menu
menu

試し読み

【話題作再掲】「大丈夫?」偽りの優しさに騙されて、私は監禁された。怒濤のどんでん返しミステリー!櫛木理宇「虜囚の犬」#4

カドブンで好評をいただいている、ミステリー『虜囚の犬』。
公開期間が終了した物語冒頭を「もう一度読みたい!」、「7月9日の書籍刊行まで待てない!」という声にお応えして、集中再掲載を実施します!
※作品の感想をツイートしていただいた方に、サイン本のプレゼント企画実施中。
(応募要項は記事末尾をご覧ください)

 ◆ ◆ ◆

>>前話を読む

 北畠彩香と名乗った女は、病院へ搬送された。

 ひどい栄養失調と脱水症状を起こしていたため、ただちに点滴処置となった。百六十センチの身長に対し、体重は三十九キロまで落ちていた。

 首輪とあしかせを嵌められていた箇所は、擦れて傷になり、膿んでいた。また殴打で折れたらしいろつこつしやつこつが、適切な治療を受けられぬままごうしていた。

 ちつさつしようは、乱暴な性交渉を繰りかえし強いられたせいだろう。右の小指が折れ、両指の爪が六枚剝がれていた。

 北畠彩香の名で照会した結果、去年の九月に、県で同名の行方不明者が出ていたとわかった。とどけを出したのは夫であった。

 ──北畠彩香、二十六歳。

 既婚。子供はなし。失踪当時、千葉県せん郡在住の専業主婦。

 事情聴取を任されたのは和井田だった。

「聴取は、患者の回復を待ってからにしてください」

 と担当医は言った。しかし頼みこんで、五分だけ面会を許してもらった。

 デリケートな事件ゆえ女性捜査員に同席してもらい、病室には担当医と看護師が待機しての聴取であった。

「……夫に、殴られていたんです」

 消え入りそうな声で、彩香は言った。

 夫は八歳年上の会社員。インターネット上の趣味サークルで知り合った仲で、二年の遠距離恋愛を経て、一昨年おととしの春に結婚した。

 千葉は夫の会社と実家がある土地だ。彩香自身は、ながで生まれ育った。結婚のため仕事を辞め、誰一人知人のいない関東に越してきたのである。

「結婚前は、やさしい人でした。でも籍を入れた途端、人が変わったみたいになって……。お酒を飲んでは『食事の味付けが気に入らない』だの、『旦那さまを笑顔で出迎えろ。辛気くさい顔をするな』だのと難癖をつけて殴るんです。逃げたかったけれど、実家は祖父母の介護で大変だし、心配をかけられませんでした。行政もあてにならなかったんです。『夫婦の話し合いが足りないんでしょう』、『旦那さんも、お仕事のストレスで大変なんですよ』と、定型句で追いはらわれました……」

 彩香は唇を嚙んだ。

 女性捜査員が確認したところ、彩香はDVシェルターや配偶者暴力相談支援センターの存在を知らなかった。福祉の窓口といえば市役所しか把握しておらず、子供がいないため、保健師や民生委員ともみがなかった。

 ある夜、彩香はとりわけひどく夫に殴られた。

 夫は倒れた彼女の顔や腹を踏みつけ、

「おまえみたいな役立たずのブスを養うのは嫌気がさした」

「とっとと出ていけ。どこへでも言って野たれ死ね」

 と開けた窓からバッグを外へ放り投げた。

 彩香はよろめきながら、バッグを拾いに走った。散らばった財布や携帯電話をかき集め、アパートに戻る。しかしすでに、中からドアチェーンがかけられていた。

「ビジネスホテルにでも泊まれたらよかったんですけど……お財布に、二千円しか入っていなくて」

 しかたなく彩香は三十分かけて、二十四時間営業のマクドナルドまで歩いた。

 夕飯は食べていなかった。しかし食欲はなかった。口内の傷にみないよう、炭酸を避けてミルクを注文した。ぬるいミルクをストローで吸いながら、片手で携帯電話をいじる。

 千葉に知り合いは一人もいなかった。長野の友人にメールしようかとも思ったが、こんな夜更けに来てもらえるわけもない。第一、自分がみじめすぎて打ち明けられなかった。

 ゆっくりと店内を見まわす。

 真夜中のマクドナルドは、昼間とはまるで客層が変わっていた。ホームレスじみた風体の男や、キャリーバッグを引きずる老女。男か女かもわからないバックパッカーなどがおのおのテーブルに突っ伏している。

 ──どうしてわたし、こんなところにいるんだろう。

 自嘲の笑いがこみあげた。

 いいとしをして、いまのわたしは家出少女みたいだ。

 ──家出少女。

 頭に浮かんだその単語が、彩香を馬鹿げた行動に突き動かした。

 彼女はその場でツイッターのアカウントを作成した。使ったのは、古いフリーメールのアドレスだ。そして「#泊めてくれる人募集」のハッシュタグを付けて、

「26女。千葉。今晩泊めてくれる人を探しています。助けてください」

 と発信した。

 普段ならこんな愚かなはしない。だがそのときはどうにも人恋しかった。暴力によって叩き潰され、踏みにじられた自尊心を誰かに癒やしてほしかった。

 一時間待ったが、届いたダイレクトメッセージは二件だけだった。

 だよね、ネットの世界じゃ二十六歳なんて、もう需要のないおばさんだよね、と苦笑しながらひらく。

 一件目はあきらかな冷やかしだった。しかし二件目のメッセージは、

 ──大丈夫?

 の一言ではじまっていた。

 その言葉が、彩香の胸を貫いた。

 誰でもいいからそう言って欲しかった、いたわられたかったのだと、言われてはじめて気づいた。メッセージはさらにつづいていた。

 ──大丈夫? つらいことでもあった? おれでよかったら、話聞くよ。

 彩香は半泣きで返信した。

 三、四通やりとりすると、相手が茨城在住の男性であり、自分よりすこし年下であるとわかった。

 ──車あるし、一時間もあればそっちに着くよ。待ってて。白のロードスターで、目印は黒地に赤いスカルマークのステッカー。

 当てにせず待ったが、一時間後、白のマツダロードスターは、ほんとうにマクドナルドの駐車場にあらわれた。

「やさしそうな人に見えました。身長も、わたしとさほど変わらないくらいで……。体の大きな、怖そうな人だったらもっと警戒したと思います。でも、メッセージのやりとりがまともだったし……心が弱っていたせいもあって、信じこんでしまいました」

 供述に矛盾はないな、と和井田は思った。

 検視された薩摩治郎の遺体は、身長百六十四センチ。童顔で、おとなしそうな容貌の男だった。彩香がだまされたのも無理はあるまい。

「でもあの家に……竹林の陰の家に着いた途端、あいつはひようへんしました」

 彩香は「視界の隅で、火花が散るのを見た」と言う。

 見たように思った。だがその瞬間には、すべてが遅かった。彩香は気を失い──目が覚めたときには、地下室にいた。

「火花はスタンガンだったんだと、目覚めてようやく気がつきました。でも、手首も足首も拘束されていて、逃げられなかった。首には、鎖付きの首輪が……」

 だが一番恐ろしかったのは、首輪でも足枷でもなかった。

 先住者が、もう一人いたことであった。

「もう一人……?」

 和井田は問いかえした。彩香が頰をゆがめる。

「そうです。わたしが来たときは、すでにがいました。でも半分くらい、おかしくなっていた。おかしな方向を見てぶつぶつ言ったり、泣いてばかりだった。それをある日、あの男が『うるさい』と怒りだして、『泣くな。なにが不満なんだ』と、チイちゃんの足首を縛って、逆さにり下げて──」

 数秒、彩香は絶句した。

「……どのくらいの時間吊るしていたか、わかりません。あいつは、暗くなっても下ろしてくれなかった。やっと下ろしてもらえたときには、チイちゃんの顔は真っ赤に膨れあがってた。すこし吐いて、……ぐったりして、動かなくなった」

 そしてそのまま、二度と動かなかった──。

 その言葉を最後に、彩香はパニック状態に陥った。

 急いで医師が割って入り、「これ以上は無理です」と、看護師に和井田たちを病室から追い出させた。

 和井田はいったん捜査本部に戻り、係長に報告を果たした。

 係長は額の汗を拭い、唸るように言った。

「〝もう一人の先住者〟か。こりゃあ、マル害の庭一帯を掘りかえしてみにゃならんな。管理官とも合議の上、の発布を請求するぞ。……くそ、こうなりゃ誰が被害者か、わかったもんじゃねえ」

(つづく)

発売間近! 1冊丸ごと楽しみたい方はこちらをどうぞ
amazon
楽天ブックス

【『虜囚(りょしゅう)の犬』サイン本プレゼント】

KADOKAWA文芸編集部アカウント( @Kadokawashoseki )をフォローのうえ、

  1. 応援&おすすめコメント
  2. #虜囚の犬書籍発売記念

の2つをツイート!
抽選で5名様に櫛木理宇さんのサイン本をプレゼントします。
ご応募は7月16日までです。ご応募お待ちしております!



櫛木理宇『虜囚の犬』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321912000319/


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年7月号

6月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第200号
2020年7月号

6月11日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

心霊探偵八雲12 魂の深淵

著者 神永 学 イラスト 加藤 アカツキ

2

心霊探偵八雲 COMPLETE FILES

著者 神永 学

3

あしたの華姫

著者 畠中 恵

4

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

著者 梯 久美子

5

暴虎の牙

著者 柚月裕子

6

ないものねだりの君に光の花束を

著者 汐見 夏衛

6/22~ 6/28 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP