画像
テレビで大活躍の池上彰さん。2019年7月21日(日)には、選挙特番でキャスターを務めます。(TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ
政治を考える上で欠かせないのが、世界や日本で起こっているさまざまなニュースを理解すること。そこでおすすめなのが、信頼の「ニュース入門」の第10弾、角川新書『知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本』(池上彰・著)です。シリーズ累計186万部突破、愛称「知ら恥」シリーズの最新刊です。

本書では、世界や日本のさまざまな大問題を、縦(背景・歴史)と横(世界のさまざまな地域のつながり)から解説しています。そしてエピローグでは、「民主主義とは何か」を語っています。

今回は、その一部を掲載します。参議院選挙前の必読の書としてぜひご覧ください。



 * * *

■民主主義のパラドックス

 民主主義とは何か、という話になります。民主主義は万能ではありません。欠陥だらけです。
 イギリスの元首相ウィンストン・チャーチルの名言があります。「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外のすべての政治体制を除けばだが」。でもこれは逆説的に「民主主義こそが最良の政治」と言っているのです。
 民主主義のもと、とんでもない人がリーダーになることだってある。間違った選択をしてしまうこともある。いまのように1党独裁の中国が発展し、アラブの春で独裁政権を倒した国々が混乱しているのを見ると、「民主主義はすばらしい」とは残念ながら言えないでしょう。でも、チャーチルが言うように、「民主主義が大事」と言っていかなければならないだろうし、そのためのモデルケースを作っていく必要があると思います。

■アラブ世界が民主化に失敗したワケ

 アラブの春で、エジプトのムハンマド・ホスニ・ムバラクによる長期独裁政権が倒れたとき、当時、アメリカの国務長官だったヒラリー・クリントンがエジプトを訪れました。カイロに集まった学生たちと対話集会を開き、「あなたたちの民主化運動によって独裁政権が倒れた。さあこれからはあなたたちが国をつくっていかないと、また独裁政権に戻ってしまうわよ」と発破をかけると、学生たちはみんなキョトンとしていたといいます。
 つまり、「独裁政権は倒した。今度は誰かが来て、新しい政治をやってくれるんじゃないか」。エジプトの学生たちはみんな“待ち”の姿勢だったというのです。
 ヒラリーは「誰も理解してくれなかった。エジプトの将来に大きな危機感を抱いた」と、2015年に出版した自身の本『困難な選択』の中に書いています。
 彼女の悪い予感は当たってしまいました。エジプトは軍事政権に戻ったのです。
 エジプトはそもそも民主主義の経験、実績、体験がありませんでした。中東のアラブ世界においては、選挙で代表を選び、うまくいかなかったら次の選挙でひっくり返すという仕組みを理解していない人がほとんどです。そんな中で、アメリカ的な民主主義を導入すると混乱するばかりです。
 さらに言えば、ヨーロッパの国々だっていまでこそ民主主義ですが、昔はそうではなかったのです。さまざまな問題の中から市民革命が起き、何百年もかけて民主主義を築いてきました。民主化というのは、短期間で一気にやろうと思っても無理なのだという、ある種“冷淡”な見方も、どこかで求められているのではないかと思います。

■「選挙に行かないと罰金」は無意味?

 結局は、民主主義は上から押し付けられてもダメなのです。一人ひとりが「本当に民主主義が大事なのだ」と理解して、はじめて民主化が成功するのでしょう。
 民主主義を実現するには、まずは選挙に行くことが大事です。何とか行かせようと、投票所へ行くことを有権者に義務付け、行かないと罰金を取る国があります。
 義務投票制を採用しているのは、オーストラリアやブラジルなどです。
 ブラジルは非常に投票率が高いのです。ところが、ブラジルへ取材に行って「選挙で誰に投票したのですか?」と聞くと、かなりの人が覚えていませんでした。つまり罰則をつくると仕方がないから行くだけで、何も考えないで投票する人が多い。単に投票率を上げればいいというものでもないのです。
 日本の場合は18歳になると選挙管理委員会から投票所入場券が送られてきます。当たり前のことのようですが、アメリカは違います。アメリカの場合は、有権者登録をしなければ選挙に行って投票できません。自ら積極的に政治に関わろうという人によって成り立つという考え方、これが大事です
 義務化することによって投票率を上げても何の意味もない。むしろ積極的に参加しようというかたちにする、上から与えられるのではなく、自ら勝ち取ろうとする、それが民主主義なのだと思います。

書籍

『知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本』

池上 彰

定価 929円(本体860円+税)

発売日:2019年06月08日

ネット書店で購入する

    書籍

    『民主主義』

    文部省

    定価 994円(本体920円+税)

    発売日:2018年10月24日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『政界版 悪魔の辞典』

      池上 彰

      定価 886円(本体820円+税)

      発売日:2019年07月12日

      ネット書店で購入する