menu
menu

試し読み

相続人たちの名前と同じ「春夏秋冬」を冠する4本の短刀が消えた。一体誰が、何のために?『天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族』試し読み#4

2022年6月10日発売、注目のユーモア&リーガルミステリ『天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族』

若手弁護士・比良坂小夜子の祖母は、「伝説」「神」と語り継がれる偉大すぎる弁護士。でも孫の小夜子は、いたって地味で平凡(むしろ自他共に認めるポンコツ?)という真逆っぷりで、先輩弁護士の葛城一馬に叱られたり呆れられたりするばかり。なのに、祖母の伝手で大実業家の遺言執行の依頼が舞い込んできてしまう。及び腰で屋敷に向かう小夜子を待っていたのは、癖の強い一族の面々。さらに殺人事件まで発生してしまい――!?
天才弁護士の孫娘は、果たして遺言状の謎と事件の真相にたどりつけるのか。
コミカルでスリリングなイチオシ新作『天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族』、特別試し読みをお送りします!



『天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族』試し読み#4

 夏彦が尊子に引きずられるように退場してから半時あまり。小夜子がちまちまと作業を進めていると、今度は御子神秋良が小夜子のもとに現れた。彼は開口一番「なんか進展はあったか?」とつっけんどんに問いかけた。
「目録作りなら順調です」
「そうじゃねぇよ! 遺言の偽造疑惑についてだよ!」
「え、ああ、偽造疑惑ですか。いやそれはちょっと……」
 小夜子は「どうしよう、すっかり忘れてた!」「ああでも、そもそも私の仕事じゃないんだよね?」「でもそれを指摘したらまた激高されそうだなぁ」などとしばらく思考を巡らせたのち、結局「残念ながら、そちらの進展は今のところありません」と神妙な面持ちで言うにとどめた。別に噓はついていない。
「秋良さんの方はいかがですか?」
「使用人たちや親父の知り合いに片っ端から聞いてまわったんだが、遺産相続については誰も聞いてないとさ」
「そうですか」
 まあそれはそうだろう。小夜子が聞かれる立場でも、知らないと答えるに決まっている。自分がもらえるわけでもない遺産のために、骨肉の争いに巻き込まれたい人間がどこの世界にいるものか。
「ところでつかぬことをおうかがいしますが、秋良さんは春夏秋冬の短刀ってご存じですか?」
「え、ああ、確か親父が趣味で作った奴だろ?」
「それが見当たらないようなんですが、お心当たりはありませんか?」
「ねぇよ、そんなもん俺が知るわけないだろ」
 秋良はそう吐き捨てるや、足音も荒く立ち去った。



 目録作りがいち段落着いたところで、小夜子はしばしの休憩を取ることにした。
 書斎を出て伸びをしながら長い廊下を歩いていると、やがて中庭に面した広縁に出た。ガラス越しに見える庭の緑が心地よく、端には洒落しやれとうがしつらえてある。
(休憩中にちょっと座るくらい別にいいよね、うん)
 小夜子は一人うなずいて、籘椅子に腰を下ろした。そしてよく手入れされた庭をしばらくたんのうしたのち、おもむろにスマートフォンを取り出した。そろそろお気に入りのウェブ小説が更新されている時刻である。
 いつもの無料小説サイトを確認すると、マイページに更新のお知らせがあった。
 開いて見れば、物語はいよいよ佳境に入ったところだった。ヒロインの公爵令嬢はついに意を決してうわ者の王太子との婚約解消を申し出る。それに対し、王太子は鼻で笑って──
「何読んでるの?」
「ひゃぁ!」
 後ろから声を掛けられて、小夜子は踏まれた二十日鼠のような声を発した。振り返ると御子神夏斗が興味深そうに手元をのぞき込んでいる。
「え、夏斗さん、なんでここに」
「別に、通りかかっただけ。それで、何読んでるの? 仕事関係?」
「はい。仕事上の重要書類です。守秘義務がありますので詳しいことはお答えできません」
 小夜子はスマホを伏せながらしかつめらしい顔で言った。
「ふうん、なんか王太子がどうとか見えたけど」
「業界で使われている隠語です。それで、何か御用ですか?」
「だから、通りかかっただけ」
 それならさっさと通り過ぎてくれないだろうか。
 そんな小夜子の願いもむなしく、夏斗はなにやらじろじろと眺め回したうえで、こちらの急所を突いてきた。
「比良坂先生って、なんかすごい弁護士の孫なんだよね?」
「はい。一応」
「なんか全然そういう風に見えないね」
「ええ、よく言われます」
 小柄なたいに地味な童顔は時々中学生に間違えられる。
「能あるたかは爪を隠すってやつ?」
「それより夏斗さん、春夏秋冬の短刀が見当たらないそうなんですけど、何がご存じありませんか?」
 小夜子は強引に話を切り替えた。
「春夏秋冬って、祖父じいちゃんの作ったやつ?」
「はい。それです」
「知らないけど、あれなくなったの?」
「あるはずの場所に見当たらないそうです」
「ふうん、そうなんだ。どこ行ったんだろうね」
 夏斗はいかにも興味なさそうな口調で言った。そしてどうでもいいような会話をいくらか交わしてから、彼はようやく立ち去った。



 書斎へと戻る途中の廊下で、昨日の猫がまたも足元にすり寄ってきた。れいなオレンジ色の毛並みにかぎしつ。名前は確か蜜柑だったか。死を予言する猫との触れ込みだったが、可愛いことには変わりない。
 小夜子が「蜜柑ちゃん」と文字通りの猫で声を出しながら、そろそろとにじり寄っていくと、猫の方もじりじりと後退していく。
 そうこうしているうちに、飼い主の御子神真冬も現れた。すると猫は小夜子におしりを向けて、真冬の後ろに駆けこんでしまった。
「弁護士さん、また来たの?」
「はい、すみません」
「死人が出るって、信じてないの?」
「いえ、信じてないわけじゃないんですが」
 小夜子は視線をそらしつつ弁解した。
「蜜柑は本当に人が死ぬのが分かるのよ。お母さんが死んだ時も、お祖父ちゃんが死んだ時も、蜜柑が『もうすぐこの家に死人が出るよ』って私に教えてくれたんだから」
「お母様が……そうなんですか」
 無表情の真冬を前に、小夜子は少々複雑な気持ちになった。
 昨日夏彦に聞いた話によれば、御子神真冬の母親は冬也がいなくなった翌年に、庭の池に落ちて亡くなっている。警察は事故として処理したが、夏彦いわく「しつそうした冬也のことでノイローゼ気味だったから、自殺の可能性もある」とのこと。
 真相がそのいずれであったとしても、幼い真冬に与えた衝撃は大変なものだったに違いない。真冬はそれがショックなあまり、夢と現実の区別がつかなくなっているのではなかろうか。
(少し早い中二病かと思ってたけど、むしろカウンセリングが必要な案件じゃないの、これ)
「それは……すごいですね」
「うん、蜜柑は凄いの」
「それでその……亡くなったお母様のお名前はなんとおっしゃるんですか?」
 小夜子はとりあえず話を続けた。
「御子神椿つばき
「椿さんですか、綺麗なお名前ですね」
「写真あるけど、見る?」
「はい。ぜひ」
「じゃあ、部屋こっちだから」
 真冬は先に立って歩きだした。
 再び長い廊下を何度か曲がって、階段を上り、突き当たりの重厚な扉を開けると、さんさんと日が差し込む部屋に出た。
「これ、お母さん」
 真冬は机の引き出しから一枚の写真を取り出して、小夜子に向かって差し出した。
 そこに写っていたのは、まだうら若いほっそりとした女性だった。茶色がかったふんわりした髪と整った顔立ち、そして目元の泣き黒子ぼくろ。綺麗な名前にふさわしい実に綺麗な女性だが、それよりも小夜子に強い印象を与えたのは、言いようのない既視感だ。
(あれ、私この人知ってる……?)
「失礼ですが、お母様はなにか外でお仕事は?」
「ううん、専業主婦だった」
「そうですか……」
「それがどうかしたの?」
「いえ、なんでも」
 一体どこで会ったのだろう。改めて記憶をあさってみたが、思い出すことができなかった。
「ところで真冬さん、おじいさまが打った春夏秋冬の短刀が見当たらないそうなんですが、真冬さんはどこかで見かけた記憶はありませんか?」
「知らない」
「そうですよね。失礼しました」
 まあ十歳の少女が興味を持つものではないだろう。小夜子は一人頷いた。



 その後、書斎に戻って仕事を再開することしばし。今度は御子神晴絵から午後のお茶に誘われた。
 前回仕事の愚痴を聞いてもらったこともあり、今回はひたすら聞き役に徹することにしたのだが、晴絵の語る季一郎の思い出話に愚痴めいたものは一切なく、実に微笑ましいのろ話に終始した。
「あの人ったら私にひざまずいて、『貴方あなたの望むことならなんであれ、かなえることを誓います。けして不自由はさせません』なんてプロポーズしてくれたのよ」と微笑む晴絵は、まるで愛くるしい少女のようだ。季一郎が見事事業で成功したのも、最愛の妻に不自由させまいと頑張った結果なのかもしれない。
 美味おいしい茶菓をたんのうしつつ、故人の様々なエピソードを拝聴しているうち、ごく自然に春夏秋冬の短刀のことが話題に上った。
「ええもちろん知っているわ。刀のおじいさんに習って自分で打ったんだって、主人がうれしそうに何度も自慢していたもの。自分の名前が季節の季だから、それにちなんで春夏秋冬の名前を付けたんですって」
 晴絵は懐かしそうに目を細めたあと、「そういえば、あれも夏彦さんが受け継ぐことになるのかしら」と無邪気な調子で言葉を続けた。
「そういうことになると思います。ただ若干の問題がありまして」
「問題?」
「はい。実はあるべき場所に見当たらないんだそうです」
「まあなんてこと! よく探したの?」
「と、思います」
「そう、困ったわねぇ。一体どこに行ったのかしら」
 晴絵は頰に手を当てて、困惑したように小首を傾げた。
「主人はあれで結構うっかりさんで、昔からよく物をなくす人だったから、うっかりどこかに置き忘れてしまったのかもしれないわね」
「ああ、それはあるかもしれませんね」
 小夜子は「短刀をうっかりどこかに置き忘れるのは怖いなぁ」と思いながらもうなずいた。
 その後は訴訟資料が見当たらなくて青くなって探し回ったら、何故か冷蔵庫でキンキンに冷えていた話やら、弁護士バッジが見当たらなくて再発行してもらったら、何故か製氷皿でカチコチに凍り付いていた話やらで盛り上がり、短刀についても「誰かがることもないだろうし、そのうちどこかからひょっこり出て来るだろう」との結論に落ち着いた。
 そんなこんなで春夏秋冬の短刀については御子神一族の見解を一通り拝聴したわけだが、そのありについては依然として不明のままだった。

〇 四十九日まであと十九日

 翌日。小夜子は近隣の銀行に片っ端から照会をかけて、こちらが把握していない故人の口座がないかを確認したり、こつとう品や不動産などについて鑑定する鑑定士を手配したりする作業に忙殺された。
 美術骨董の鑑定依頼についてはいずれも「御子神季一郎氏の遺品なら、喜んでそちらまで出向きましょう」と申し出てもらえて助かった。こんなお高そうな代物をこんぽうして店まで持ち込むなんて、考えただけでも胃が痛くなりそうな作業である。
 故人が日本全国に所有していた不動産についてもそれぞれ鑑定の委託先が決定し、一安心といったところである。
 今日は秋良が押しかけてくることもなければ、夏斗や真冬とうっかり出くわすこともなく、至極順調に作業は進んだ。
 晴絵のところでお茶をごそうになったほかは、ほとんど御子神家の一族と顔を合わせることもなく一日分の仕事を終えて、さわやかな気分で家路に就こうとしたところで、老執事のむらかみに呼び止められた。
「比良坂先生、もうお帰りですか?」
「はい。一区切りついたので」
「そうですか……。大変申し訳ありませんが、今からお時間をいただけないでしょうか。実は先生に折り入ってお話ししたいことがありまして」
「あ、はい、それは構いませんが」
 なんとなく厄介ごとの気配を感じたものの、まさか「嫌です」と言うわけにもいくまい。小夜子は居住まいをただして問いかけた。
「それで、お話ってなんでしょう」
「実は先代様のことなのですが」
「はい」
「先代様には、もう一人ご子息がおられるのです」
「はい?」
 思っていた以上の厄介ごとに、小夜子はその場で葛城に電話を掛けたくなった。

(つづく)

作品紹介・あらすじ



天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族
著者 雨宮 周
定価: 682円(本体620円+税)
発売日:2022年06月10日

謎めいた遺言状が引き起こす殺人劇。その真相に、天才弁護士の孫が迫る!?
伝説の弁護士の孫は、まさかのポンコツ!?
なのに、いわくありげな一族の遺言執行をすることになって……!
ユーモアあふれるリーガルミステリ!

若手弁護士・比良坂小夜子ひらさかさよこの祖母は、勝率100%で法曹関係者から神と崇められている伝説の弁護士。
だが小夜子は、そんな祖母とは真反対。
気弱で流されやすく、いたって省エネなスタンスで、同じ事務所のエリート先輩弁護士・葛城一馬かつらぎかずまにいつも叱られたり、呆れられたりしている。

そんな折、小夜子は祖母がかつて弁護を担当した大実業家・御子神季一郎みこがみきいちろうの遺言執行者に指名される。
その遺言書はなぜか、相続をめぐって殺し合いが起きかねない不穏な内容で、一族の面々も癖の強い人物ばかり。

小夜子は及び腰ながらも職務を全うしようとするが、御子神邸で連続殺人が発生し、当事者として巻き込まれることに……。
天才弁護士の孫は、遺言状の謎と殺人事件の真相に迫ることができるのか!?
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322106000322/
amazonページはこちら






紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

夜は猫といっしょ 4

著者 キュルZ

2

マダムたちのルームシェア

著者 sekokoseko

3

私のジャンルに「神」がいます3

著者 真田つづる

4

疲れた人に夜食を届ける出前店

著者 中山有香里

5

小説 嘘つき魔女と灰色の虹

著者 そらる

6

アイドル失格

著者 安部若菜

2022年11月13日 - 2022年11月20日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP