛をめぐる互いの違いに戸惑いながらも、やがて彼女の妊娠が明らかになると、流されるように二人は結婚をすることに。しかし彼女の母親との同居生活は次々と摩擦を起こし、流産という悲劇がさらに彼らの関係に追い打ちをかける。

 小説では、十五年前に殺人という過ちを犯した男が主人公で、時効目前のある時、目撃者から恐喝を受ける。ご存じのように、二〇一〇年の法改正で時効の適用は大きく変わり、法定刑で死刑に相当する殺人罪の公訴時効は廃止、無期懲役に相当するものは十五年から三十年に刑期が引き上げられた。いうまでもなく本作は、改正前の旧法下の物語だ。
 主人公と恐喝者の駆け引きは、思いがけない形でクライマックスを迎える。互いの愛を再確認した主人公夫妻が手を取り合う場面は、傷ついた男女が実り多き人生をめざして再出発を誓う映画のラストシーンと鮮やかに重なり合う。
 表題作の『うずもれた青春』は、フランス映画界の巨匠ジュリアン・デュヴィヴィエの作品(1954年)がモチーフだ(映画は「うずもれた青春」)。代表作の「舞踏会の手帖」が巡礼形式の物語の嚆矢こうしとも言われるこの監督は、本国以上に日本で人気が高かった。本作はドイツのヤコブ・ヴァッサマンの同題小説(雄鶏社刊)が原作で(ヒッチコックが映画化したデュ・モーリアの同題作とは別作品)、一九五五年度の〈キネマ旬報ベストテン〉で第四位に選出されている。
 デュヴィヴィエは晩年、ジョン・ディクスン・カーの『火刑法廷』(「火刑の部屋」)やルイ・C・トーマの『悪魔のようなあなた』の映画化にも挑んだが、本作もミステリ・ファンなら見逃すべきではない。運命の女フアムフアタールを描くノワールの雰囲気や、緊張感ある法廷場面に加え、本格ミステリ顔負けのフーダニットの要素まであるのだ。

 ベルンで高校に通う少年(ジャック・シャバッソール)が、見知らぬ男につきまとわれる。少年の父親(シャルル・ヴァネル)は検事であり、やがて男の目的は十八年前に息子が有罪とされた事件の再審査を訴えることだとわかる。好奇心から事件を調べる少年の心に、容疑者(ダニエル・ジュラン)の妻殺しは寃罪だったかもしれないという疑惑が芽生える。美術史の教授は、なぜ年上の妻(マドレーヌ・ロバンソン)を殺したのか? そして妻の妹(エレオノラ・ロッシ=ドラゴ)とはどういう関係だったのか? 当時、若手検事だった父親の舌鋒ぜっぽう鋭い論告を後押ししたのは、実は親友(アントン・ウォルブルック)の証言だった。

 映画と小説、その双方に共通するキーワードは、無実の罪である。片や映画は、あってはならないことながら、裁判もまた人間が行うものであるから、起こりうることを否定できない寃罪を描く。一方小説は、妻の身代わりとなって殺人罪で二十年を刑務所で過ごした男が出所するところから始まる。
 男女の再会がさらなる悲劇の連鎖反応を引き起こすという展開は映画と相通じるが、ペシミスティックなデュヴィヴィエに対し、作者の描く夫婦は悪戯いたずら好きの運命の女神の前でもたじろぎもしない。どこかノンシャランで、人を食ったようなユーモラスなラストが読者をけむにまく愉快な一編だ。
 第二集の『暴力教室』の解説でも触れたが、「理由なき反抗」(1955年)は当時アメリカで流行した非行少年映画の一つである。早逝したジェームズ・ディーンの代表作としても知られ、深夜三時のロサンジェルスの路上から始まり、翌日同時刻のグリフィス天文台のプラネタリウムで幕を下ろす。
 監督のニコラス・レイはアメリカ人だが、ヌーヴェルヴァーグの監督たちからリスペクトを受け、後年はヨーロッパでも活躍した。デビュー作の「夜の人々」や、ドロシー・ヒューズ原作の「孤独な場所で」などで、フィルム・ノワールの作り手としても知られる。

 泥酔状態で保護されたジム(ジェームズ・ディーン)は、夜中の警察署でジュディ(ナタリー・ウッド)とプレイトウ(サル・ミネオ)を見かける。翌日、二人が転校先の高校のクラスメートだと知るが、彼らはそれぞれに家族との関係に問題があり、悩みを抱えていた。不良グループの挑発に乗ったジムは、そのボス格でジュディのボーイフレンドのバズと、断崖だんがいに向けて自動車を疾走させるチキンレースで勝負をするが、相手は転落死してしまう。事なかれ主義の父親に相談しても、納得のいく答えは得られずに困惑する彼を、不良グループが付け狙い始める。

 心優しく繊細でありながら時折危うさも覗かせるジムに、ジュディは次第に惹かれていくが、十六歳の香里かおりが心を奪われるのは、暴走族の少年である。彼女は、チキンレースよろしく猛スピードで走ってきた二台のバイクにあて逃げされるが、人目を避けるように花束を携え病院に現れた犯人の少年に好意を抱く。
 香里とその一家は、一見どこにでもありそうな家族だが、放映中のテレビドラマに吸い寄せられるように、静かに崩壊へと向かっていく。不気味な余韻を残す最後の一節が、心胆寒からしめる恐怖の一編である。

書籍

『埋もれた青春 懐しの名画ミステリー(3)』

赤川 次郎

定価 605円(本体560円+税)

発売日:2018年07月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『悪魔のような女 懐しの名画ミステリー(2)』

    赤川 次郎

    定価 648円(本体600円+税)

    発売日:2018年01月25日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『血とバラ 懐しの名画ミステリー(1)』

      赤川 次郎

      定価 648円(本体600円+税)

      発売日:2017年07月25日

      ネット書店で購入する