画像
『万葉集』が編纂されて1200年以上の時がたちました。
その間、この作品は時代によって、読む人によって、さまざまな受け取られ方をしてきました。

紫式部、藤原定家、源実朝、賀茂真淵……先人たちはいったいどのように『万葉集』を読んだのでしょうか?

『万葉集』の読み方に現われる日本人のこころの歴史をたどり、万葉集の魅力に迫る『万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史』(小川靖彦著)から「はじめに」を試し読み!


―――――――――――――――――――――――

はじめに


 現存する日本最古の歌集『万葉集』は八世紀の末に成立しました。それから今日まで、約千二百年の長きにわたって『万葉集』は読み継がれてきました。今、私たちが『万葉集』を読めるのは、この長い歴史があったからにほかなりません。

 今日では名も伝わらない多くの人々が『万葉集』の書写に携わりました。また歌人や連歌師、そして学者たちが研究に取り組みました。その周辺には『万葉集』を愛好する人々がいました。日本人が『万葉集』に寄せてきた思いの深さを考えると改めて感動を覚えます。『万葉集』はそれほどまでに魅力的な歌集であり続けてきたのです。

 しかし、『万葉集』の読み方は時代とともに大きく変化しています。十二世紀後半から十三世紀の前半、平安時代末期から鎌倉時代前期を生きた歌人の藤原定家ていかも『万葉集』を愛好し尊重していた一人です。定家が晩年に編んだ秀歌撰『百人一首』(後の時代の百人一首と区別して「小倉百人一首」とも言います)には万葉歌人の歌が五首選ばれています。

秋の田の 仮庵かりほいほの とまをあらみ わが衣手ころもでは つゆに濡れつつ
天智天皇 
〔(訳)秋の田のほとりの仮小屋の苫〈すげかやなどを編んで屋根をいたもの〉の目が粗いので、私の袖は露に濡れてゆくばかり……。〕
春過ぎて 夏来にけらし 白妙しろたへの ころもすてふ あま香具山かぐやま
持統天皇 
〔(訳)春が過ぎて夏が来たらしい。夏が来ると純白の衣を干すという天の香具山なのだから(今白妙の衣が干されているよ)。〕
あしびきの 山鳥やまどりの しだり尾の 長々ながながを ひとりかも寝む
柿本かきのもとの人麿ひとまろ 
〔(訳)(あしびきの)山鳥の尾の、その長く垂れ下がった尾のように、長い長い秋の夜をひとりで寝るのだろうか。〕
田子たごうらに うちでて見れば 白妙しろたへの 富士の高嶺たかねに 雪は降りつつ
山辺やまのべの赤人あかひと 
〔(訳)田子の浦の眺望のきくところに出て仰ぎ見ると、純白の布のように白く高大な富士山に、雪は今もしきりに降り続いている。〕
かささぎの 渡せる橋に 置くしもの 白きを見れば 夜ぞ更けにける
中納言ちゅうなごん家持やかもち 
〔(訳)かささぎが翼を連ねて渡した橋の上に降りている霜の白さを見ると、夜もすっかり更けたことであるよ。〕

書籍

『万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史』

小川 靖彦

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2014年04月23日

ネット書店で購入する