menu
menu

試し読み

弓の名人が村の少年に教える「実りある人生」のヒント――『アルケミスト』のパウロ・コエーリョの新作『弓を引く人』試し読み#1

世界で8500万部の大ベストセラーになっている『アルケミスト 夢を旅した少年』の作者、パウロ・コエーリョの最新刊『弓を引く人』が刊行されました。弓道を題材にした寓話を通して、人生を実り豊かにするヒントがちりばめられた、素敵なイラスト満載の本です。まずは、プロローグの一部の試し読みからお楽しみください。


弓を引く人 カバー画像

弓を引く人
著者 パウロ・コエーリョ
定価: 1,980円(本体1,800円+税)
発売日:2021年11月20日


『弓を引く人』試し読み#1

哲也てつやさんのことですか?」
 少年はその見知らぬ男を驚いて見つめた。
「この村の人は誰一人、哲也さんが弓を持っているところを見ていません。みんな、彼のことを大工だと思っています」と少年は答えた。
「彼は弓をあきらめたか、または自信をなくしたかしたのだろう。そんなことは私にはどうでもよいことだ」とその見知らぬ男は言った。「もし彼が弓をやめたのであれば、もはや、この国で一番の射手とはいえまい。私が何日間も旅をしてここまでやってきたのは、彼に挑戦して、国一番の射手、弓の名人だという、すでに意味のない彼の評判をもうおしまいにするためなのだ」
 少年は、この男とこれ以上議論してもむだだと分かった。間違いであることを分かってもらうためには、この男を哲也の工房に連れて行くのが一番いいだろう。
 哲也は彼の家の裏にある工房にいた。



 哲也は誰が訪ねて来たのかを確かめようとして、こちらを振り返った。しかし、その見知らぬ男が携えていた長い袋を目にすると、哲也の微笑みはたちどころに消えた。
「まさに、あなたが想像されたとおりです」とやってきたその男は言った。「私がここに来たのは、今や伝説になっているあなたに恥をかかせるためでも、あなたを怒らせるためでもありません。ただ私は、自分が修行に何年もついやして、ついに完璧かんぺきの域に達したことを証明したいのです」
 哲也は自分の仕事を再び始めようとした。彼は机に脚を取りつけるところだった。
「長年すべての世代の人々の手本であり続けた立派なお方が、今のあなたのように、人々の前から姿を消すことは許されません」と見知らぬ男はさらに続けた。「私はあなたの教えに従いました。そして、弓道を敬い、大切に学んできました。私にはあなたに弓の技を見ていただく資格があると思います。あなたに見ていただければ、私は帰ります。そして、最も偉大なマスターの居場所は他の誰にも絶対に教えません」
 その男は袋から長い弓を取り出した。その弓は光沢のある漆で塗られた竹でできていた。そして握る部分は、弓の中央よりやや下についていた。彼は哲也に向かって深くお辞儀をしてから、庭に出ていった。それから、彼はある場所に向かって、もう一度お辞儀をした。
 彼は、ワシの羽根のついた一本の矢を取り出すと、次に両足でしっかりと地面を踏みしめて立った。それは矢を射るための確固たる基本姿勢だった。さらに、今度は片方の手で顔の前に弓をかかげると、もう一方の手で、矢を定位置にあてがった。
 少年はよろこびと驚嘆の面持ちでこれを見ていた。今や哲也も仕事を中断して、その男の行動を興味深げにじっと見つめていた。
 男は矢をつるにつがえると、矢が自分の胸の中央の高さにくるまで弓を持ち上げた。つぎに、彼は矢を頭の上まで持ち上げると、ゆっくりと再び腕をさげながら、弦を引き始めた。
 矢が顔の高さまできたとき、弦は十分に引き絞られていた。永遠に続くかのように感じられる一瞬、射手と弓は完全に静止した。少年は矢が向けられている方向を見たが、そこには何も見えなかった。
 突然、弦を持つ手が開かれ、その手は後ろに放たれた。
 もう一方の手で支えられていた弓は優雅な弧を描き、矢は一瞬、視界から消えたが、再び遠くに現れた。
「行って、矢を取ってきなさい」と哲也が少年に向かって言った。
 少年が矢を持って戻ってきた。その矢先にはサクランボが刺さっていた。少年はその矢を40メートル先の地面の上で見つけたのだった。
 哲也は矢を射た男に軽くお辞儀をすると、仕事場の片隅に行き、長細い木の枝のようなものを手に取った。それは微妙にカーブしていて、細長い革で包まれていた。
 哲也がゆっくりと革の覆いをほどくと、中から男が使った物によく似た弓が現れた。ただ、男の弓と違って、哲也のものはずっと使いこまれているように見えた。

(つづく)

作品紹介:『弓を引く人』著パウロ・コエーリョ



弓を引く人
著者 パウロ・コエーリョ 共訳 山川 紘矢 共訳 山川 亜希子
定価: 1,980円(本体1,800円+税)
発売日:2021年11月20日

『アルケミスト』のパウロ・コエーリョが贈る、人生を実り豊かにする教え
この国で最高の弓の達人である哲也は、現在、小さな村の普通の大工として生きていたが、ある日、遠い国から来た別の弓の達人から挑戦を受けた。
哲也はこの挑戦を受けることによって、その弓の達人だけでなく、村の少年にも弓の真髄を教えるのであった――。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322102000108/
amazonページはこちら


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年12月号

11月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

闇祓

著者 辻村深月

2

黒牢城

著者 米澤穂信

3

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

4

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

5

テスカトリポカ

著者 佐藤究

6

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

2021年11月28日 - 12月5日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP